カテゴリー「近郊の【神社】めぐり」の10件の記事

2012年3月29日 (木)

熱海市「伊豆山神社」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0021 古来伊豆大権現、又は走湯大権現、伊豆御宮とも走湯社とも称され、略して伊豆山又は走湯山と呼ばれていたが、明治になって現在の社名に改称された。Sdsc_0006 四季折々の美しい景色を眺めながら境内への長い階段を登ると、社の左右には神木である梛 (ナギ) の木が。災いを浄化する作用があるといわれるこの葉を持つと願い事が必ずかなうという言い伝えがある。Sdsc_0022 役小角や弘法大師など多くの仏教徒や修験者が修行を積んだ霊場で、後白河院皇が御撰した『粱塵秘抄 (リョウジンヒショウ) 』にもそのことが著されていることから、古くから神聖な場所として崇められていたことがわかります。平安時代には源頼朝が源氏の復興を願い、崇拝していたという源頼朝ゆかりの神社である。Sdsc_0033 流人・頼朝は伊豆山権現の住僧覚渕に学び、やがて北条政子と劇的な出会いを果たします。 治承2年の夏、北条政子は親の定めた山木兼隆との縁談を嫌い、婚礼の夜、宴席を抜け出し約七里の道のりを超え、かねて想いを寄せていた伊豆山の頼朝の元へ。 頼朝は政子を逢初橋(あいぞめばし:国道135号)の上で出迎えたと言います。 Sdsc_0018  (上の画像は訪れた二人を必ず結ぶという夫婦神を祀った結明神社)頼朝が鎌倉幕府を開いた後にも、伊豆山神社は源頼朝と政子に崇拝されました。僧兵3800人を有し、絶大な勢力を誇りました。戦国時代は小田原の北条氏により厚く庇護されていましたが豊臣秀吉の小田原征伐で 焼き打ちにあい消失するも徳川の時代に伊豆大権現は再建復興、徳川家康も参拝に訪れています。Sdsc_0003境内には、頼朝と政子が愛を語り合い仲良く座っていたとされる腰掛け石があります。源氏の守護神また縁結びの神として親しまれる伊豆山神社春の例大祭は4月14~16に行われる。神社の石段を約700段降りた広場までの行列、勇壮な御輿のお下りとお上り、神楽神女の舞がなどが行われる。、Sdsc_0024右手の資料館には政子が頼朝のために髪で作った曼荼羅 (マンダラ) が納められています。伊豆山神社の裏山にある白山神社。左手のまっ白な鳥居をくぐり、勾配のある山道を片道20分ほど歩くと静謐な雰囲気の森のなかに突如、大きな岩が連なる場所が。鳥居とご神木、さらにその上には本社があります。
この神社には頼朝を思う政子が手鏡の下に忍ばせ縁が結ばれたナギの葉にちなみ「梛の葉守 (ナギノハモリ) 」という特別なお守りもあります(女性がおナギ、男性がめナギを持つといい)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

2010年1月12日 (火)

沼津楊原神社・大朝神社「厳冬海中みそぎ祭り」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

Dsc_0145沼津市下香貫宮脇の「楊原神社」、下香貫牛臥の「大朝神社」の二社例大祭、我入道海岸での「厳冬海中みそぎ祭り」が今年も1月11日に行われました。

Dsc_0068楊原神社・大朝神社で御祓いを終え、それぞれの神社から出発です。

Dsc_0115シャギリを先頭に神輿が町内を練り歩きます。

Dsc_0131その後二社は合流し我入道海岸にて神事や式典、弓占い、猿田彦による湯立て行事が執り行われ、いよいよ海に向かいます。

Dsc_0139大勢の人並みの中を気合を入れた神男達が大榊(さかき)を飾り付けた御輿を担いで海に入り、1年の豊穣を祈願します。

Dsc_0150浜に上がった神男に祝い水を浴びせ、健康や長寿を祈ります。地元の有志が祭りを復活し年々参加者も増え盛んになっています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2009年3月29日 (日)

