カテゴリー「【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」の10件の記事

2019年12月 9日 (月)

冬の風物詩「しおくずばんば」沼津

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

冬の風物詩「しおくずばんば」が数日前に見られました。地元の方が呼ぶ「しおくずばんば」とは一般的に「海霧」のことで、沼津市の内浦湾では厳冬期に発生します。

78547649_2620982714814013_11565050535199

「しおくず」とは「口野」の辺りを古くから呼んだ地名で「ばんば」が海霧のことを言うそうです。

(シベリアからの寒気団に冷やされた外気に、温かい海水が触れて水蒸気になる現象)

79286322_2620982568147361_84446803442375

海水の温度が比較的高い奥駿河湾で見られるものだが、太陽が昇り外気温が上がると消滅するつかの間の現象なんです。ちなみにこの現象(海霧)を北海道では「ケアラシ」と呼ぶそうだ。 幻想的な風景に真冬の到来を感じるこの地区の風物詩ですね!(大竹さん画像拝借しました)

Dsc_4130

話を聞いてすぐに出かけましたが”しおくずばんば”すでになく静かな海でした。

※毎年この時期の風物詩として箱根西麓の干し大根も画像におさめたいですね!

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

 

2019年12月 6日 (金)

「散歩中に見つけた花々」沼津御用邸近く

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

Dsc_4124

12月4日㈬午後、「Cafégallery珈舎」さんから御用邸公園へ散歩に出かける所で

見つけました「皇帝ダリア」天高く伸びて幾つもの花を咲かせています。

Img_20191205_000244_178

皇帝ダリアは、淡いピンクの花を咲かせるダリアの一種。晩秋の頃に、

空へ向かうように咲いている花はとても美しく、雄大な雰囲気を持っています。

花言葉の「乙女の真心」「乙女の純潔」は、青空に映える、

澄んだピンクの花姿からつけられました。

Dsc_4127

テッセン(鉄線)は、キンポウゲ科センニチソウ属のツル植物。別名「鉄線花」の名の通り頑丈なツルを絡ませながら成長していく姿から、花言葉は「甘い束縛」「縛り付ける」「高潔」などが挙げられます。まるで鉄で作られたかのように強いツルで相手を束縛する、そんなイメージから鉄線花(てっせんか)の別名がついたテッセンですが、花言葉も、鉄線花の別名を連想させるものが多い印象ですね。

Dsc_4131

「島郷の海」沼津御用邸記念公園の前に広がる、汀幅30m、長さ300mの海岸(海水浴場)です。

砂浜が広がり、遠浅で海水浴にもいい場所です。冬の今はウウォーキングや釣り、

海ではウインドサーフィンやカイトサーフィンを楽しむ方が多くいます。

Dsc_4132

御用邸公園の散策コースから生茂った樹々の間に雪をかぶった富士山が

綺麗な姿を見せていました。この周辺は散歩・ウオーキングに最適です。

場所 沼津御用邸公園周辺

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

2018年11月 6日 (火)

「島郷の海」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8567

この日の島郷の海は鏡の様だった。これだけ静かな海は滅多に見られない光景で気持ち迄静かに落ち着いてくる。カヌーの釣り用船が海岸から沖に向かって行く。最近は手漕ぎボートでなく洒落ている。暫く目で追いかけていると沖合には同じようなカヌー仕立てで釣りをしているカヌーが数隻見えた。

Sdsc_8569

海岸の防潮堤を散歩する人も何人か出会う。皆さん姿勢はいいし歩くのが早い。ずっと向うにいたと思ったらすぐ近くまで来てさっとすれ違う~私は「珈舎」さんから海岸まで1000歩もなく時間も15分、でも出来るだけ歩くようにしている。

Sdsc_8568

嵐で打ち上げられた太い木やゴミが未だ海岸にいっぱいある。カラスがその間に入って何かつついているがこんなゴミはいつ取り除かれるんだろう。

Sdsc_8593

沼津御用邸公園「東付属邸」では沼津市茶道連盟秋季茶会が開かれていた。看板には第36回と記され和服姿のご婦人が多数見受けられた。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2017年2月 5日 (日)

