長泉町【西願禅寺】黄檗宗。禅宗三派(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗)の一つ。中国・明代末の禅宗の高僧・隠元禅師(1592~ 1673)が、江戸時代初期(1654)に来日。徳川4代将軍・家綱公より山城国宇治(京都)に寺領を賜わり、“黄檗山萬福寺”を創建して開宗した。隠元禅師は明代末の中国における臨済系統の禅宗の重鎮であったが、日本では臨済宗を名のらず、“黄檗宗”を名のった。教えの特徴として、人間が生まれながらにしてもっている仏心を、坐禅行を行なうことによって、自 らの力で見出し、仏陀と同様の境涯を体得させようとするもので、日常生活における一挙手一投足をし往生浄土や念仏などの浄土教教義をあわせて説いて、念禅一致をはかる一方で真言陀羅尼などの密教的要素も加味している。