カテゴリー「【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」の38件の記事

2017年2月 5日 (日)

「沼津島郷海岸の夕陽が綺麗」沼津

👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村 Sdsc_00114月のような陽気の日でした。丁度17:00島郷海岸の学習院遊泳場の海岸から駿河湾に沈みゆく夕陽を見に出かけてみました。間もなく水平線に沈むグッドタイミング早速カメラにおさめました。Sdsc_0002夕陽に浮かぶ”西郷島”海鵜の住処になっている場所ですが緑の木が無くなっていますね~島ははげ山の様にやたら岩盤が目立ってきています。Sdsc_001717:10分先程より辺りが夕陽に赤く染まってきました。大瀬崎灯台が先に沈む夕日に映し出されシルエットのように見えます。この駿河湾は美しい景色を見せてくれるし、美味しい魚貝を生んでくれるし、スポーツの楽しませてくれる本当にありがとう~!Sdsc_0021水平線の上に雲がかかって来て水平線に沈む夕日は残念ながら撮れませんでした。空には海鵜やカモメが未だ餌を探して飛び回っています。間もなく陽が沈みます~(沼津島郷海岸1月30日撮影)

👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村

2016年9月18日 (日)

近代造船の礎 「ヘダ号再建事業シンポジウム10/1」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

「帆船ヘダ号の再建に向けて」Img035既に新聞等で報道されご存知の方も多いと思います。幕末のロシアプチャーチン提督率いるデアナ号が①下田沖で津波に合い破損、修理をすべく戸田に向かうが②③嵐で沈没、ロシアに帰還する代替え船として④沼津市戸田(旧戸田村)において「洋式帆船ヘダ号」が建造されました。 Img042これは現在の日本近代造船の基礎となる出来事であり、ロシアとの交流のきっかけにもなりました。 しかしこれら歴史的意義のある事を我々市民が十分周知できていないのが現状です。 このような歴史上重要な意義をもつヘダ号に関する語り継ぎが無くなり、資料や記憶が失われてしまうのは防がねばなりません。「ヘダ号再建」という沼津にとって貴重な歴史遺産を再建するプロジェクトを応援しましょう。「戸田号再建」シンポにも参加して沼津の歴史を感じましょう! Photo≪近代造船の礎 ヘダ号再建事業シンポジウム≫
・日時 : 2016年10月1日(土) 9:30~11:50
・場所 :サンウェルぬまづ (ぬまづ健康福祉プラザ )2F大会議室
  沼津市日の出町1-15
・定員 :100名 ・参加費: 無料
・主催 : ヘダ号再建プロジェクト会
・協力:セイルタウンNUMAZUクラブ 
・後援:沼津市 沼津市教育委員会

《講師のご紹介》
・杉村宗作氏制作のヘダ号復元模型(十分の一)をめぐって』
岡 有作先生
元東海大学海洋科学博物館主任 学芸員 / 日本シーホッパー協会 副会長

Tannan・『ヘダ号建造への江川坦庵の寄与と韮山形帆船について』
橋本 敬之先生
NPO法人伊豆学研究会理事長 / 公益財団法人江川文庫嘱託

・「ヘダ号再建プロジェクト会」
http://schooner-heda.com/

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年7月17日 (日)

