カテゴリー「世界の料理」の28件の記事

2018年3月 5日 (月)

「八大中華料理」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

中国料理の分類には四大中華料理の他に、八大中華料理なんて分類もあるんです。    1山東料理、2江蘇料理、3浙江料理、4四川料理、5湖南料理、6広東料理、7福建料理、8安徽料理…。

「1山東料理」1024pxmanchu_han_imperial_feast_tao

明、清時代に宮廷料理の主流となった料理で、北京、天津、東北の各地の料理に対して大きな影響を与えました。山東料理の特徴は、味は香りがよくて塩辛く、歯ごたえはやわらかく、彩りが鮮やかでつくりは繊細なこと。

清湯と呼ばれる澄んだスープや?湯と呼ばれるクリームスープが有名です。

肉や魚貝の臭みを取るために、香辛料をふんだんに使います。

調理法:煮炒め、遠火焼き、油炒め、揚げ物。代表料理:黄河鯉の甘酢炒め[糖酢黄河鯉魚 ]、燕の巣のコンソメ煮込み[清湯燕巣 ]、モツの香り炒め[九転大腸 ] 現在は以下の三つに分かれている。〇済南料理、〇膠東料理、〇曲阜料理

「2江蘇料理」800pxsteamed_shad_jiangsu

南北朝時代に発祥し、唐宋以降は浙江料理と覇を競って“南方食”の二大大黒柱となりました。蘇州、揚州、南京、鎮江の地方料理を中心に構成されています。

あっさりとした甘味のある塩味が特徴で、素材の味を生かした味付がされています。調理法:煮込み、遠火焼き、蒸し焼き、油炒め。代表料理:清湯火方、塩水鴨、松鼠桂魚 江蘇料理は4つの種類に別れる〇南京料理〇淮揚料理〇蘇錫料理〇徐海料理

「3福建料理」800pxshaxian_bianrou

福建料理は福建省に起源を発し、福州、泉州、アモイなどの地方料理を代表として発達してきました。辛さが控えめで淡白な食べやすい料理です。

福建は東南の沿海に位置しているため、ハモ、アゲマキ、イカ、イシモチ、ナマコなどの海鮮が豊富で、それらを原材料とした調理法に独自のものがあります。調理法:油炒め、餡かけ、ソテー、煮込み。代表料理:仏跳墻、酔糟鶏、酸辣爛魚 〇福州料理(閩北料理)〇閩南料理〇閩西料理に分類される。

「4浙江料理」800pxdongporou

杭州、寧波、紹興、温州などの地方料理を代表として発達してきました。淡白で香りが強く、歯ざわりのよさが特徴です。浙江は魚や蝦類の産地で、有名な観光名勝地であるため、有名料理も多く、造りも精緻で変化にも富んでいます。

調理法:油炒め、揚げ物、揚げ炒め、餡かけ、蒸し物。代表料理:西湖酢魚、生爆?片、東坡肉 〇杭州料理〇温州料理〇紹興料理〇寧波料理に分類される

「5湖南料理」Stinky_tofu_friedkonannryouri_syuud

湘江流域、洞庭湖周辺、湖南省西部の山間地帯の料理を代表として発達してきました。酸味と辛味が強く、燻製肉や油を多く使った料理が特徴です。

調理法:塩漬け肉、魚、燻製、蒸し焼き、蒸し物、煮込み、揚げ物、油炒め。代表料理:紅畏魚翅、金銭魚、氷糖湘蓮

「6安徽あんき料理」Jinhuaham長江沿岸、淮河沿岸、徽洲の三地方料理を代表として構成されています。色取りと素材の持ち味を重視した、脂っこい料理が特徴です。調理法:遠火焼き、煮込み、煮物

「7広東料理」「8四川料理」は4大料理分類にて記載したので今回は除外。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年2月24日 (土)

中国拉麺色々「6ウイグル ラグマン」「7陽春麺(ようしゅんめん)

