伊豆の国市【国清寺】1362(貞治元)年、室町幕府の有力者「畠山国清」が創建したとされ、1368(応安元)年関東管領の「上杉憲顕」が本格的な寺として修築した。最盛期には子院78、末寺300を擁する壮大な伽藍となり、室町幕府3代将軍義満の時には「関東十刹」に加えられた。仏殿には鎌倉時代の慶派の作になる「釈迦如来像」(町指定文化財)が安 置され、境内には開基・開山の墓や、旧楓林院の「子育地蔵」などが残されている。修行僧が食べている国清汁はこの寺が発祥地である。 また実在の人物・一兆和尚(黒岩院住職)にまつわる民話「天狗にさらわれた一兆さん」の舞台となった寺でもある。 場所 伊豆の国市奈古谷1240-1