明日は海の日 「スクーナー帆船 アミ号」

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村  Sdsc_0098明日は海の日です。若い頃プレジャーボートで釣りや水上スキーを楽しんだ時期もありました。当時取得した海技免許がいつの間にか小型船舶1級免許になっています。何十年も船には乗っていませんが免許の更新だけは続けた結果です。S13652455_1067637946659085_43221306先日神戸に向け出航する直前の「帆船アミ号」に記念撮影で乗船させてもらいました。木のぬくもりを感じるデッキ、手入れの行き届いた艇体は船長の帆船に対する愛おしい気持ちが伝わってきます。デッキに座ると一層感じるものもあり久しぶりにスキッとしました~そして若い頃この海で感じていた潮の香りも思い出しました。まだまだ感動する心は残っていますね!Sdsc_0131まさに波も静かな静浦港を瀬戸内に向けて静かに出航していく帆船アミ号。外海はうねりもあるんでしょうね~行ってらっしゃい!S13707749_2084038198487983_34767195(※昨日朝に淡路島津名港を出港、神戸港に無事到着した様です)同乗しているIさんのフェースブックより。Sail_ami004この帆船アミ号の姿を目の当たりにし年甲斐もなく帆船に興味津々「スクーナー」という帆船の事を調べてみたくなりました。 Eastwindアメリカ東海岸を中心に発展したスクーナー(英語: schooner)と呼ばれる帆船は、2本以上のマストに張られた縦帆帆装を特徴とする、帆船の一種である。スクーナーは、最初にオランダで16世紀から17世紀にかけて用いられ、アメリカ独立戦争の時期に北米で更に発展した。(画像白い船体のEastwind号)Lazy_jack先日衛星放送でアメリカ東海岸の街(ニューイングランド)で行われている「スクーナー帆船のフェステバル」の模様を見ました。さすがアメリカ帆船の歴史深さや港の美しさなど見入ってしまいました(画像黒い船体のLazyJack号)大型帆船はあえて触れていません。Schooner_heda日本では幕末に君沢形と呼ばれた。1855年(安政2年)、開国の目的で来日したロシアのエフィム・プチャーチン一行の喪失した乗艦「ディアナ号」の代りに「ヘダ(戸田)号」(75トン)がロシア人船員(帆船乗員は航海中の船体損傷修理のため造船技術も全般に習得している)に加えて、日本人船大工を交えて幕府により沼津市戸田で建造された。その後、幕府は戸田村で6隻、石川島で4隻のスクーナーを建造した。この船型を建造地が「伊豆君沢郡戸田村」であったことから「君沢形」と名付けた。ちなみに戸田号建造からスクーナー建造までの現場責任者は江川英龍で、(当時江川に弟子入りしていた)桂小五郎は江川の許可の下,地元長州から船大工を現場に招き、長州に君沢型の建造技術を伝えている(後に桂はこの件で長州藩から表彰されている)。 その後、同型ではなくともスクーナー一般に対する呼称として、君沢形の名が使われることがあった。

この戸田号再建プロジェクトが地元沼津で立ち上がり活動されているようです。大いに頑張っていただきたいですね!

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

「スカンジナビア号が去り10年」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村 思い出すスカンジナビア号!

S_2沼津市西浦木負に気品ある姿で浮かんでいたフローティングホテルスカンジナビア号が曳航中沈没したのが2006年9月2日。思い出多きスカンジナビア号のこの事故のニュースは残念でしかたなかった。今年で沈没して10年、西浦木負の海岸を通るたびにここに浮かんでいたんだなあ~と思い出す。20060902ホテル営業中の1990年頃には富士山を望め美味しい料理がいただけるなど人気も高く多くのお客さんが訪れていた。私も沼津マリーナからボートでたびたび出かけていた。テレサテンや有名人のショーも数多く見たことを覚えている。2005_06_2とてもいい時代だった~西浦まで来るとこの素晴らしい思い出は今も強く残っている。沼津の大きな魅力は”海”である。この資源に”富士山”や”マリンレジャー””食”が存在する「沼津の三浦は皆に誇れる場所」だと今も思っている。050903ship(スカンジナビア号は1927年スエーデンで「ステラ・ポラリス号」として建造された豪華客船で、戦時中はナチスドイツに接収されたが戦後いち早く復帰し、世界中を航海したクルーズ船。1969年日本に売却され沼津市西浦木負に係留。1970年伊豆箱根鉄道が船名を「スカンジナビア号」に変更しフローティングホテルとして開業し2005年3月31日まで営業された。その後、スウェーデンへ売却が決まり2006年8月31日、曳航される形で木負を出航したが9月2日午前2時頃、和歌山県潮岬沖約3kmの海底72mに沈没した)