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

1280pxuyghur_lagman
6「ラグマンLagman」は、中央アジア全域で広く食べられている手延べ麺。新疆の料理と言えばラグマン。これなくしてウイグル料理は語れぬというほど(ウイグル人の)万人に愛されている料理です。食堂のラグマンは辛く、堅く、油ぎっている上に多いのであまり好きではありませんが、ウイグル人のお家でふるまわれるラグマンは割と好きです。

カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、東トルキスタン(中国・新疆ウイグル自治区)など、中央アジアに広く分布する。

中国では、ほぼ西安以西で普通にみられる。西安市内では、ウイグル族、回族などが出す店で食べることができる。上海や北京などの大都市でも、回族の集まる地区では食べることが出来る。

Photo

7「陽春麺(ようしゅんめん、ヤンツンメン)」はスープだけで具を入れない麵料理。光麵や清湯麵、摵仔麵とも呼ばれる。中国国内では江蘇省や上海市でよく食べられ、台湾でも食べられている。時間をかけずに調理が出来るので、人気のある料理となっている。細麺や幅の広い麺など、麺の種類は問わない。

「陽春」の由来は、『辞海』によると「農暦(中国暦のこと)10月は小陽春と呼ばれ、ちまたでは隠語的に10を表す」と載っている。10月は暖かい日が多い。桃やスモモが良く育ち、小陽春と呼ばれるようになった」という。転じて、麺1杯の一般的な値段は10文銭だったという意味も込めて、10文銭1杯の麺が陽春麺と呼ばれるようになった。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年2月19日 (月)

中国拉麺色々「5 北京打鹵麺ダール―ミェン」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

4
「北京打鹵麺ダール―ミェン」中国5大麺の一つ。東北地方一帯の厳しい冬を暖めるあんかけ麺。中国東北地方は、夏は暑く冬は寒さの厳しい地です。零下20度まで冷えるそんな冬に、人々の心と体を暖めてくれるのが打鹵麺です。この細いうどんのような打鹵麺は、とりわけ北京のものが有名です。

3_2

一般には鶏肉、豚肉、卵、エビ、しいたけ、きくらげ、たけのこ、鹿角菜、黄花菜(金針菜)など具をたっぷり使いますが、正式な具は卵、豚肉、鹿角菜、黄花菜、きくらげの5種類です。それらの具材を炒めて醤油で味付けし、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけ、さらに溶き卵を加えてドロリとしたあんを作ります。これを茹でたての麺にたっぷりとかけます。とろみをつけているので冷めにくく、寒い季節には欠かせない麺料理です。

Photo
北京では、このほか暑い夏に体を涼しくする炸醤麺(肉味噌麺)や芝麻醤麺(ごまだれ冷やし麺)などが好んで食べられています。炸醤麺は、もりそばにミートソースをのせたようなもので、冷たい麺と糸切りの野菜を黒みがかった肉味噌でからめて食べます。これまやはり北京の代表的な麺料理と言ってよいでしょう。    

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

中国拉麺色々「4 蘇州拉麺」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Thumb600x41060266
上海蟹の名産地「蘇州」で最も有名な小吃といえば、蘇州刺繍のように繊細な細麺が決め手の「蘇州麺」紅、白スープの味覚の違いも楽しめる!

Photo
蘇州で1番有名だと言われる蘇州麺の老舗店 「同得興 (トンダーシン)」十全街店は紙でオーダーできます。 メニューは大きく分けてさっぱり系の白湯、こってり系の赤湯です。

8
美味しいと噂を聞いていた 「水晶担麺」 です。燜肉 (=脂身がタップリ乗った豚肉、もっと言うと分厚いチャーシュー) とチンゲンサイが入った、アッサリ系スープのとても食欲をそそられる麺ですね!スープは日本人にも好まれそうな昭和の香りを感じる(?!)塩味です。

5

「紅燜肉麺」 白湯とは対照的に、かなりコッテリ?に見えますが、食べると意外としつこくない美味しい仕上がり! 麺をすするとニンニクの風味が香ってきます。こちらも人気の麺!

