カテゴリー「世界の料理」の18件の記事

2017年4月19日 (水)

「ハワイ旅行10 牛肉の赤身が美味い」

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

米国はお肉の国、牛の国、それはハワイも同じこと。米国農務省認定のプライムグレードか、アンガス協会認定の牛肉、その中でも赤身のお肉の美味しさに驚きました!

Sdsc_0139

「アメリカのお肉は固く、パサパサ」という苦い経験を持っていたので、今回マーケットで購入しホテルの部屋で塩コショウで焼いたステーキのやわらかく芳醇な味の美味しさにはただびっくりだった。赤身ではUS牛の方が美味しいかもしれない。

1505137
まだ霜降りの肉はあまり好まれないのかスーパーでは見かけなかった。レストランでは高級熟成肉の上質部分だけをいただく贅沢なステーキも人気のようだが今回スーパーで買った赤身の牛肉で十分満足感は得られた。

Sdsc_0475
「アウラニ」のホテルディナーでいただいた分厚いローストビーフも美味しかった!ローストビーフをカットしている所も大勢の皆さんが並んでいました。確かに美味しかったです!お肉をカットしてくれるシェフが私を見て2倍の厚さでカットしてくれました~こんな時、体格の良さは言葉以上です。厚みがわかる様に撮ればよかったのですが~本当に厚かったんです。

Original
部厚い赤身のステーキは柔らかくてジューシーでした。これぞステーキですね~このお肉もお代わりしたかったんですが行列がすごく、暫くしたらお肉無くなったようです。

Sdsc_5206
ハワイ育ちの日本人2世が経営する焼肉店ジャパニーズBBQ「吉」の「カルビ」や「ハラミ」は米国和牛との事。焼肉のたれは今一でしたが、店長の日本人と変わらぬ日本語、現地のアメリカ人と話す流暢な英語力には脱帽。

Sdsc_5211

キムチは普通でしたが、これがハワイ流「ビビンバ」だそうです。これにはちょっとびっくりしましたね~

さすが牛肉王国美味しいお肉をいっぱいいただきました。

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年4月18日 (火)

ハワイ旅行 9 三大クッキー」

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_5449
最近のハワイ土産の人気品はハワイ3大クッキーという。確かに皆美味しい!中でも圧倒的人気は「ホノルル・クッキー・カンパニー」

Sdsc_5450
「ホノルル・クッキー・カンパニー」は、1998年にホノルルで創業。3つのブランドの中では一番新しいブランドです。このブランドの特徴は、何と言ってもそのクッキーの形です。その形ですが、ハワイらしいパイナップルの形を模したものとなっています。ほかにもハート形やフラワー形など、形が可愛らしいのが、このブランドのクッキーです。そして今となっては、オアフ島の定番のお土産として人気となっているクッキー(ヒルトンビレッジモールで購入)

Sdsc_5454
「ビッグアイランド・キャンディーズ」は、1977年にハワイ島で創業した老舗のクッキー。2口サイズで長方形のショートブレッドのクッキーの元祖そしてこのクッキーは、ハワイ島のお土産としても有名なのですが、オアフ島でも買うことができます。クッキーを入れる箱などのパッケージの装飾にもこだわりがあり、高級感を感じさせるものとなっています(アラモアナショッピングセンターで購入)

Sdsc_5067
「ザ・クッキー・コーナー」は、1981年にホノルルのダウンタウンで創業したクッキー。このクッキーは、特にローカルに人気があり、丸い形のクッキー、フルーツバー、ショートブレッドなど様々な種類のクッキーを扱っています。ビッグアイランド・キャンディーズには高級感があるのに対し、ザ・クッキー ・コーナーはカジュアルな感じのパッケージとなっています(アラモアナショッピングセンターで購入)

Sdsc_5453
ちなみにハワイ土産1位はホノルルクッキー 2位マカデミアナッツチョコ 3位マカダミア・ポップコーン・クランチ 4位エッグスシングスパンケーキミックス 5位コナ珈琲 他にノースショアココナッツピーナツバター・ シーソルト・マカダミアナッツなどがある。 

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年10月22日 (土)