「沼津島郷海岸の夕陽が綺麗」沼津

👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村 Sdsc_00114月のような陽気の日でした。丁度17:00島郷海岸の学習院遊泳場の海岸から駿河湾に沈みゆく夕陽を見に出かけてみました。間もなく水平線に沈むグッドタイミング早速カメラにおさめました。Sdsc_0002夕陽に浮かぶ”西郷島”海鵜の住処になっている場所ですが緑の木が無くなっていますね~島ははげ山の様にやたら岩盤が目立ってきています。Sdsc_001717:10分先程より辺りが夕陽に赤く染まってきました。大瀬崎灯台が先に沈む夕日に映し出されシルエットのように見えます。この駿河湾は美しい景色を見せてくれるし、美味しい魚貝を生んでくれるし、スポーツの楽しませてくれる本当にありがとう~!Sdsc_0021水平線の上に雲がかかって来て水平線に沈む夕日は残念ながら撮れませんでした。空には海鵜やカモメが未だ餌を探して飛び回っています。間もなく陽が沈みます~(沼津島郷海岸1月30日撮影)

👈👈Please click.クリックお願いします~
にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

「スカンジナビア号が去り10年」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村 思い出すスカンジナビア号!

S_2沼津市西浦木負に気品ある姿で浮かんでいたフローティングホテルスカンジナビア号が曳航中沈没したのが2006年9月2日。思い出多きスカンジナビア号のこの事故のニュースは残念でしかたなかった。今年で沈没して10年、西浦木負の海岸を通るたびにここに浮かんでいたんだなあ~と思い出す。20060902ホテル営業中の1990年頃には富士山を望め美味しい料理がいただけるなど人気も高く多くのお客さんが訪れていた。私も沼津マリーナからボートでたびたび出かけていた。テレサテンや有名人のショーも数多く見たことを覚えている。2005_06_2とてもいい時代だった~西浦まで来るとこの素晴らしい思い出は今も強く残っている。沼津の大きな魅力は”海”である。この資源に”富士山”や”マリンレジャー””食”が存在する「沼津の三浦は皆に誇れる場所」だと今も思っている。050903ship(スカンジナビア号は1927年スエーデンで「ステラ・ポラリス号」として建造された豪華客船で、戦時中はナチスドイツに接収されたが戦後いち早く復帰し、世界中を航海したクルーズ船。1969年日本に売却され沼津市西浦木負に係留。1970年伊豆箱根鉄道が船名を「スカンジナビア号」に変更しフローティングホテルとして開業し2005年3月31日まで営業された。その後、スウェーデンへ売却が決まり2006年8月31日、曳航される形で木負を出航したが9月2日午前2時頃、和歌山県潮岬沖約3kmの海底72mに沈没した)

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2012年1月10日 (火)

沼津「島郷海岸の夕日」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0003 昨日(1月10日)成人の日は風もなく晴天、この時期にしては穏やかな一日でした。沼津島郷海岸からの夕日は澄み切った西の空に沈んで行くとても美しい夕日でした。Sdsc_0010 沈みゆく夕日の中に漁船が!大瀬崎の灯台が!真っ赤な太陽が一段と印象的な光景です。Sdsc_0014 水平線に太陽が半分沈みました。空と雲がまだ赤みを残してくれています。今日は三男の家族が来ていて来月1歳になる孫娘もこの夕日を拝めたかな。Ssn3j0023 この笑顔は元気はつらつで明るいですね~昨日は太陽を二つ見たようでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2011年6月20日 (月)

沼津の歴史「安政東海地震」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

安政東海地震(1854年)」の被害状況を記録した沼津藩士山崎継述による絵図が沼津市明治史料館にある。沼津市下香貫清水~東島郷辺りで(私の住むこの地の事だけに気になる資料だ)「田地変じて湖水となる」と被害状況が記されている。先日近くの海抜を調べても海の近く(旧御用邸付近等)5m~6mに対しこの地は0,5m~1,5mしかない事は承知していたが~海水が流れ込めば湖が出来るのはうなずける。湖は長さ165m幅110m深さ7^9m、液状化で5mの噴水もあったようだ。今でも豪雨の時など道路は冠水(スーパーピアゴ周辺)し大変だし塚田川はあふれそうになる。湖が出来たのは津波が直接到達したか、この塚田川を逆流し冠水したかのどちらかだ。

Zero110527 想定東海地震の津波浸水域など詳しくは県のホームページで

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2010年11月 5日 (金)

伊豆の国市「パノラマパーク ロープウェイ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中、クリックお願いします~
にほんブログ村

伊豆の国市「パノラマパーク ロープウェイ」

Sdsc_0051 11月4日修善寺からの帰り道あまりに富士山が綺麗なので伊豆長岡温泉のパノラマパーク ロープウェイに乗ってみました。予想通り頂上からはまさに絶景でしたよ~

Sdsc_0035 平日ですが天気も良く観光バスがかなり来ています。標高452mのかつらぎ山の山頂と山麓の全長1,800mをロープウェイで結びます。片道所要時間は約7分。往復大人¥1220 ゴンドラは頻繁に出ていますから待つ事無く乗車できました。

