西伊豆仁科【慈眼寺】国道136号線からは仁科川沿いに3km程上ったところに、堀坂という地区がある。その地区内を流れる堀坂川沿いに約300m入ると大悲山慈眼寺がある。この寺も伊豆横道観音33ケ所の1つであり、第6番目にあたる。延徳元年、復山によって開山され、松崎帰一寺の末寺とされている。観音様は小さな如意輪観音像である。この山門の外、鈴木氏墓地の中に赤穂四十七士(忠臣蔵)でなじみの「寺坂吉右ヱ門」の墓と呼ばれてきた地蔵さんが安置されている。墓なのか供養のための地蔵なのかはさだかではないが、昔からの言い伝えによ ると、快挙の後、供養のため僧形となり、諸国遍歴の途にあって、鈴木権内方に滞在し、この地で一生を終ったと言う。この寺の過去帳では「寺坂吉右ヱ門事一相西円上座」、「但し、江戸の人四十七人の一人」とある。又、富貴野山宝蔵院に梵鐘を献納した話なども伝えられている。西伊豆町掘坂