「VietnamHanoiヴェトナムハノイ 9Quán Ăn Ngon クアン・アン・ゴン」

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_3585ベトナム語で「おいしい!」という意味の「Quán Ăn Ngon クアン・アン・ゴン」現地の日本人の方に紹介されて訪ねました。アジアン料理からヴェトナム料理、グリルまで味わえる人気店だそうです。あまり待つことも無く席に案内されました。ほとんど満席で賑やかです。天井は開閉式のテントのある半屋外のエリアと空調の効いた屋内エリアがあり、開放的でどちらも清潔です。Sdsc_3593人気の秘密は価格が安い事とメニューが豊富。ベトナム各地の料理をなんと約200種類も取り揃えています。メニューは英文と写真が載っているのでオーダーはしやすいです~扨て何にしようか迷います~ベトナム料理の数々、中華の麺類、チャーハン、鍋 グリルのチキンや揚げ物など。Sdsc_3591「生春巻き」と「フォー」はなぜか頼んでしまいます。春巻きにつけて食べるソースがやはり現地の味でちょっと癖があっていい!見上げると天井のカーテンを解放した夜空が綺麗です。テラスの屋根を覆う大木の緑も南国情緒たっぷりです。とても素敵な場所です!Sdsc_3598「チキングリル」メニューの写真を見て頼んでみました。味は日本で食べるのと変わらぬ味付けでした。フロアーの外周が料理を行う厨房になっていて担当する料理ジャンルごとに区分されています。オーダーを受けると担当のコーナーに伝票を持って行って素早く調理しているようでした。Sdsc_3604「手羽先の唐揚げ」ヴェトナムまで来て食べる事はないのでしょうがこれまた写真を見て反射的にオーダーしました。タマネギ、ニンジンの生が妙に合う。唐揚げは日本と同じ味です。Sdsc_3601「海鮮チャーハン」このチャーハンは美味しかった!運ばれてきてテーブルに置かれた瞬間にこれは美味いぞの直感。ズバリ大当たりでした~もう1皿追加で注文したくらいです。お米が光っていて見てもよし食べてもよし久しぶりに美味しいチャーハンに出会いました!Sdsc_0760ヴィラを改装したお洒落な雰囲気の店内や衛生的にも安心できることから、地元客、観光客ともに人気が高く、ファミリーも多いです。「Quán Ăn Ngon」18 Phan Bội Châu, Hoàn Kiếm, Dist, Hanoi 100000

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年10月19日 (水)

「VietnamHanoiヴェトナム・ハノイ旅行 6食べ物」

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村  今回のヴェトナム旅行の楽しみの一つが”食べる事!”滞在中はヴェトナム料理は勿論、中華料理やイタリアンまで食べましたね~Sdsc_0430「ヴェトナム珈琲」ベトナムコーヒーは今やコーヒーの輸出量世界No1とか第2位とか。フランス式の組合せフィルターで「ゆっくり入れて、ゆっくり味わい、ゆっくり楽しむ」珈琲です。フィルターの中フタをはずし、スプーンで山盛り2~3杯くらいコーヒーを入れます。フィルターをカップの上に乗せ沸騰したお湯を少量入れて少しの時間蒸らし30秒くらいフタをして待ち、またお湯を注ぎます。フィルターの上まで、一気に注いでいただきます。Howtomakevietnamesey1現地ではコンデンスミルクや砂糖をいっぱい入れて飲まれているようですがストレートもバターで煎った深煎り豆は苦くていい味です。アイスコーヒーは抽出後氷を入れたグラスに注ぎいただきます。日本で馴染みが薄いのは苦さのせいでしょうか~Sdsc_3591「生春巻き」ゆでたエビ、ブン、生野菜などをバインチャンで包んだもの。トゥオンやヌクチャムにつけて食べる。揚げ春巻きは「チャーゾー」米粉で包んである。ベトナムの食文化では生春巻きに限らず巻くという事が多い!えびは勿論、魚も鶏も豚も牛もはっぱも麺も何でも巻き巻きして食べるようです。巻いているのもライスペーパーから葉っぱも、それを生で、蒸して、揚げて、バリエーションが豊富でいろんな「ベトナム春巻き」があるんですね。Sdsc_3577「phoフォー」これはもちもちとした米粉でできた麺料理です。地方によっては味のつけ方が違いますが、オススメはハノイのフォーになります。透明なあっさりしたスープに入ったきしめん状の米粉の麺で、現地では路上の屋台から、チェーン店、五つ星ホテルの朝食まで、街中の至る所で目にする事ができます。ベトナムにあるフォーの味には、鶏肉のフォー、豚肉のフォー、牛肉のフォーと3種類あります2「ブンチャー」そうめんに似た米麺(ブン)のつけ麺のことで、青パパイヤが入ったヌクマムベースのタレはさっぱりとしていて日本人の口によく合います。炭火焼肉(チャー)、肉団子、揚げ春巻、山盛りの野菜や香草がセットになっているのが一般的で、ヘルシーでボリュームたっぷり!

