カテゴリー「沼津「近郊の名水」」の4件の記事

2017年12月 3日 (日)

「雄飛の滝 紅葉」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0381_2
紅葉の季節になると出掛ける私の㊙紅葉スポット。毎年見頃を過ぎてしまったり、早かったりとなかなか綺麗な紅葉を外してしまっていましたが今年はタイミングは少し遅かったと思いますが、まあまあの紅葉を見る事ができました。

Sdsc_0382
この場所には数本のもみじしかありませんが、最高の時は真っ赤に色付いた紅葉が太陽に映えそれは美しいものです。見頃は数日で時間も太陽が上に有る僅かな時間なんです。

Sdsc_0370

この日は少し見頃は過ぎていますが太陽が雲間から顔を出すと紅葉の葉が一斉に輝きを増します。午後1時半雲があってなかなか太陽が顔を出してくれません~。帰ってから画像を見るとまあまあの感じで良かったです。

Sdsc_3657
標高300mの益山の上にある真言宗で、高野山の末寺「益山寺」も必ず寄ります。車で上まで行けますが道がまた狭くなったようです!なるべく下に車を置いて歩いたほうが安全ですね~山中の落ち着いた雰囲気。お地蔵様、石仏など安置されています。

Sdsc_3655
根回り5.46㍍、目通り4.05㍍、樹高27㍍、樹齢900年ほどで県下最大の楓。天然記念物の太くて大きな銀杏の木が毎年奇麗に色付きます。境内の風情もしっとり情緒があります。

Sdsc_0399
途中に熟れた鈴なりの四つ溝柿、晩秋の景色を代表する様なワンスポット!12月1日㈮境内には結構見物に来ている方がいました。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2010年11月22日 (月)

沼津近郊の名水「3平成名水100選湧玉池と神田川」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中カチッとお願いします。
にほんブログ村

P5046292t800hp 富士宮市の中心部に建つ富士山本宮浅間大社殿の門をくぐると澄んだ水をたたえる「湧玉池わくたまいけ」があります。富士山に降った雪や雨が地下にしみ込み、長い時間をかけて溶岩層を通るうちに濾過された伏流水としてわき出ています。

P5046278 水温は年間を通して12度から13度で、湧水量は一日に約20万トン。国の特別天然記念物に指定されている。その昔、霊峰富士に登る者は湧玉池で身を清めていたという。現代でも、約30年前から夏山シーズンの時期に、登山者の安全祈願のためにみこしを担ぐ地元の青年らが湧玉池に入ってみそぎをする神事が行われてきたといいます。

P5046290 「2007年に、世界文化遺産の暫定リスト入りしている富士山の構成資産候補にもなり、人が池に入るのは環境面から言っても適当ではない」(市商工観光課)としてみそぎは中止されたが、池が富士山を目指す人を見守り続けていることは今も変わらない。

P5046294400hp その湧玉池を水源として、富士宮市の市街地を南に流れるのが神田川。住民が清掃活動を続け、清流を好むカジカも生息する。同市は富士山のわき水を利用したニジマスの養殖が盛ん。神田川にもニジマスが放流され、釣り大会も行われる。

O0800060010596379048 川沿いに遊歩道や広場が整備され、多くの人が水辺に憩う場所となっている。この神田川の水は市内を流れる潤井川に流れ込み、やがて駿河湾に注ぎ込みます。この清らかな水は、昔から富士宮の町を潤してきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中ポチッとお願いします。
にほんブログ村

2010年10月10日 (日)

沼津近郊の名水 「2 三島源平川」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

L_84939786dd024dd1ad5bf5db14f9b1c4三島駅近くに湧(わ)き出る富士山の伏流水が源流。三島市の市街地を南北に約1・5キロ・メートルにわたって流れる。「名水」といっても、山奥や深い森の中などではない。この清流は寺の境内、鉄道の線路や道路沿い、住宅街など、人々の暮らしのすぐ近くにある。

753815c529ef835fd324d79fd78d4ae5 緑色の葉と、梅の花に似た小さな白い花が~清水にのみ咲く「ミシマバイカモ」だ。感 慨用水路として掘られた源兵衛川は経済の高度成長の頃、工業用に地下水が盛んにくみ上げられ、これが原因で源兵衛川の水量も減ってミシマバイカモは見えなくなったそうだ。

Sdsc_0005 多くの市民の努力で今は再生されている。初夏にはホタルも乱舞する。源兵衛川は市街地でホタルが見られる貴重な場所にもなっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2010年10月 6日 (水)

沼津近郊の名水 「1 柿田川」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

20071207_432023 富士山の雪解け水が、長い年月を経て柿田川に涌き出ています。柿田川の湧水は日100万トンの水量すべてが湧水。貴重な動植物の生息地として知られ、周辺の約35万人の飲料水として利用されています。約8,500年前の大爆発で大量の溶岩を噴出して出来たのが三島溶岩流といわれその三島溶岩流の間を通って、富士山の東斜面に降った雨や雪解け水が約40km離れた清水町の国道1号線の直下から湧き水となって現れています。富士山周辺には同じように水が湧き出ている所がありますが、その中で柿田川の水量が最も多く、「東洋一の湧水」と呼ばれています。柿田川は湧水を水源としていることから、かつては泉川、地域は泉郷と呼ばれていたそうです。
Phot0000000000000205_500_0 市街地の真ん中でこつ然と湧き出した水は、集まって川幅30~50m、延長約1200mの河川となって狩野川と合流しています。水が地下から突然湧き出してそのまま河川となっている柿田川は、その流域に豊かな自然環境をつくり、貴重な生態系を維持し「柿田川湧水保全の会」による定期的な清掃活動や、「柿田川みどりのトラスト」によるトラスト運動、またさまざまな自然保護団体が提携して「柿田川・東富士の湧水を守る連絡会」による富士山への植樹活動など、水質保全はもちろんかつての湧水量に戻すための保全活動も積極的に行っているとの事です。綺麗な湧水をいつまでも守って貰いたいですね。
場所 東名自動車道沼津IC⇒国道1号に合流し三島方面へ(約15分)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • Osteria「Casa di ranaカーサ・ディ・ラナ 」清水町
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 「ごはんや 里庵りあん」函南
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています

神社・史跡

  • 沼津 旧県社「丸子神社」
    沼津近郊の神社・史跡の紹介
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