温泉場より約5Km西の湯舟地区にあり、延暦10年(791年)に18歳の「弘法大師」が修行した所といわれている。ここには馳籠の窟という岩洞があり、その岩壁には阿吽の滝と呼ばれる滝が懸っている。