7aba8b22aebe423aa0c2af820f451f7b「バインミー」フランスパンといってもそれほどかたくないため食べやすいです。ベトナムではフランスパンに野菜、ハム、マヨネーズ、卵などをいれてサンドイッチのようにして食べます。ホテルの朝食で毎日自己流バインミーを食べていました。さすがフランスの文化の遺産フランスパンは美味しいです!10e1420212466423「バインセオ」ヴェトナム風お好み焼き。モヤシやタマネギ、海老や豚肉をカリッと焼いた生地で包んだもの。安くてボリュームもたっぷりなひと品。外はパリッと、中はジューシーなバインセオ、ベトナムでは揚げ物は山盛りになって出てくるハーブと一緒に食べるから意外とヘルシー。2_2「バインゴイ」道端で売っていたベトナム風揚げ餃子。米粉でできた厚めの皮に豚肉や春雨、もやし、きくらげなどの具がぎっしりと入っていて、チリソースなどをつけて食べる。揚げたてはあつあつジューシーで美味!Sdsc_0469ここで食べたんです~どうやらメニューは結構ある様です「フォー」「ブンチャー」「バインゴイ」飲み物を頼んでも300円位で十分お腹がいっぱいになります。ヴェトナムの人と仲良く椅子に座って「フォー」を一人美味しくいただきました。食べ歩きするのも楽しいですね~ Sdsc_3593「おこげ餡かけ」中華料理だが美味しかった。カラッと揚がったライスに野菜たっぷりな餡が掛かってパリパリ感と野菜の餡かけが絶妙でした。大きな野外レストランでいただきました。Sdsc_3549これも「バインゴイ」の一種でしょうか~練り物を揚げたものでハロン湾のクルーズでいただきました。さつま揚げに近い食感と味、揚げたてで美味しかった。ヴェトナム料理は私にはあいますね~まだまだ美味しいものがたくさんありました~

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年10月16日 (日)

「VietnamHanoiヴェトナム・ハノイ旅行 3ハロン湾」

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_0559今回のハノイ旅行の目玉はなんといっても「Ha Long Bayハロン湾」海に大小3000とも言われる石灰岩の島々が点在する。自然が作り出した「海の桂林」とも言われる神秘的な景色は1994年に世界遺産に登録され、ベトナム北部観光に欠かせない名所となっています。Sdsc_0524ハノイからハロン湾(バイチャイ)までは約170㎞あり、所要時間は4時間ほどかかりました。ハロン市バイチャイ街区にある長い乗船場にはずらりと船が並ぶスペースがあります。ここからクルーズ船に乗りこみ楽しみな航海が始まります。 Sdsc_0538

ハロンの地名は「龍が降りる」という意味をもつと言います。その昔、中国がベトナムに侵攻してきた時、龍の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が奇岩になったという伝説が残っています。 彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によって趣のある雰囲気をかもし出したりするようです。穏やかな湾内をクルーズ船は滑るように進みます。Sdsc_0551暫く景色を見渡しているうちに、ここに住んでいる水上生活者の村を通過 します。ハロン湾には、水上の家船で暮らす人々がいて(左奥船溜まりの辺り)主な収入は養殖業、最近では世界遺産の恩恵を受けて観光サービス業にも関わっているそうです。観光客向けの漁業体験ツアーも人気のようです。複数世帯から成る水上村は、ベトナム語で「漁師村(ランチャイ=Làng Chài)と呼ばれます。1960年以降は政府からも正式な村として認められており、市場はもちろん、学校やカラオケ店まであるそうです。Sdsc_05682羽の鶏が向かい合っているように見える「闘鶏岩」。一方から見るとキスをしている雄鶏と雌鳥のようにも見えますが、別の角度から見るとお互いファイティングポーズをとっているようにも見えます。他にも動物などに似た奇岩が多数点在している中、船はゆっくり滑るように岩の近くを通ってくれます。Sdsc_0526クルーズ船に横づけし売りにやって来た漁師さん。魚や貝などを養殖し、観光客向けに売っているそうです。買ったばかりの新鮮な魚や貝は船上で調理してもらえます。美味しそうなので大きなシャコとハマグリを買ってみました1個5㌦。Sdsc_056210分くらいで美味しそうなシャコが出てきました。調理してもらった蒸したシャコ、身も大きくて甘くて最高でした。ハマグリは香草と炒めてくれてありました。船上でのランチもなかなか結構でした!Sdsc_0579食事が終り暫くクルーズ、次は船を接岸し鍾乳洞へ向かいます。ティエンクン洞はハロン湾で最もポピュラーな鍾乳洞で、ひんやりとした内部には歩道や階段が整備されています。Sdsc_0583カラフルにライトアップされた鍾乳石や石筍が連なる空間は、どこかのテーマパークのよう。ここでも奇岩と同じく動物に見える鍾乳石や石筍がありました。Sdsc_0603石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となったといいます。この景色は見ごたえあります!北は桂林(中国広西チワン族自治区)から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角です。Sdsc_0616クルーズも終わりになり船は船着き場に戻ります。夕陽に向かって進むクルーズ船も絵になります。帰りのバスは道路が大渋滞にはまってハノイまで6時間30分も掛かってしまいホテルに着いたのは夜22:00過ぎに~疲れた~

