臨済宗妙心寺派に属する由緒ある寺だそ うで、白鳳時代にさかのぼる大永年間(1520頃)に太岳和尚が阿弥陀寺を増改築して開山し、本尊は阿弥陀如来。北条との戦いで、武田信玄がこの地まで進軍した時にこの寺で休憩をとり、太岳和尚に授けたと言う一夜切の笛と菅原道真縁の天神像を寺宝としているとの事。