カテゴリー「【沼津近郊の寿司】」の31件の記事

2017年12月15日 (金)

回転寿司「はま寿司」沼津店

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_3793

なんだこの混みようは!相変わらず人気で激戦の回転寿司、席に案内されるまで待つ客がいっぱいだ。平日の午後7:00通りかかった「はま寿司」に寄ってみた。受付もロボット君がテキパキ仕切っている。慣れない方は戸惑ってしまい都度店員がフォローしている。混雑時ロボット対応の方が来客の処理は早い様だ。

Sdsc_3796
待つこと20分、カウンターに座り早速画面で注文、金色皿は¥150、他は平日¥90 フェアメニューやラーメン、蕎麦、焼きそばやうどん、クリームコロッケ、茶碗蒸し、吸い物、タコ焼きやアサリ酒蒸し等多彩なメニュー。

Sdsc_3798
この日の一番は贅沢握りの北海道産「大粒ほたて¥150」大きくてなかなかの口あたりだった。この味この大きさで¥150はお得感たっぷり。

Sdsc_3799_2
同じく贅沢握りの「赤貝¥150」お寿司屋さんで食べる国産赤貝とは見た目も形状も違う。食べた食感も香りも通常の赤貝とは異なるようだ。

Sdsc_3797
天ぷらそばとクリームコロッケ迄食べて支払いは¥1300程だった。「はま寿司」は、すき家、 ココスなどを運営するゼンショーグループに属するそうだ。

場所 沼津市双葉町7番12号

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年9月13日 (水)

「最高に美味い蝦蛄シャコ 司寿司」沼津

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_2472_2
今日は「司寿司」で最高の「蝦蛄(シャコ)」をいただきました。こんなに大きく、柔らか、口の中に新鮮な甘さが広がるし、ツメの味も美味で言う事なしでした。横の”アワビ”の煮貝もこの蝦蛄シャコにはかないません。シャコの旬は春から初夏。この時季、子を持ちます。しかし、身自体を楽しむなら夏から秋,今が最高です。生きたままを茹で即に握ってもらう今日の様なシャコが一番ですね!

Sdsc_2470
店の休み明けは貝ネタもいいものが勢揃いしています。江戸前寿司好みにはこの「青柳」が最高!磯の香がして新鮮さ丸出しでいい感じ~コリコリです。赤貝は身もいいしヒモはさらに美味い。赤いのはヘモグロビンに似た成分で貧血にいい!他に平貝も美味しくいただきました。

Sdsc_2475
親爺さん自慢の「穴子」口に入ると上品な甘みを残しつつ溶けてしまうほどの柔らかさ~今日はツメを付けていただきました~いつもは塩、山葵もありますが今日はツメのみです。穴子は夏が旬でウナギと同じく夏バテに効果的といわれてます。

Sdsc_2478_2
蝦蛄シャコがあまりに美味しくてもう1貫追加です。マグロの中トロも出てきましたがやはり今日は蝦蛄の勝ちでした。締めは卵焼きと干瓢巻きでお腹いっぱい満足です。

Sdsc_2479_2_2

いつもおかみさんが出してくれる熱々の小葱の味噌汁美味しいです!

場所 沼津市下香貫藤井原       木曜定休

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年8月23日 (水)

「寿司 たか嶋」沼津港

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_2272_2
先週に引き続き沼津港寿司「たか嶋」さんへ~今回は次男が1週間遅れで帰ってきて、「たか嶋」の寿司が食べたいと言う事で昼に行って来ました。(朝は現在営業していません)画像は握り寿司4人前一緒盛で豪華に見えます!巻物は別のお皿です。

Sdsc_2274

次男は結婚して1年半だいぶ太ってお腹が出てきました。食べる量も半端なく夫婦で4人前頼んでいました。大皿に一緒盛で出て来ると豪華です!

Sdsc_2277

私はいつもの「上寿司」をお願いしました。朝食も食べていたし11:30の開店時間では十分な量です。お盆の日曜より1週間経った今日の方が並んでいる方も少なくて早めに来た我々は3番目に通されました。

Sdsc_2275

我が家の子供たちは本当にお寿司好きですね~今日は次男のおごりでした~

場所 沼津魚市場食堂街

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年7月23日 (日)

「司寿司の出前」沼津

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_1936

和みさんで「司寿司」の貝が美味しいという話から、

     出前を取って食べようと言う事になりました。

          たまにマスター達と摘まむお寿司も美味しいものです。

Sdsc_1934
この日のネタは「蝦蛄」「青柳」「赤貝」「平貝」「トロに赤身」「鯛」「イクラ」「ウニ」 

   「海老」「イカ」「穴子」「巻物」でした。噂通り貝類は美味しく1級品です~

Sdsc_1932_2
桶のお値段は5千円と大サービスです。大変美味しくいただきました。

  暑い夏は”お寿司”と”うなぎ”は両横綱ですね。

Sdsc_1937_2

場所 沼津市下香貫藤井原

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年6月26日 (月)

「沼津の寿司屋さん」

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

沼津に住む寿司大好きな私の好みのお寿司屋さんです!

