鞍掛石の南側に見える寺です。宝鏡院は足利2代将軍義詮の開基で鎌倉建長寺大覚禅師の弟子普覚禅師が開山。義詮と韮山の足利政知の分骨が葬られたと言われ本道裏手に墓所がある。境内には頼朝が参拝の折、笠を置いたといわれる「笠置き石」もあり三島七石の一つ でもある