静岡市 吐月峰「柴屋寺さいおくじ」臨済宗妙心寺派
今川義忠に仕えた中世の連歌師・宗長が京の銀閣寺を模して造ったといわれています。庵の南側窓越しに富士山をイメージする丸子富士、西北には天柱山をたずさえ、山に囲まれ風情たっぷりです。北斗七星を形どって配置された七曜石の小池に映し出された月をめでて連歌したと云われます。庭園の竹が風でざわめき笹の葉をすり合わせ、月を吐き出したとの所以から「吐月峰」と名づけられました。文化財多くあり。場所 静岡市丸子