Suzhounoodle44
麺は細麺! 固すぎず柔らかすぎずの茹で加減がイイ。さらに、麺をすするとほのかに感じるニンニクの風味に味の広がりを感じます。

Suzhounoodle46

トッピングは別に運ばれてきます。体裁よく盛り付ければご覧の通り。肉も、しっかり味が付いていて柔らかくて美味しい~ 

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月17日 (水)

中国拉麺色々「3 刀削麺とうしょうめん、ダオシャオミエン」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

S_0068

3「刀削麺とうしょうめん」山西省は北方でも麺の種類が多く、さまざまな技をこらしたものがありますが、山西省発祥の削り麺が「刀削麺」です。作り方は中央を凹ませて水を少しずつ加えながらかなり硬めにこねて寝かせます。「刀削麺」は打ち粉を使わずに直接湯の中に削りこむので、生地はよくこねてしっかりしたものにすることがポイント。   

P017072132_480
光沢が出るまでこねたら直径20cm、長さ30cmほどの太い棒状の塊にします。これを左の手のひらにのせ肩のあたりで支え、右手には長さ15cm、幅8cm、厚みは3mmほどの専用の包丁、削麺刀(月牙刃または瓦形刃)を持ちます。この包丁は、薄い鉄板を三日月形に湾曲させたもので、柄は無く真ん中を持って使います。 7i5l_w1140h600

そして真骨頂の削り方は、沸騰した大鍋に麺を削り取るようにして直接そぎ落としていきます。小さすぎたり大きすぎたり、分厚くならないように素早く削ることがコツで、専門の厨師による熟練の技は、ただ見事の一言です。なかでも極めつけは、頭に手ぬぐいを敷いて生地をのせ、両手に持った削麺刀で交互に麺を削り落とした名人もいたといいます。

Dsrqy9tueaaar_e

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月13日 (土)

中国拉麺色々「2 四川担々麺」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Photo_5
人気の高い担担麺の発祥は古く、1841年、自貢市に住む陳包包氏(チェンバオバオ)が成都で売り始めたのが最初といわれています。銅の鍋と、麺を食べるのに必要な食器、調味料などを天秤棒にかついで運び、街中で売り歩いたのが始まり。

Sisenntanntannmenn

銅の鍋は二つに分かれ、一方で麺を茹で、もう一方では具となるすね肉を茹でていたといわれています。担担面の「担(ダン)」はかつぐという意味。日本のレストランではたまに「坦坦麺」という表記がありますが、正式には「担」という漢字を使った「担担麺」になります(中国語では担担面)。

2706800

日本で愛されている「汁あり担々麺」の発案者は日本に四川料理を伝承した第一人者、「陳建民氏」と言われています。初めは成都流の「汁なし担担麺」を作っていたとのことですが、当時の日本人には本場のラー油の辛さに耐えられなかったため、味をまろやかに改良しました。結果、完成したのが、「汁あり担担麺」 (画像は小田原四川の担々麺)

Img_2402
本場四川省で食べられている「担担麺」はいたってシンプルな麺です。今にも豚そぼろがこぼれそうな小さな器に入っているのが本場の「担担麺」の姿。お碗の底にある調味料とともに、こぼさないよう器用にかきまぜていただけば、食欲をかき立てる伝統の味わいに驚くはず。成都担担面(本店)※中国老子号(中国政府に認められた老舗)

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月10日 (水)

「四大中華料理」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「四大中華料理」4000年の長い歴史と広大な面積を誇る中国、料理の個性も地方によってがらりと変わります。日本では上海、広東、北京、四川の四地方の料理が「四大中華料理」として分類されています。Photo

地域ごとの味の違いを表す『南淡・北鹹・東酸・西辣』という言葉があります。「南はあっさり味、北は塩気が強く、東は酸味があり、西は辛味が強い」という意味。

「1上海料理」は地図の黄色の地域、中国の沿岸部の料理です。201253061558705
上海料理の特徴は長江の下流、臨海部の面積が広い地域で魚介類が多く使われ、味付けも淡白で薄味なことです。また、20世紀初頭は、上海は国際都市として繁栄したため、ロシアやフランスなどの欧米の食文化の影響を強く受けていることも特徴です。