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2014年10月31日 (金)

台湾旅行「4-6 台北~士林夜市」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ ←Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc04893近くの慈諴宮が1769年の清時代に建立され、士林夜市内にある媽祖を祀った廟です。祀られている媽祖は航海・漁業の神様として知られていて、台湾で最も親しまれている神様で、現在でも多くの人が参拝しています。Sdsc_0614士林夜市の始まりは慈諴宮前の市場でした。20世紀初頭、この辺りは基隆河の渡し場に近かったことから、台北市内をはじめ淡水や宜蘭、さらにもっと南の地方など、台湾内の農産物や海鮮物の交易の場として賑わっていました。今、士林市場に接する基河路は基隆河の河川敷だったそうです。Sdsc_0620時の流れと共に基隆河は慈誠宮から離れていきましたが市場はそのまま続きました。士林市場は元々、小吃を中心にしたお店が多かったそうですが、近隣の住人がビジネスチャンスを狙い、次々とお店をオープンしたことから、現在の規模へと発展したのです。Sdsc_0622現在では、一世紀以上もの歴史がある古くて台北最大の士林夜市。台北の人々はもちろん、台湾各地から、そして海外の観光客も訪れる人気のスポットになっています(台北遊透隊より).Sdsc04903歩いていて目に入ったのが香ばしい匂いと炒める音。つられて奥のテーブルに座り食べた肉チャーハン美味しかったです。毎日がお祭の様で夜市は何処へ行っても人がいっぱいで美味しさと元気を貰えます。Sdsc04902このテーブルと椅子が雑然と置かれた屋台裏の雰囲気が堪らないですね~横のテーブルの若いカップルと手まね物まね英語で長い事話してしまいました。日本には憧れている様ですが静岡の事は富士山だけはわかったようですがあとは知りませんでした~目が輝いている若者はいいですね!
Sdsc_0626若いカップルが美味しそうに食べていたので同じ物を頼んで貰いました。卵焼きの様なお好み焼の様な名前は聞いたのですが忘れました。そういえば鹿港の食堂で逢った親子もこれを食べていました。美味いよ、そう言われると美味しい!Sdsc04897この「士林夜市」ではバック、ピアス、カチューシャ、傘立て、ゲームも色々アーチェリー射的、そして美味しい屋台料理の数々がありました。台湾で一番という夜市「士林夜市」の場所はMRT劍潭駅と士林駅の間で開かれています。明日は帰国の日です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2014年10月29日 (水)