沼津近郊の「歴史ある神社4」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社4

延喜式神名帳作成後に創建された神社

1旧県社「日枝神社」平町7-24

Photo 明治六年(1873)に郷社となり、大正十五年(1926)十一月二十五日県社に列せられた。平安時代からの神社で山王社とも称され、人々には山王さんとして親しまれてきた。
この地域一帯は平安時代の末頃には大岡庄と称され、関白藤原師通の領地であった。嘉保2年(1095)、源義綱が比叡山延暦寺の僧を殺害するといった事件があり、これに端を発し、師通は僧たちの呪詛により山王の祟りを受け、38歳で死亡した。師通の母は近江国の日吉神社の分祀を請い、これに大岡庄のうち八町八反を寄進して祀っPhoto_2 たといわれる。これが現在の日枝神社で、明治に至るまで近郷近在22か村の総鎮守の神としてあがめられ、9月24日の御輿渡御は10万石の格式による行列で、壮観であったという。祭神は大山おおやまぐいのみことで、相殿は大蔵神、大己貴神おおなむじである。毎年九月二十九日を例祭日としている。この神は治水をつかさどり、また造酒の神としても崇敬されている。神社には国の重要文化財に指定されている「紙本着色山王霊験記」1巻がある。奥書の冒頭の「弘安11年初春」という文字から、鎌倉時代に制作されたものとされ、作者は不明だが日枝神社の縁起を物語っている。また沼津城主大久保忠佐が奉納した助宗の槍や今川氏、北条氏など同社には古文書類が数多く残されている。

2旧郷社「浅間神社」浅間町4

Photo_3 延暦二十年(801)坂上田村麻呂が東征のときに当国に至り富士山に祈願し、凱旋の帰途に狩野川右岸(今の宮町)に奉斎したといわれている。建仁三年(1203)に今の地に遷座したという。祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)である。祭典は九月十五日で、沼津浅間祭といって遠近に有名である。江戸時代には、当社の神職の官位は従五位下であって、沼津城主水野氏も従五位下で同格であったが祭典の日は神職は領主の上についたという。また大名が参勤交代の時皆当社に参拝神主より武運長Photo_4 久・道中安全の神札を授けるのを例としたという。このように武門武将の崇敬厚く、社領の寄進や社殿の造営がしばしばあった。又祭神が木花開耶姫命であるために、古くから夫人の崇敬も厚く、安産の神として信仰された。大正十二年火災にあったが、のちに御料林の払下げを得て同十五年(1926)に復興した。昭和二十年七月に戦災をこうむったが、同二十三年再建された。

上記10神社以外にも沼津市内には約「121」箇所もの神社が存在しています。今後も個別に調査取材は続けていくつもりです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

2009年3月17日 (火)

沼津近郊の「歴史ある神社3」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社3

4 旧村社「大朝神社」下香貫字山宮前3056

Photo_2 牛臥山北東麓に鎮座する。寛保3年(1743)造営 江戸時代は[山宮][潮留明神」と称していた。古くから山宮と称せられていた。古代はじめてこの付近に上陸して土地を開拓した人たちが、牛臥山の美しい山に神の山としてこれを拝祀したのが当社の起原であつたと思われている。祭祀等が式内の楊原神社と全く共通であり、両社の結びつきが 深い。本来は楊原神社の「奥宮」的なものであったのではないかといわれる。

5 旧村社「玉造神社」黒瀬町6

Photo 狩野川にかかる黒瀬橋(香貫側)のすぐ東にある【玉造神社】今から1000年前に建立され、香貫地区では楊原神社・大朝神社と共に由緒ある神社です。玉造郷は一千年以上の昔 平安朝初期に伊豆と駿河の国境として狩野川の辺り香貫山麓一帯を指し玉造部氏族が住んでいた集落跡と言われています。玉作部は朝廷に貢納する丸玉や服飾用の勾玉管玉等を造る職業的部民で古代において祭祀用には欠くことのできない重要な役割をもった氏族でありました。全国に数少ない玉造郷として諸文献に記載されているとの事です。