Sdsc_0069 葛城山の頂上一帯が公園になっています。山頂の展望台からは富士山、駿河湾、箱根、天城の山々など、360度の大パノラマの風景が広がります。

Sdsc_0064 この日は富士・静岡・南アルプスまで見えました。(画像は内浦湾の淡島)

Sdsc_0066 山頂には『葛城神社』 『百体地蔵』や『幸せの鐘』等があります。その他、『アスレチック』や『顔出しパネル』もあります。散策に疲れてしまった方にオススメなのが『絶景 富士見の足湯』etc・・山頂の空中公園は見所いっぱいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←ランキング参加中ですクリックよろしくお願いします~

にほんブログ村

2010年10月 7日 (木)

沼津西浦「スカンジナビア号の思いで」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

X3 沼津西浦木負に係留されていたスカンジナビア号。西浦みかんが実る頃ここを走ると思いだします。当時は何度も船に行きました~豪華船だけあってその調度品や美しい船影は忘れられない船ですね。

X263 スカンジナビア号(旧船名・ステラポラリス号=北極星)は1927年(昭和2年)クルーズ専用客船として造られた、今世紀最後のクリッパーバウ型客船ヨット(5,105トン)で、このタイプの船は世界中に当船とデンマーク王室所有ヨットの二隻だけです。巨額を投じ、操船技術の粋を尽くし、ゴージャスな装飾品、家具、調度品を備えた格調高いヨットです。

X233この北欧生まれのヨットは「七つの海の白い女王」と謳われ、今なお西欧の海と船に感心のある人は往時の優雅な姿を思い浮かべ忘れる事の出来ない船です。日本に回航されるまで、スエーデンのマルモ港から、世界中の富豪で限られた人のみ、クルージングツアーの乗船を許可され、バルト海・大西洋・地中海など、西欧海域のリゾート・エリアを二週間から二ヶ月の航程で豪華の旅を続けていたそうです。しかし、残念ながら H17年3月末まで営業していたが英領バージン諸島のクルージング会社「ランティー社」へ売却が決定し修理の為、西伊豆三津浜より錨を上げ中国へえい航の途中、(06.09.02午前2時頃) 串本町の潮岬沖約3km(水深72m)でタグボートでえい航されていたスカンジナビア号は浸水が激しく起こり沈没。思い出に残る貴婦人スカンジナビア号です。

Dsc_0023 スカンジナビア号が停泊していた場所も今は静かです。隣のシーサイドレストラン「海のステージ」には今は無きスカンジナビア号の記念コーナーが有り、スカンジナビア号のファンには最適なお店です。場所 沼津市 西浦. 木負768-9.  TEL055-946- 2801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2009年5月11日 (月)

「沼津アルプス」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村


powered by 地図Z

沼津アルプス

「沼津アルプス」は北から香貫山(193m)横山(183m)徳倉山(256m)鷲頭山(392m)大平山(356m)、国道414号沿い、駿河湾(静浦・内浦)にそって南北に連なる山々最近はかなり有名になり県外から多くの方々が登りに来ている。眺望が素晴らしく富士山や駿河湾が眼下に見渡せ素晴らしい。確かにこのロケーションは人気が高いのもわかる。今回は体力を考え地元では「象山(遠くから見れば象にそっくり)」と呼んでいる「徳倉山」登山にしました。

Dscn5253家の裏山が通称「沼津アルプス」

お誘いがあり久しぶりの山歩きに

行ってみました。子供が小さい時

はハイキングに出かけたものです

Dscn5255が、はて何十年ぶりになるのか~

全く運動していない私、どのくらい

歩けるのでしょうか~心配~

徳倉山(象山)香貫台バス停前から

Photo香貫台登山口迄アスファルト道路を

登っていきます。香貫台は分譲住宅

が立ち並び一番奥が登り口になって

います。いきなり真直ぐの登り坂~

徳倉山までは以下の画像でどうぞ~

(左)途中から沼津港方面が見えます。(中)徳倉山分岐

(右)徳倉山山頂から沼津市街が見渡せます。Photo_2Photo_3Photo_4   

(左)広場で昼食、横浜や静岡から来たハイカーの皆さんもPhoto_5Dscn5289Photo_6

志下坂峠までの途中の様子です。Dscn5293Photo_7Photo_8           

結構しんどかったが無事下山しました。

Photo_10Photo_9Photo_11   

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「むさしの森珈琲」沼津店
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「チョコラータ」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「末広鮨」静岡市清水区
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