Sdsc_4974

①「司寿司」沼津香貫にある老舗寿司店。親父さんのキャリアはもう45年以上、沼津でも最古参の寿司職人。ネタもいいものが揃って間違いない。中でも貝類は抜群。穴子や卵焼き、干瓢は自慢の一品。

81890_2
②「鮨庵さいとう」握り寿司桜8貫、見るからに新鮮でネタのいいのがわかります。昔から繊細で丁寧なにぎりです。息子さんもカウンターに入り親爺の貫禄も出ました。他に「板さんおまかせ10貫味噌汁付き」や「ウニ入りいか鉄砲」もおすすめ。

Photo

Sdsc_4545_2
➂「双葉寿司」と④「たか嶋」沼津港のお寿司屋さんの姉妹店。老舗の「双葉寿司」と人気の「たか嶋」さん、どちらもおすすめです。(たか嶋さん現在朝営業は休止中)

Photo_2

⑤「若駒」司の親爺さんと同じくらいのキャリアの寿司職人。ネタの素晴らしさや握りの風格はこれぞお寿司屋さん隠れた名店です。

2_2

⑥「鮨やまもと」港からは離れた間門の住宅街にある名店です。一度は行きたいお店です。

Sdsc_000001

⑦「なな輝」最近リニュアールオープンしました。入り口の白い暖簾、洗練された玄関、お店の中も奇麗です。

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年6月22日 (木)

「すし処 京丸オープン」沼津

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村 

Sdsc_1686
うなぎ処「京丸」でお馴染みの「京丸うなぎ株」さんが今回「すし処 京丸」をオープンさせたというので早速出掛けて来ました。場所は沼津市槙島以前はステーキハウスが有った場所です。Sdsc_1688
外観は大幅に改装されて和風の高級寿司屋さんといった感じです。出来立ての暖簾をくぐり中に入れば正面に木目の奇麗な長いカウンターがあります(12席)、高級店らしくネタケースは平面になっています。

Sdsc_1691
メニューの中から「握り8貫、巻物1本¥2000吸い物付き」をお願いしました。ネタはマグロ・海老・じんどうイカ・穴子など奇麗に握られています。店内に眼を向けると小上り席やパーティルームがあります。正面のガラス越しには和風の庭が広がっています。

Sdsc_1692
他に地魚入り特選握り¥3500、鉄火丼¥1700、ちらし丼¥1800などがありました。

場所 沼津市上香貫槙島町1336‐18 火曜定休

沼津魚市場食堂街「すし処古川」も京丸グループとなり23日迄改装中との事です。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年5月21日 (日)

司寿司「旬のネタは美味い!」沼津

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_1303_2
先日の木曜日、「和み」さんのランチに行った時「司寿司」の親爺さんも来ていて”龍さんシャコが美味しいよ”という言葉が耳に残って消えず行って来ました。暖簾をくぐるなり”シャコ”食べに来たよ!と一言、カウンターに座りショーケースを見れば有りました大きな”シャコ”「司寿司」さんは木曜定休なので金曜が一番ネタが揃っています。あれこれつまんでからやっと出てきました”シャコ”身は大きくて柔らかく甘みもあって滅多に頂けないような”シャコ”です。

Sdsc_1303

ケースの中も美味しそうなネタがびっしり並んでいます。この日のネタでNO2は「トコブシ」伊豆で採れたトコブシは肝の香りが口の中に広がり昔よく食べたことを思い出させます。昔は石廊崎近辺でたくさん採れたトコブシの煮つけよく食べたんです。

Sdsc_1297
親爺さん自慢の「地だこ」柔らかいし甘みがあって静浦で採れるタコが一番いいね!が口癖。この日の貝類のパレードも豪華、赤貝ひも・平貝・鳥貝・青柳皆旬を迎え美味しいですね~

Sdsc_1305_2
滅多に置いてない「地あじ」型は小さいが、脂の乗りは尋常ではないほどで美味しい!アジ大好きな私もびっくりだ。今日は珍しくみそ汁もアサリでいい出汁が出ていました。

Sdsc_1306

今日も美味しいネタ色々いただきご馳走様でした!