Shadinner56
お馴染みの料理にはこんなものがあります。「八宝菜」「上海ガニ」南翔饅頭店「小籠包」

「2広東料理」は地図の緑色の地域、中国南部の料理ですCharsiu

「広東料理」古来より、「食在広州(食は広州にあり)」と伝えられています。特徴はとにかく何でも食べることです。それを表す次のような言葉があります。「広東料理では、飛ぶものは飛行機以外、海のものは潜水艦以外、四足歩行の動物は椅子や机以外、二足歩行の動物は親以外、何でも食べる」などと言われるほど、様々な食材を料理にすることが特徴です。1024pxsweetandsour_pork

お馴染みの料理には次のようなものがあります。「燕の巣の料理」「ふかひれ料理」「酢豚」「チャーハン」「シューマイ」日本でもお馴染みの料理から、高級な珍味まで様々な料理がありますね。また、点心を食べながらお茶を飲む飲茶という食文化も広東料理のものです。Chahan

広東料理は中華料理の中でも、最も世界中に広まっている料理です。昔から広東省の沿岸地域は、東洋と西洋の海上貿易の中継点だったため、そこから世界中に移民していった人が、世界中に広東料理を広めていったのです。

「3北京料理」は基本的に地図の青色の地域、中国北部の料理です。1e1417795209299

その中でも宮廷に出されていた料理を特に北京料理と呼んでいます。中国北部の料理を基本としていますが、宮廷に出すために中国全土の名物料理が集められているのも特徴です。お馴染みの料理には次のようなものがあります。

4544

「北京ダック」「水餃子」「ピータン」蒸しパン「饅頭」全体的に小麦粉を使った料理が多いです。日本の焼き餃子は北京料理の水餃子が由来です。

「4四川料理」は地図の赤い色の地域、特に四川省の料理です。25005209_1754515964857252_384985850

四川料理の特徴は、何といっても唐辛子山椒などの香辛料を多く使うことにあります。今や日本でもおなじみの食べ物には、四川料理がたくさんあります。「麻婆豆腐」「担々麺」「回鍋肉」「青椒肉絲」「エビのチリソース」「酸辣湯」四川料理がこれほど辛いのは、四川省が湿度が高く、霧が出ていたり、曇りの天気が多いためです。

Foomoojh000296751_1

太陽が出て綺麗に晴れることが少ないと、住んでいる人たちはあまり汗をかかないため、新陳代謝が悪くなりがちです。そのため、辛い食べ物で汗をたくさんかいて、新陳代謝をあげているのです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月 6日 (土)

中国拉麺色々「1蘭州拉麺」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

10数年前、ちょくちょく仕事で中国に出掛けている時に食べた「蘭州拉麺」の人気店「馬子禄」が日本に進出し人気の様だ。中国拉麺の色々調べてみたくなりました。

Sdqp9srsvoaaohpn

「ラーメン」の語源については諸説ありますが、有力な説として中国語の「拉面」(lā miàn)から来ていると言われています。漢の時代、中国北部を中心に食べられていた麺は、やがて南部にも伝わり、全土に広がりました。当時の麺料理の主役はあくまでも麺で、スープや具は麺を美味しく食べるための引き立て役にすぎませでした。

Photo_6
麺そのものの種類は、製法や素材の違いによって実に豊富で定義するのは難しいですが、北方の麺は、人の手により麺作りの技法が年月を経て磨かれてきたものが多いのに対して、南方の麺は豊富な海産物を利用し、麺そのものより料理としての幅を広げていったようです。悠久の歴史の中から生まれた独特の麺が数多くある中国は、アジア随一の麺大国です。 Sdqp9srsvwaaces0

中国の麺文化には様々な種類の麺料理があります。中でも有名なのは「兰州牛肉拉面」(lán zhōu niú ròu lā miàn)です。中国のどの都市に行っても「兰州牛肉拉面」と看板を掲げた店を見かけます。「兰州」つまり蘭州は中国西北地方にある甘粛省の省都「拉麺ラーメンの本場」なんです。

Photo_2

「蘭州」では「牛肉麺(ニュウロウミェン)」と呼ぶ。「牛肉拉麺」と呼ぶことも多い。店頭の目立つ場所で麺を手で伸ばすところを見せる店舗も多い。今でも記憶に残る味の「蘭州拉麵」である。