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2012年1月10日 (火)

沼津「島郷海岸の夕日」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0003 昨日(1月10日)成人の日は風もなく晴天、この時期にしては穏やかな一日でした。沼津島郷海岸からの夕日は澄み切った西の空に沈んで行くとても美しい夕日でした。Sdsc_0010 沈みゆく夕日の中に漁船が!大瀬崎の灯台が!真っ赤な太陽が一段と印象的な光景です。Sdsc_0014 水平線に太陽が半分沈みました。空と雲がまだ赤みを残してくれています。今日は三男の家族が来ていて来月1歳になる孫娘もこの夕日を拝めたかな。Ssn3j0023 この笑顔は元気はつらつで明るいですね~昨日は太陽を二つ見たようでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2011年12月26日 (月)

沼津島郷海岸「カイトサーフィン」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0047 クリスマスの昨日(25日)は日本海側では豪雪、ここ沼津も寒くて西風が強い一日でした。こんな日は絶好のサーフィン日和、414号島郷海岸ではカイトサーフィンやウインドサーフィンを楽しむサーファーが大勢いました。Sdsc_0034 日本に入って来て未だ十数年程だそうですが、ダイナミックでスピード感あるカイトボーデイングは見ているだけで爽快です。海外では認知度も高くこれから注目されるマリンスポーツですね。Sdsc_0067 ウインドサーフィンもスピード感は負けていません。波越えのジャンプや回転には驚きますね。一年を通しマリンスポーツが楽しめる「沼津」は最高ですね!Sdsc_0057

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2011年6月20日 (月)

沼津の歴史「安政東海地震」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

安政東海地震(1854年)」の被害状況を記録した沼津藩士山崎継述による絵図が沼津市明治史料館にある。沼津市下香貫清水~東島郷辺りで(私の住むこの地の事だけに気になる資料だ)「田地変じて湖水となる」と被害状況が記されている。先日近くの海抜を調べても海の近く(旧御用邸付近等)5m~6mに対しこの地は0,5m~1,5mしかない事は承知していたが~海水が流れ込めば湖が出来るのはうなずける。湖は長さ165m幅110m深さ7^9m、液状化で5mの噴水もあったようだ。今でも豪雨の時など道路は冠水(スーパーピアゴ周辺)し大変だし塚田川はあふれそうになる。湖が出来たのは津波が直接到達したか、この塚田川を逆流し冠水したかのどちらかだ。

Zero110527 想定東海地震の津波浸水域など詳しくは県のホームページで

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2010年11月 5日 (金)

伊豆の国市「パノラマパーク ロープウェイ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中、クリックお願いします~
にほんブログ村

伊豆の国市「パノラマパーク ロープウェイ」

Sdsc_0051 11月4日修善寺からの帰り道あまりに富士山が綺麗なので伊豆長岡温泉のパノラマパーク ロープウェイに乗ってみました。予想通り頂上からはまさに絶景でしたよ~

Sdsc_0035 平日ですが天気も良く観光バスがかなり来ています。標高452mのかつらぎ山の山頂と山麓の全長1,800mをロープウェイで結びます。片道所要時間は約7分。往復大人¥1220 ゴンドラは頻繁に出ていますから待つ事無く乗車できました。

Sdsc_0069 葛城山の頂上一帯が公園になっています。山頂の展望台からは富士山、駿河湾、箱根、天城の山々など、360度の大パノラマの風景が広がります。

Sdsc_0064 この日は富士・静岡・南アルプスまで見えました。(画像は内浦湾の淡島)

Sdsc_0066 山頂には『葛城神社』 『百体地蔵』や『幸せの鐘』等があります。その他、『アスレチック』や『顔出しパネル』もあります。散策に疲れてしまった方にオススメなのが『絶景 富士見の足湯』etc・・山頂の空中公園は見所いっぱいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中ですクリックよろしくお願いします~