6 旧郷社「大瀬神社」西浦江梨大瀬329

Oosezaki21 沼津駅から約28km大瀬崎に鎮座「伊豆国神名帳」に「正四位上瀬の明神」と記された古社で『豆州式社考案』には、式内社・白浪之彌奈阿和命神社として記されており『特選神名牒』などには、式内社・引手力命神社の論社となっている。駿河湾漁民の信仰を一身に集める海の守護神として知られ、船を新造するときは必ず神社に参詣し海上の安全を祈願したといわれる。古くから漁業の様子を描いた絵馬や漁船の模型が数多く奉納され、絵馬は明治から昭和の漁民の暮らしぶりを伝える貴重な資料として静岡県指定文化財となっている。例祭は4月4日に行われ大漁旗や杉、桜の小枝で飾り付けられた漁船が長襦袢を羽織って化粧した青年達が、笛や太鼓のお囃子に合わせ船上で踊る「勇み踊り」は天下の奇祭としてしられる。

7 旧村社「長浜神社」内浦長浜字水揚69

沼津駅から13km内浦長浜に鎮座。旧称を神明社といい官社の位階をしるした神階帳には、正四位上長浜明神とある。神社の鎮座している所を麻ノ坂おのさか、付近の海岸を麻ノ渓おのたにといい、昔は麻が自然に生え、一夜で成長したために、このように称されたと伝えられている。当社は社地が狭いため大正五年(1916)小比叡神社と合併しその地に遷座した。

8 「鮑玉白珠比め命神社あわびたましらたまひめのみことじんじゃ」木負赤崎

西浦木負の赤崎にある。神階帳には従四位上宮玉の明神としるされている。地名の木負は、和名抄にみえる「吉妾郷」に該当すると考えられているが、吉妾は美妻の意味で、この姫神の鎮座から起こったものといっている。社地赤崎の称も明光崎の意味で、此の祭神が容姿艶麗なのによって呼んだものともいわれている。合祀に御嶽神社・境内社に金刀毘羅神社がある。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

2009年3月15日 (日)

沼津近郊の「歴史ある神社2」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社2

1 旧県社「丸子神社」沼津市丸子町→浅間町

Img_0046昔は大きな社で周囲には神楽免・油免・舞台・鳥居田・禰宜の後・宝蔵などの地名があった。市道の町名は丸子神社祭典に市が開かれた事から生まれた。書類は治承・文亀両度の兵火で消失さだかでないが第十代嵩神天皇の御宇国造に詔して丸子神社をこの地に鎮祭し、金山彦命を奉斎す。第十二代景行天皇の御宇、当社に国常立命を合祀す。第六十二代村上天皇の天暦年間天下泰平の祈願あり太刀一口を献ず。建武二年新田義貞の弟脇谷義助勅命にて鎌倉征伐の時、行光の太刀一口を献じ武運長Photo 久を祈願す。以上の如く朝廷の崇敬厚く住古の社領五百三十石、社地八町八反、社家八十六人、社地より二丁ほどの位置に東間門、西間門あり、当社の御門ありし所、市道町は商人の売買叉品物の交易をせし所。天保二年(1831)社殿炎上、明治十年(1877)十一月浅間町の浅間神社に移り二扉一社となった。旧社地は飛び地境内地として御旅所と称している。祭典は9月15日。(画像上段丸子町・下段浅間町)

2 旧郷社「桃沢神社」沼津市青野 

Img_0057本宮(愛鷹山頂)中の宮(宮本)下の宮(青野)の三社をいう。本宮の創建は孝霊天皇元年四月八日、中の宮は創建不詳、下の宮は建久年中に源頼朝が富士の巻狩りの際に勧請創建し愛鷹山一帯の芝地を神領とした。祭神が馬を愛すという事から牡牝の馬九十九頭を献じ、これを牧畜して祭典の料にあてた。以来愛鷹大明神として崇敬されてきた。永禄年中今川義元は神馬に保護を加え神領を寄進した。元亀年中、武田信玄も叉これを受け継ぎ、天正年中徳川家康も今川・武田の例にならって神馬を保護した。これにより牧馬は増殖し、寛政九年(1797)徳川幕府の命により、岩本石見守が牧場を経営し捕馬の牧三箇所を開いた。徳川幕府時代には、社領として除地高九石九斗二升、田畑六反余を有した。明治元年明治天皇が東幸の節、勅使として橋本少将・柳原侍従が当社に登山し幣料を奉納した。下の宮は本宮より三里のところにある。例祭は9月8日に行われている。(画像下の宮)