Sdoz7znkueaaw8df
東京神田に進出した「馬子禄」はシルクロードの蘭州市で100 年以上も“蘭州牛肉麺”を提供している老舗で日本での人気に火をつけたようです。スープの薬味にコリアンダー(香菜)などのハーブが使用される事も多く、苦手としている人は注意が必要。

1160z6161912u8
蘭州など甘粛省の本場で提供されるものは、スープの上に香辛料を加えた辛い油を加えることがほとんどで、スープの表面が真っ赤になることが多い。それに対して本場以外で提供されるものは香辛油を掛けないことも多く、スープそのものの色が見えていることが大半。牛骨・薬膳・パクチー・ 葉ニンニク・ラー油の香りと味が渾然一体となっている。D0064266_6173816

蘭州市は中国甘粛省(北西部)の省都で人口300万強の中都市。回族(中国最大のイスラム教徒民族集団)が多く、回族が豚肉を食べないため牛肉麺が普及した。蘭州拉麺とは牛肉・牛骨と10種類以上のスパイスを煮込んだスープに手延べ麺(拉面)を入れた料理。

Photo

豚はスープにも具材にも使用しない。麺はかん水入りでコシがあり、太さは細麺、平打ち麺、太麵、幅広麺と各種有り、三角麺などの変形麺もある。市内には3000軒以上の蘭州拉麺店があり、中国全土には5万軒の店があると言われている。

Photo_2
牛肉麺にとって重要なのは「一清、二白、三紅、四緑、五黄」。

1 汤清:スープが澄んでいる 2白萝卜白:大根が白い 3红辣椒油红:ラー油が赤い 4绿香菜绿:パクチーが緑 5黄面条黄亮:麺が明るい黄色

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2017年12月19日 (火)

「韓国地方料理」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

韓国料理を食べる機会が多くなっています。少し韓国の地方料理を知りたくなって調べてみました。

Big_185120
「1ソウル・京畿道」ソウルを取り囲むように広がっている地域が京畿道(キョンギド)。水原(スウォン)や利川(イチョン)、板門店(パンムンジョム)など日帰りで行ける。

約600年間、朝鮮王朝の都だったソウルには、宮廷料理の面影が残る料理が多い。今では大衆的な食べ物である「ソルロンタン(牛肉煮込みスープ)」は、元々は先農祭(ソンノンジェ)と関連した国家の祭祀(チェサ)料理だった。「韓定食(ハンジョンシッ)」に代表されるように見た目が華やかなのが特徴。京畿道発祥の料理としては、米軍基地が多い議政府(ウィジョンブ)の「プデチゲ(部隊鍋)」がある。韓国の2大カルビと言われる、「水原(スウォン)の王カルビ」、「抱川(ポチョン)の二東(イドン)カルビ」も京畿道が発祥。

Photo

「プデチゲ」スパムやソーセージがたっぷり入ったプデチゲは、韓国で若い世代を中心に人気のチゲ。そんなプデチゲ発祥の地と言われている場所が、ソウル近郊の京畿道(キョンギド)議政府(ウィジョンブ)市です。

Mizuharakarubi
「水原カルビ」ソウルの南方に位置する京畿道(キョンギド)・水原(スウォン)市のご当地グルメといえば、「水原カルビ」の名で知られる大きな骨付きカルビ。水原は、かつてソウルへ向かう地方特産物が集まる中間地点だった場所で、20世紀初頭には全国3大牛市場のひとつに数えられるほどの大規模な牛市場があったとのこと。そんな背景から、徐々にカルビの産地として知られるようになったといいます。この骨付きカルビや漬けカルビは最高だった!