にほんブログ村

2010年10月 7日 (木)

沼津西浦「スカンジナビア号の思いで」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

X3 沼津西浦木負に係留されていたスカンジナビア号。西浦みかんが実る頃ここを走ると思いだします。当時は何度も船に行きました~豪華船だけあってその調度品や美しい船影は忘れられない船ですね。

X263 スカンジナビア号(旧船名・ステラポラリス号=北極星)は1927年(昭和2年)クルーズ専用客船として造られた、今世紀最後のクリッパーバウ型客船ヨット(5,105トン)で、このタイプの船は世界中に当船とデンマーク王室所有ヨットの二隻だけです。巨額を投じ、操船技術の粋を尽くし、ゴージャスな装飾品、家具、調度品を備えた格調高いヨットです。

X233この北欧生まれのヨットは「七つの海の白い女王」と謳われ、今なお西欧の海と船に感心のある人は往時の優雅な姿を思い浮かべ忘れる事の出来ない船です。日本に回航されるまで、スエーデンのマルモ港から、世界中の富豪で限られた人のみ、クルージングツアーの乗船を許可され、バルト海・大西洋・地中海など、西欧海域のリゾート・エリアを二週間から二ヶ月の航程で豪華の旅を続けていたそうです。しかし、残念ながら H17年3月末まで営業していたが英領バージン諸島のクルージング会社「ランティー社」へ売却が決定し修理の為、西伊豆三津浜より錨を上げ中国へえい航の途中、(06.09.02午前2時頃) 串本町の潮岬沖約3km(水深72m)でタグボートでえい航されていたスカンジナビア号は浸水が激しく起こり沈没。思い出に残る貴婦人スカンジナビア号です。

Dsc_0023 スカンジナビア号が停泊していた場所も今は静かです。隣のシーサイドレストラン「海のステージ」には今は無きスカンジナビア号の記念コーナーが有り、スカンジナビア号のファンには最適なお店です。場所 沼津市 西浦. 木負768-9.  TEL055-946- 2801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2009年5月11日 (月)

「沼津アルプス」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村


powered by 地図Z

沼津アルプス

「沼津アルプス」は北から香貫山(193m)横山(183m)徳倉山(256m)鷲頭山(392m)大平山(356m)、国道414号沿い、駿河湾(静浦・内浦)にそって南北に連なる山々最近はかなり有名になり県外から多くの方々が登りに来ている。眺望が素晴らしく富士山や駿河湾が眼下に見渡せ素晴らしい。確かにこのロケーションは人気が高いのもわかる。今回は体力を考え地元では「象山(遠くから見れば象にそっくり)」と呼んでいる「徳倉山」登山にしました。

Dscn5253家の裏山が通称「沼津アルプス」

お誘いがあり久しぶりの山歩きに

行ってみました。子供が小さい時

はハイキングに出かけたものです

Dscn5255が、はて何十年ぶりになるのか~

全く運動していない私、どのくらい

歩けるのでしょうか~心配~

徳倉山(象山)香貫台バス停前から

Photo香貫台登山口迄アスファルト道路を

登っていきます。香貫台は分譲住宅

が立ち並び一番奥が登り口になって

います。いきなり真直ぐの登り坂~

徳倉山までは以下の画像でどうぞ~

(左)途中から沼津港方面が見えます。(中)徳倉山分岐

(右)徳倉山山頂から沼津市街が見渡せます。Photo_2Photo_3Photo_4   

(左)広場で昼食、横浜や静岡から来たハイカーの皆さんもPhoto_5Dscn5289Photo_6

志下坂峠までの途中の様子です。Dscn5293Photo_7Photo_8           

結構しんどかったが無事下山しました。

Photo_10Photo_9Photo_11   

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「焼肉 東海苑」三島
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「Cafe Olio Motore ~カフェ オーリオ モトーレ~オープン」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 焼き鳥「山笠」
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