沼津井田【妙田寺】日蓮宗。山間の小さな村に治承四年(一一八〇)最勝金剛院(東寺)領とされ、真言宗東寺派の大本山京都東寺の荘園でした。その時代より真言宗の本尊である薬師如来が伝えられています。妙田寺はこの地区一体の最古の寺院となりました。現在、日蓮宗 土肥 清雲寺末 本尊 十界曼陀羅を拝し始め真言宗であったのを、日調上人(文亀元年寂)により改宗。寺に古仏あり、境内に清正公堂など諸堂ありと古記録にはありますが、残念ながら幕末、浮浪乞食の失火に依り、その面影はありません。