裾野市【普明寺・千福城址】葛山氏の一門であるみ御宿(みしゅく)氏が居住した地と伝えられる。大森氏・葛山氏は同族であり、葛山氏より御宿氏・宮原氏・上田氏の各氏が分派し、在名をとって苗字とした。城史については不明だが、御宿勘兵衛正倫が居住したと伝えられている。御宿氏が退去した後に、後北条氏がこの地一帯を支配した時期に大改築したと考えられる。山麓にある普明寺の位置は、もとは城番の居館があったあたりと考えられ、南北80 m、東西90mの規模である。