西伊豆仁科【東福寺】県道伊東西伊豆線沿いに、仁科川の清流を前にし、山門鐘楼の奥にこの寺がある。天福年間(約750年前)天福寺としてに健立され、その後東福寺と称され、本堂の天井には、大正末期に通称のん兵衛安さんという職人により漆喰で描かれた五百羅漢がある。 場所 西伊豆町中24-1