tryu.cocolog-nifty.com > 神社・史跡

沼津 旧郷社「桃沢神社」
沼津 旧県社「丸子神社」
裾野市「葛山館址」
裾野市 「旧植松家」
裾野市「不動堂」
伊豆の国市【毘沙門堂】
伊豆の国市【奈古谷観音堂】
沼津【江の浦横穴群】
函南【肥田神社】
沼津【天神洞古墳】
沼津【玉砥石】
沼津【日枝1里塚】
沼津間門【八幡神社・沼津領傍示杭】
沼津【岡宮浅間神社のクス】
沼津岡宮【浅間神社】
沼津【城岡神社・沼津兵学校跡】
沼津【兵学校跡】城岡神社
沼津【三枚橋城石垣】
三島新町橋際【無縁法界地蔵尊】
【三島暦の館】
清水町【玉井寺・白隠の遺墨/一里塚】
清水町伏見【玉井寺一里塚】
沼津藩【傍示杭】
清水町伏見の【一里塚】
沼津志下【八幡宮】
沼津江の浦【住吉神社】
沼津【日枝神社】
清水町【八幡神社対面石】
伊豆の国市【江川邸】
伊豆の国市【北条政子産湯の井戸】
伊豆の国市「蛭ヶ小島」
伊豆の国市【北条義時の墓(北条寺)】
伊豆の国市韮山【城池親水公園】
沼津【大平新城祉】
沼津【北条水軍、長浜城址】
沼津【日枝神社】
清水町【矢崎遺跡】
清水町【本城山公園】
清水町【秋葉神社】
沼津我入道【八幡神社】
沼津【大朝神社】
沼津【明野(あけの)観音堂】
沼津【浅間神社】
沼津 旧村社【玉造神社】
沼津【穂見神社】
沼津【興国寺城】跡
国の天然記念物【三島大社金木犀】
【若山牧水】碑
沼津【植田内膳翁】碑
三嶋大社【1大鳥居】
三嶋大社【2惣門】
三嶋大社【3神門】
三嶋大社【4舞殿】
三嶋大社【5御殿】
【沼津略画図】
【沼津城周辺図】
沼津城【絵図】
【沼津城】絵図
沼津【興国寺城築城規範】
【千本港神社】
沼津【楊原神社】【吉田神社】
【三島大社】
沼津【大瀬神社】
川廓通り【旧東海道】跡
【沼津城本丸址】
沼津千本【首塚】
沼津【日緬寺】
沼津【長谷寺】大観音曼荼羅
富士宮【浅間大社】

<< 前 | トップページ | 次 >>

沼津【兵学校跡】城岡神社

沼津【兵学校跡】城岡神社

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ沼津【兵学校跡】現在の城岡神社付近にあった水野藩の殿舎(沼津城二の丸)を利用して沼津兵学校が設けられた。最初は徳川家兵学校と称し、後に沼津学校とも呼ばれた。明治元年(1868)将軍家の駿府70万石への移封が決定されると、江戸幕府が残した厖大な書跡・器械や優れた人材の活用を図るため、旧幕府陸軍の幹部を中心に兵学校設立の準備が開始された。その計画は阿部邦之助が立て、江原素六の協力によって進められたという同年12月に学校の組織・規則を定めた「徳川家兵学校掟書」「徳川家兵学校附属小学校掟書」が制定され、翌明治2年正月に開校した。
 初代頭取には当代第一の啓蒙学者といわれた西周が招聘され、欧米の近代的学問、文化を採り入れ、その水準は当時の最高を示すもので、全国から優秀な人材が沼津に留学した。特に語学と数学はすぐれ、各学科の質の高さは全国的な評価を受けた。生徒は原則的に静岡藩士に限られたが、員外生として福井・徳島などの他藩からの留学生も受け入れた。また、同校の予備教育機関として設けられた附属小学校は、近代的小学校の先駆といわれている。廃藩置県後の明治4年(1871)9月、兵学校は兵部省の管轄となり、同年12月には陸軍沼津出張兵学寮と改称され、陸軍兵学寮の分校となった。そして、同5年(1872)5月には東京本校に合併・吸収され、ついに廃校となった。現在城岡神社境内に明治27年(1894)9月、徳川家旧臣によって建てられた沼津兵学校の碑と、昭和15年(1940)、沼津兵学校創立70周年を記念し、当時沼津郵便局横に建てられたこの碑が、その後移設され建てられている。

固定リンク