場所 沼津市下香貫藤井原1617‐12  木曜定休

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年2月23日 (木)

「ひょうたん寿司」伊豆長岡

👈👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_000001_8_2

 伊豆長岡の「ひょうたん寿司」に寄りました。 

  午後3時頃やっているお店も少ない中、ひょうたんさんが営業中

   大助かり。お昼、結構食べたのにお腹ってすくものです。

Sdsc_4499_2

 お店は時間的にほとんどお客さんもなくゆったりしています。

  10月昼時に来たときは超満席だったのに随分違います。

   この日は「上寿司¥1600お椀物付」を頼みました。

Sdsc_4500_2

 ネタはひょうたん寿司で一番美味しいアジそしてトロ・ホタテ・えび

  ・カズノコ・たまご・いくら軍艦・巻物鉄火・茶碗蒸しとみそ汁が

     付いています。イカがないのが残念~

Sdsc_4502_2

  丁度午後3時半、お客さんも見渡しても1組しかいませんでした。

場所 伊豆の国市伊豆長岡124‐1

👈👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村

2016年9月26日 (月)

「鮨庵さいとう」沼津港

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_3267「鮨庵さいとう」さんとはだいぶ前からのお付き合いです。実直で丁寧に握る寿司は昔から変わらぬ美味しさです。港で2軒目の本店を出してからは一段と磨きがかかってきました。この日は土曜で港は混雑していましたが幸い座る事が出来ました。Sdsc_3268「鮨庵さいとう」さん、今は知名度も上がり沼津でも指折りのお店になりました。息子さんも成長し親父さんの隣で頑張っています。カウンターで大将と話しながら食べる寿司はネタの新鮮さや彩も鮮やかで一段と美味しいですね!Sdsc_3264この日は息子が孫を連れて帰ってきて港のお寿司屋さんに直行でした。「アジ」「イカ」も歯ごたえ十分、このシコシココリコリ感は新鮮な証拠です。噛むほどに甘さも加わり美味しいです!Sdsc_3263孫達もマグロやサーモンが大好きなようで食べっぷりも来年小学生になるにしてはお見事です。すきみ巻きやサーモン結構食べてました。この日のお勘定は息子が払ってくれラッキーでした。Sdsc_3118別の日はカウンターがいっぱいで奥のテーブル席に案内してもらいました。注文したのは「板さんおまかせ10貫¥3240味噌汁付き」見るからに新鮮でネタのいいのがわかります。中トロ、赤身、アジ、赤貝や蟹、イクラの醤油漬け、イカや白身、玉子焼きの豪華さです。Sdsc_3116「にぎり寿司さくら8貫¥2160」サクラエビやシラス、カツオや赤身、アジやカンパチ等美味しそうです。「地魚8貫のもも¥1830もあります。握り寿司にはお椀がすべて付いています。Originalオリジナルの「うに入りイカ鉄砲¥2160円」や「うちわ海老は美味しいですよ~人気の一品です。

場所 沼津市春日町47-2 木曜定休

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年6月30日 (木)

「司寿司でアワビのへそ」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Dsc_2063_2沼津で50年近く寿司を握っている寿司職人は私の知る限りここ「司寿司」と「若駒」のおやじさんです。どちらもメニューや価格表などは店に置いていません。最初にお店に入るには多少の勇気がいりますね~でも抜群のネタを揃え、江戸前寿司道のいろはや個性ある接客、寿司屋とはこういうものと今も頑張っています。Sdsc_2068_2先日夏に向かい美味しくなってきた「アワビのへそ」なるものを初めていただきました。貝の殻ににくっついた部分、貝の裏側に当たる部分を「へそ」と呼んでいるとの事、これが柔らかく噛みごたえもあるんです。F0219773_213461_2アワビの食感と少し違っていますが美味❕❕アワビの美味しい時期にこの「へそ」は柔らかく抜群の美味しさです~以前から江戸前のシャリの握り方やネタ「しんこ」の事を教えてもらったり、ツメと煮切りの違いを聞いたり、おかげさまで結構江戸前鮨の知識も豊富になった気がしています。B01706_ph02680x493少しお勉強~「江戸前鮨のネタ」江戸前とは江戸の前の海(今の東京湾)遠浅の干潟を抱えた天然の漁場で獲れた新鮮な魚介で①こはだ②のどくろ③かすご④きす⑤おぼろ⑥えび⑦あじ⑧炙り鯖⑨いか、他に穴子や干瓢巻き、玉子焼き、マグロやカツオ、シマアジ、シャコ、などは当然外せない。B01706_ph03680x493貝類も①はまぐり②平貝③小柱④車海老⑤ミル貝⑥赤貝のヒモ⑦鳥貝⑧青柳他にアワビやホタテ等々がある。海苔で巻く細巻きも干瓢、鉄火巻き、すきみ巻き、ネギトロ、かっぱ、沢庵巻き、ヒモ巻等々。東京湾アクアラインの近く富津あたりは綺麗になった東京湾の干潟も戻り多彩な江戸前魚介が獲れています。2_2「江戸前寿司」は昔は屋台で供されていたため、高級な食べ物というよりも、庶民が気軽につまむことができるファーストフードとして発達してきたという。酢飯を一口大に握り、その上に四季折々の魚介類の切り身などを乗せた江戸(東京)風の握り寿司のことを指す(画像は江戸時代の日本橋魚市場)

司寿司 沼津市下香貫藤井原1617‐12  木曜定休

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • Osteria「Casa di ranaカーサ・ディ・ラナ 」清水町
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 「ごはんや 里庵りあん」函南
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています

神社・史跡

  • 沼津 旧県社「丸子神社」
    沼津近郊の神社・史跡の紹介
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