伊豆の国市【成願寺】源氏再興の悲願を胸に、若き頼朝は三島明神への百日詣でに通う道すがら、折にふれ原木にある餅売りの媼の店に立ち寄った。媼は不遇な源氏の御曹司を励まし、時には蛭ケ小島を訪れ餅を献じることもあったという。1180(治承4)年8月、頼朝は兵を挙げ平家を倒して鎌倉幕府を開いた。頼朝は旧恩を忘れず、媼を訪ね「何なりと望みをかなえよ う」と言ったところ、媼は「私は老い先短いので、阿弥陀仏を拝んで余生を送りたい」と願ったという。頼朝は早速阿弥陀仏を与え、一寺を建立して媼の望みをかなえてやった。成願寺は媼の「我が願い成る」と喜んだ言葉を寺号としたものである。本堂に向かって左側に餅売媼の墓がある。場所 伊豆の国市韮山町原木158