Photo_2

2【江原道カンウォンド】2018平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックの開催。ドラマ「冬のソナタ」で有名になった春川(チュンチョン)はソウルからの日帰り旅行先

春川の「タッカルビ」ソウルから東に1時間余りにある江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)。「春川に来てこれを食べなかったら意味がない」と言われるのが「タッカルビ」です。唐辛子などで味付けした鶏肉を半日ほど寝かし、キャベツやサツマイモ、ニンジン、ネギと一緒に炒めた料理で、その専門店が約20件集まるのが春川明洞タッカルビ通りです。通りはドラマ「冬のソナタ」のロケ地で有名な春川明洞通りの一本裏。そこで最も老舗は「ウミタッカルビ」で、前日に取った鶏を使うため、新鮮で肉質がやわらかいです。味付けもピリリと辛く、しめに麺類や焼き飯も頼めます。

Photo_3
「マックス」春川の名物としてはマックッスも忘れてはならない存在です。冷麺の一種ではありますが、100%そば粉を使って作るのが特徴。お好みで酢やからしを入れていただきます。タッカルビを食べた後に、さっぱりと口直しするにもいい。

3【忠清道チュンチョンド】広域市の大田(テジョン)を中心。東側に位置する忠清北道(チュンチョンプット)、西側の忠清南道(チュンチョンナムド)は泰安(テアン)一帯が国立公園の海が。また百済時代に都が置かれ、各地で百済の文化や遺跡に触れられます。

農業が盛んで米や麦などの穀物と野菜が多く生産される地域。海岸部では海産物、内陸部では山菜やキノコが採れ、それらを使った素朴で淡白な味わいの料理が目立つ。名物料理としては内陸で採れた蕎麦が原料の「ムッパッ(ムッは寒天、パッはご飯)」、「ポリパッ(麦飯)」のほか、清州(チョンジュ)地域では「チャグリチゲ(汁気の少ない豚肉のチゲ)」が有名。冬には日本の納豆にも似た香りの「清麹醤(チョングッチャン)チゲ」がよく食べられる。

Myonndonngyouza
「カルグッス」有名店がソウル「明洞餃子(ミョンドンギョジャ)」です。外国人にも地元の韓国人にも長年愛されてきました。大行列に並んで食べた「カルグッス」思い出します。

Photo_4
「マンドゥ」カルグッスと一緒に注文する人も多いマンドゥは、豚肉と野菜がたっぷり。1個は、ちょうどスプーンにのるぐらいの食べやすい大きさで、中にはしっかり具が詰まっています。ジューシーな肉汁とともに漂う自家製ごま油の香りがたまりません。

「カキご飯」忠清南道(チュンチョンナムド)の保寧(ボリョン)保寧市にある浅水湾は、元々良質の海苔の産地として有名でした。1984年に浅水湾に防潮堤が造られてからは、海苔よりもカキの育ちやすい環境となりました。粒が大きすぎて味のおちるカキを女たちが家に持ち帰りご飯に入れて食べたのが保寧のカキご飯の始まり。生カキは生臭く毎日は食べられなかったためです。湯気の立つご飯の上に、白い身を現したカキご飯は、食欲のない人でも、あっという間に食べきってしまうくらい豊かな風味をもっています。こうしてカキご飯は保寧の名物となりました

4【全羅道チョルラド広域市の光州クァンジュ・韓屋の街並みやビビンバ発祥の地全州チェンジュ、木浦や珍島など食の都といわれる。

肥沃な湖南(ホナム)平野で採れる野菜や穀物、海岸沿いの海産物、そして内陸部の山菜と、朝鮮半島で最も食材が豊かな地方。材料を惜しみなく使い、丹精込めて作られる料理は、種類豊富で見た目も豪華。気候が暖かい南部地方に位置するため、濃く塩辛い味付けが特徴。キムチ作りでは唐辛子粉に特産品の塩辛をたっぷり入れた濃い目の薬味(ヤンニョム)が欠かせず、他地方に比べて味わい深いキムチとなっている。Photo_5「全州石焼ビビンバ」ホウレン草、モヤシ、きのこのナムルと牛肉、大根キムチ、海苔などが入ったビビンバはボリュームたっぷり。「全州豆モヤシクッパ」二日酔いの朝に飲むスープとしてもお馴染みのコンナムルクッパ。豆モヤシたっぷりのさっぱりしたスープの中にご飯が入り、刻みネギと生卵、白ゴマがのっています。粉唐辛子も入っていますがあっさりした味。

