【真珠院】八重姫の供養堂。頼朝との悲恋の人、「八重姫」の寺。中世に始まる曹洞禅林としての真珠院は、歴代の住僧たちによって、近隣の寺を末寺として取り込み 壮大な寺院に発展した。山門を入ってすぐ右側には八重姫(静姫)の供養堂がある。伝承によれば、頼朝のあとを慕って伊東から山を越え北条館を訪れた八重姫は、頼朝の心変わりを知り、この寺の前にある真珠ケ渕に身を投じて果てたという。場所 伊豆の国市韮山町中条2