臨済宗妙心寺派 足利3代将軍義満の代(およそ630年ほど前)に沼津の郷、春日岡(現在の下河原蛇松の地)に建立される。 開基無及禅師は、鎌倉建長寺開山蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)禅師の法を継ぎ、圓覚寺開山無学祖元(むがくそげん)禅師を宋の国から招聘(しょうへい)する特使となられた方である。