998500_largeimage_1「魚粥」全羅北道(チョルラプット)の茂朱(ムジュ)内陸の島を意味する「内島」とも呼ばれる茂朱。蛍が生息するきれいな場所であり、魚の天国です。茂朱の魚粥は他の地域のものとは違い、雑魚を少なめにして水質のきれいな場所にしか生息しないコウライギギを使用しています。適量のコチュジャンと味噌で味付けをします。そこに、唐辛子粉とコショウをたっぷりと入れ、辛味のきいた味に仕上げます。

5【慶尚道キョンサンド】韓国南東部に位置し有名な都市が集まっています。釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・大邱(テグ)の3つの広域市をはじめ、世界遺産の遺跡や古都でも有名な慶州(キョンジュ)・安東(アンドン)があります。

「忠武海苔巻き」慶尚南道(キョンサンナムド)の統営(トンヨン)60~70年前の統営は、釜山、麗水、巨済などを行き交う波路の中心地でした。一口サイズでご飯だけの海苔巻きを作り、長い竹串に大根キムチやイイダコの和え物を一緒に刺して売りました。温かいご飯と分離したため、大根キムチやイイダコの和え物はすぐには傷まなくなり、辛くてしょっぱい和え物は具のない海苔巻きとの相性もぴったりでした。

「大邱」韓国内で最も暑い街としても有名な大邱

Photo_6「フグプルコギ」骨を抜いたフグを、辛いソースと豆もやしなど野菜と煮焼きにしていただきます。〆はポックンパッ(韓国風炒飯)

Photo_7「チムカルビ」大邱の郷土料理「チムカルビ(蒸し煮カルビ)」。牛カルビの独特の香りと、唐辛子とニンニクから発せられる食欲をそそるその香りは、白ご飯への誘惑につながっていきます。Bnb80e85326842f_1435567318「大邱ホルモンマクチャン」アンジランホルモン焼き通りは韓国最大の同一メニュー飲食街として大邱の代表料理ホルモン焼きを安い価格で味わうことができます。

6【済州道チェジュド】リゾートアイランドが済州島(チェジュド)。島の中央にそびえる漢拏山(ハルラサン)を中心に牧場や茶畑、みかん農園など、のどかな光景が広がっている

Photo_8

「トコブシ釜飯オブンジャトルソッパッ」刻んだトコブシとキモをお米と一緒に炊き上げるので、磯の風味がたっぷりと詰まっています。しかし、隠し味?として、食べる直前に特製醤油とバターを混ぜます。

Awabino
「アワビのお粥チョンボッチュッ」ごま油と磯の風味が濃厚な、ちょっとリッチな気分になれる済州島ならではのお粥です。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年11月20日 (月)

「韓国料理が美味しい季節」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

ご飯やパン・パスタなど意識して減らすダイエット再チャレンジ中です。寒くなるしダイエットと熱々辛い韓国料理がいいですね~美味しいメニューを調べ上げこの中からダイエット有効な献立をいただいてみます。

Samugetan○○参鶏湯○○ 
一羽まるごとの鶏の中にもち米やニンニク、高麗人参なんかの漢方をぎゅうぎゅうに詰めて煮込んだ参鶏湯(サムゲタン)。韓国でも体に良い料理の代表格!日本の料理にはない、鶏のダシやほのかな漢方の香りのきいたスープ、見た目にも豪快なこの料理

Photo○○スンドゥブチゲ○○
固める前の柔らか豆腐、「スンドゥブ」をアサリ、牡蠣などの海産物や豚肉などでダシを取り、ネギ、ニンニク、唐辛子、ゴマ油、塩などで味付けて煮るスープ料理。真っ赤っかな見た目のとおり、お味もかなりピリ辛なスンドゥブチゲ!!有名で知名度も高い韓国料理