台湾旅行「4-4台北 SOGO復興店 點水樓」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ ←Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0513台北SOGO復興店最上階11階にある台湾のレストラン「點水樓Dian Shui Lou」ここの小籠包が美味しいと聞いていたので行ってみました.このフロアーには台湾の名店が揃っています。Sdsc_0514店内は優雅な中華風空間で、小籠包や牛肉麺などの台湾名物料理のほか、本格浙江料理も楽しめます。厨房はガラス張りで入口正面から中の様子が見えます。受付の方に4人掛けのテーブル席に案内され早速注文です。Sdsc_0519入口近くに調理済みの小皿料理がずらっと並んでいます。メインメニューの他にこの様な料理済みの皿があるとすぐ出て来てつまみにはいいですね~塩もみキューリと筍煮を注文。飲み物は、お茶とビールをまず頼みました。Sdsc_0528なにわともあれ小籠包や海老シュウマイ、蒸し餃子など頼みました。セイロの蓋をあけると蒸気がわっと上がります。カメラを用意しているうちに蒸気は見えなくなってしまいました。Sdsc_0531昨晩鼎泰豊ではこの海老シュウマイや蒸し餃子は食べなかったのでお願いしました。シューマイ美味しかった~蒸し料理をあれこれ食べていると小籠包もシュウマイも水餃子も似たようなものに感じてしまう。それにしても連日良く食べました。Sdsc_0521鶏肉のスープはあっさりした味ですがコクがあるなかなかの味でした。酸辣湯(スヮンラータン)もおススメです~食通に聞いた所、台北で小籠包の美味しい店は「杭州小籠包」、安くて美味しい「小上海」、庶民的な「好公道」、等が最近は人気もありおススメだそうです。Sdsc_0517ここ「點水樓」は料理も本格的だし味も良し。SOGO11階10階のレストランは台湾の有名店が入っていて色々お店を選べるので便利です。地階2階レストラン街には「鼎泰豐」復興店もあります。Sdsc_0538デパート店内は中央の吹き抜けが大きな空間になっています。2階付近のフロアーの広い面積には日本庭園と日本家屋があり不思議な落着きを感じました。

3日目にしてこれだけ小籠包や海老シュウマイ、蒸し餃子、水餃子を食べ満足だし海鮮の大シャコや貝類も忘れられない美味しさだったし、食の目的は達成です~

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2014年10月24日 (金)

台湾旅行「4 台北 小籠包 鼎泰豊ディンタイフォン」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ ←Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc04831高雄左営駅から台北に戻りました。時刻は午後5時、混んでいるのは承知で「小籠包」の名を知らしめた有名店「鼎泰豊ディンタイフォン」に行ってみました。台湾に来たら必ず食べないとね~本店で食べる小籠包は何とも言えない美味しさなんです。但し最近は競争も激しくなって他にも美味しい店が多くなっている様です。Sdsc_0396お店に到着、入口はすごい人!銀行や病院のように番号札を貰って待たなければなりません。電子掲示板に待ち時間が載っています。今は20分待ち。待っている間に注文する品を伝票にレ印をし渡しておきます。自分の番号が掲示されるとようやく店の中に案内されます。Sdsc_0407今日は日曜日で2000人位はお客さんが来るそうです。そのうち半数近くが日本人との事で若いウエイトレスさんも日本語OKです。熱いのが美味しい小籠包早速パクリ-,アッチチけど我慢,やはり美味い!Sdsc_0402小籠包は、お箸で上の部分を抓みながらレンゲを使用し、しょうがの千切りを少しのせて食べます。これでないと一口でパクリは無理、熱い肉汁が飛び出す場合もあるので要注意。でも冷めると硬くなってしまうので早めに食べるのがいい!Sdsc_0405アツアツの肉汁がぎゅっと詰まった小籠包の美味しさに絶句。この蟹みその小籠包間違えない様に蟹の形の目印がちゃんとセイロの中に置いてありその可愛さと美味しさに、ニコリとしてしました。Sdsc_0414醤油と酢・ラー油をお好みに合わせて小皿にそそぎ、生姜といただきます。入れ物の瓶やデザインも洒落た気配りです。Sdsc_0404チャーハンも欠かせないメニューの一つ。フワフワ卵入りでお腹を満たしてくれるし、食べた満足感はやはりご飯ものです。Sdsc_0409スープ類もメニューは豊富。具だくさんの「酸辣湯(辛くて酸っぱいスープ)」柔らかい細切り豆腐と鴨血(鴨の血を固めたもの)とサクサクのタケノコと溶き卵が入っています。水溶き片栗粉でとろみを付けているので、飲むと濃厚ながらも後味はあっさりして上品な風味がします。、野菜メニューで、豆苗蝦仁。甘い物大好き人オススメ度No.1は、豆沙小包。小籠包の薄い皮がこしあんをたっぷり包み込んでいます。Sdsc04834厨房はガラス越しに見えます。白衣に身を包んだ方々が一生懸命仕事している姿は見ていていいものです~台北本店のほか4店、新竹店、台中や高雄にも支店がある。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2014年10月21日 (火)

