<a href="http://local.blogmura.com/shizuoka/"><img src="http://local.blogmura.com/shizuoka/img/shizuoka88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ" /></a>【赤野観音堂】は天平9年十一面観音菩薩をご本尊に開山、江戸時代より駿河一国三十番札所及び横道十五番札所で知られる。江戸初期の建築様式で市指定文化財、木造茅葺き寄棟造りの平屋で天井に龍、側面に天女が舞う姿が描かれている。左甚五郎のわら人形伝説、カヤ、ナギの大木(市指定文化財)白隠禅師が幼い頃修行した八畳石等の言い伝えがある。境内にはカヤ、ナギの大木(市指定天然記念物)があり、それぞれ目通り3.9m、3.72mあり、樹勢もさかんである。なお、この近くの川原には八畳石と呼ばれる大きな石があり、石の上で白隠禅師が修行したという言い伝えや、ほら貝の伝説も伝えられている。所在地 沼津市柳沢