A00d336672e61f1224cc221249cb74cf×チヂミ×小麦粉使用で×
まずは、韓国のお好み焼き!?なんていわれるほど、日本のお好み焼きにもよく似た親しみのあるメニュー。もちろん韓国でも定番の人気料理、チヂミが3位に!日本では一般的に「チヂミ」と言われますが、ヘムルパジョン(海鮮ねぎチヂミ)、キムチジョン(キムチチヂミ)、ピンデットッ(緑豆チヂミ)や一口サイズの肉、魚、野菜のお焼き風など種類はいろいろ。中でも、海鮮系チヂミの人気は特に高いよう。

Ca37559daab5b941_s○○サムギョッサル○○
日本で焼肉というと牛の焼肉を思い浮かべることが多いけれど、韓国では最もポピュラーな焼肉ともいえ、お値段はリーズナブルな庶民の味方!豚の三枚肉の焼肉、サムギョッサルも第3位に~。韓国へ来たら、まずはコレ!という方も多いのでは!?カリッと焼いたお肉にゴマ油をつけたり味噌と一緒に野菜に包んだり、香ばしくヘルシーに!

Photo_2×ビビンバ×大好きですがご飯あり×
外国人にもよく知られた韓国料理。基本的にはご飯とたくさんの具を混ぜ混ぜしていただくこの料理、ひとくちにビビンバといっても種類は具や器によって様々。中でも本場の全州(チョンジュ)ビビンバが美味しい!

Photo_3○○焼肉○○
豚の焼肉は安くて美味しいけれど、やっぱり焼肉といえば牛!!日本とは焼き方や食べ方のちょっと違う牛の焼肉も、やっぱり人気!迫力満点の骨付きカルビや、たくさんの野菜と一緒にいただく牛焼肉もハズせない韓国グルメ。ここ何年かでは以前より、和牛とは違った味わいの韓牛の注目度もアップしましたよね~。水原のどでかい王カルビもう一度食べたいです。

Takkarubi

△△タッカルビ△△
鶏と野菜をテーブルの鉄板で豪快に炒めるタッカルビ。甘辛い味がたまらない!?シメの焼き飯まで美味しい!!お値段もリーズナブルにいただけ、ご飯にもお酒にも合うタッカルビが5位にランクイン~!本場、春川(チュンチョン)まで食べに行くという人も!

2191_guide_big×トッポッキ×
韓国のお餅「トッ」をコチュジャン(唐辛子味噌)などで炒めた、韓国の軽食の中では代表的な料理。食欲をそそる真っ赤な色と、甘辛い味が「韓国料理!」ってカンジのトッポッキも5位に。家庭でもよく作られますが、屋台や専門店などいろんなところで食べられ、種類もたくさんあるトッポッキは奥が深い!

Photo_4○○プルコギ○○
韓国と言えばプルコギとキムチ!プルコギの甘さはもうファンタスティック!プルコギを焼く時に出る肉汁はご飯にかけて召し上がれ~!

Photo_5△△マンドゥ△△
韓国の餃子、マンドゥ(饅頭)も5位に!蒸したタイプや肉まんのようなもの、スープに入ったものなど料理法や形も様々なマンドゥ。素朴な料理ではありますが、人気の専門店では行列ができるところも!肉の他に春雨やニラなどの具がたっぷり入っておりあっさり味で、日本で一般的にいう「餃子」よりもずいぶん大きく、食べ応えのあるものがたくさん。

2○○海鮮料理○○ 韓国料理といえば、焼肉だけじゃないんです。カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)、ヘムルタン(海鮮鍋)、魚の鍋、お刺身など、韓国ならではのおいしい海鮮料理もたくさん。釜山「蟾津江(ソムジンガン)シジミスープが美味しい。

Photo_6○○チョッパル(豚足料理)○○コラーゲンたっぷりで老化や美肌効果抜群!漢方材と一緒に長時間煮込んでいるため、油がなくヘルシー!

他にも色々あります

冷麺 (フェネンミョン、 ムルネンミョン、 ビビンネンミョン)あわび粥(チョンボッチュッ)ソルロンタン~牛のスープ~、クッパ~朝はさらっとスープご飯~、冷麺、ポッサム、ホットク、

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「喫茶 阿蘭陀館」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「Takeru Quindici 伊豆店タケルクインディチ」
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 「魚介海鮮 囲炉茶屋」熱海
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