台湾旅行「3-1 高雄 六合夜市」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ ←Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0258高雄「六合夜市」 MRT「美麗島」駅から徒歩2分、六合二路と中山一路の交差点辺りからはじまります。南の島のトロピカルフルーツもたくさん売っています。夜市の入口からもう人がいっぱいです。Sdsc_0249道路は歩行者天国になっていて、道も広いのでゆったりと歩けます。夕方6時ぐらいからお店が増え始め、ピークは夜8~10時。Sdsc_0257こちらの夜市は海鮮の屋台が多いい様です。海老・蟹・牡蠣・ホタテ・イカ・もちろんシャコもありました。焼いている海老の串焼きが赤くいい焼け具合で美味しそう食べるか迷いました~ここに来たお目当ては4年前に食べた水餃子なのでそこの店にまず直行です。Sdsc_0274お目当てのお店は以前と同じ位置にありました。親父さんが一人であとはファミリーと思われる女性陣、前と雰囲気変わっていません。屋台の奥にテーブルと椅子がありそこで食べるんです。これぞアジアの屋台と言った所です。Sdsc_0262この場で最初から作る水餃子はとても美味しいんです。作り方はまずは餃子の皮を1つ1つ丁寧に丸く伸ばします。作っているのは奥さんらしくて前にいる御主人との会話の雰囲気から感じます。Sdsc_0265目の前のご主人が練った具を手際よく餃子の皮に包んでいます。見ていると作るのは早い、長年培ったからでしょう手慣れたものですね~持ち帰りの地元のお客さんも多く来店するので休む暇はありません。Sdsc_0263注文の有った個数を釜に入れ茹であげて行きます。昔のご飯を焚く釜でだいたい5~7分位でしょうか茹で上がると皿に乗せ運んで来てくれます。茹でたてほやほや,中は熱い熱い舌がやけどしそうです。Sdsc_0271艶はいいし見るからに美味しそうです。醤油と酢,ラー油やコチジャンを付けていただきます。口に入れれば美味い~茹でたてをその場で食べるので美味しさは「格別格別也」Sdsc_0268軽く10個はいけちゃいますね~4年前の味を舌が覚えているくらい美味いんです!1個20円しません10個で200円弱 こんなに美味しいのに嘘みたい~食道楽には堪えられない街です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2014年10月19日 (日)

台湾旅行「2‐1 台中 宮原眼科」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ ←Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村 鹿港から台中市内に

Sdsc_0197「宮原眼科」台中市の台鉄「台中駅」周辺は、古き良き日本統治時代の建築物が残るエリア。元祖「土鳳梨」のパイナップルケーキで有名な台中の「日出グループ」台中市内に4店舗、どの店もテーマに合わせた内装と制服。半ズボンにベレーボーの店員さんもいいがお店の人気沸騰中この行列は凄い!Sdsc_0199そんな日出の5店舗目が昔の名前をそのまま使ったアイスクリームの「宮原眼科」あまりの長い行列に並ぶ気にもなれずお願いして1枚パチリ撮らせていただきました。皆さん愛想良く応じてくれました。Sdsc04794この方は一口どうとすすめてくれました~皆さん長い時間並んだのにアイスを手にして嬉しそうです。お店のショールームを覗くとチョコレートやフルーツ、お茶シリーズなどがそれぞれ20種類くらいある様です。Sdsc047931927年日本の宮原医師が台中の駅前に「宮原眼科」を開院その後、台中市衛生院となりましたが閉鎖、暫くはそのままの建物だったそうですがリニュアールして開店。店の名前も当時のまま使っている。宮原チョコレートも素晴らしい味で評判です~Sdsc04792お店のロゴは嘗ての宮原眼科から赤十字と梅をイメージしているんだそうです。お店が洒落ていて店員さんもお客さんも上品に感じました。台中は氷菓やケーキ、チョコなど美味しい街だそうです。Sdsc_0194_2お店の前には木々に囲まれた緑川、周辺には新光三越、大遠百、廣三SOGO、など大型デパート、有名ブランドの専門店などあり多くの買い物客が訪れて賑やかです。
Sdsc_0202台中駅もすぐ近くにあり、周辺は多くの市民が訪れる繁華街ですね~日本でも有名な日出のパイナップルケーキですが、新しい商品も次々登場し、選ぶのに一苦労。結局お土産は最終日に台北の「そごう」で買いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「焼肉 東海苑」三島
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「Cafe Olio Motore ~カフェ オーリオ モトーレ~オープン」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 焼き鳥「山笠」
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています
フォト

他のアカウント

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