3 旧郷社「楊原神社」下香貫宮脇

Photo_3 昔の社地は今の楊原であったが、永禄年中、北条・武田の合戦のおり北条兵の為に焼かれ、その後天正年中になって今の社地に移したという。「神名紀」には従一位楊原明神とあり「伊豆山峯紀」に「昔は社人州人、別当八坊あり、両香貫より江の浦まで共に之を祭祀す」としるしてある。今は上・下香貫及び我入道の鎮守である。口碑によると、住吉明神大であった時代には、神領五百石を有し、社家三十余家があったという。又今の馬場の人家は、多く社家の子孫であるともいわれる。また馬場を今「ばんば」といPhoto_4 うが、ここは神馬・流鏑馬等の馬場であったことを地名によって知る事ができる。また境内には八幡神社・津島神社・吉田神社などがあり社域には古来樹木が繁茂し、古社地をなしていたが昭和二十年の戦災で跡形もなく焼けてしまった。文政三年頃堀を掘ったところ甕が出土した。また駿河国造の一族物部氏の墓誌が出たともいう。例祭は真冬の1月、楊原神社・大朝神社共同で行われる。両社の神輿が大朝神社近くの我入道浜に渡御し、神輿をかついだまま海の中に入る「御輿洗い の儀」が行われる。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

2009年3月11日 (水)

沼津近郊の「歴史ある神社1」

ブログランキング・にほんブログ村へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社1

近郊の神社も数多く訪れましたが「日本の神社の格式、歴史や由緒」が我々素人には良くわかりませんね。まずはそのあたりの理解をする為に~

1 明治~戦前の社格の最高位、官幣大社であった。2 二十二社、特に上七社であった。3 延喜式に記された式内社の最高位、明神大社であった。4 現在の社格のようなものである別表神社である。5 律令国の一宮であった。6 四方拝の対象となる神社である。以上の要素があげられるという。これらを踏まえると日本の神社の格式の高い所は以下のようになるらしい。1 伊勢神宮 2 出雲大社 3 上加茂神社 4 下鴨神社 5 宇佐神宮6 石清水八幡宮 7 熱田神宮 8 伏見稲荷大社 9 春日大社 10 住吉大社・松尾大社日吉大社・八坂神社・諏訪大社・富士山本宮浅間大社・日前神宮・國懸神宮・氷川神社・鹿島神宮・香取神宮

延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)」延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」とされていた全国の神社一覧である。延喜式神名帳に記載された神社を、「延喜式の内に記載された神社」の意味で延喜式内社、または単に式内社(しきないしゃ)、式社(しきしゃ)といい、一種の社格となっている。

近郊であげられる式内明神大社は、駿河国「富士山本宮浅間大社富士宮」伊豆国加茂郡「三島大社三島」「伊古奈比め命神社下田」「物忌奈命神社若宮神社」「阿波命神社神津島」伊豆国楊原神社沼津」である。式内社明神小は「丸子神社」「桃沢神社」「楊原神社」「大朝神社」「玉造神社」あげられる。

延喜式神名帳に載っている沼津市の神社

1旧県社「丸子神社」

2旧郷社「桃沢神社」

3旧郷社「楊原神社」

4旧村社「大朝神社」

5旧村社「玉造神社」

6旧郷社「大瀬神社」

7旧村社「長浜神社」

8「鮑玉白珠比め命神社あわびたましらたまひめのみことじんじゃ」木負赤崎

延喜式神名帳作成後に創建された神社

1旧県社「日枝神社」

2旧郷社「浅間神社」

上記神社を巡ってみましょう~

ブログランキング・にほんブログ村へクリックどうぞ
にほんブログ村

2008年3月17日 (月)

沼津近郊の【神社】②

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

沼津【楊原神社

Img_0313 創建時期は定かではない。当初は現在地より東南東に500メートルほど離れた、現在の沼津市楊原の地にあった。牛臥山の麓の大朝神社(沼津市下香貫牛臥)と共同で例祭を行うなど密接な関係にあることから、大朝神社が奥宮、楊原神社が里宮という関係にあったものと見られる。すなわち、牛臥山の麓に住んでいた人々の一部が楊原の地を開拓して移り住Img_0314 み、その地に牛臥山の遙拝所を設け、参拝者が増えたことから社殿を設けて【楊原神社】となったということである。上香貫・下香貫・我入道の総鎮守とされ、古くは大宮大明神、または香貫大明神とも呼ばれていた。

国史の初見は、『日本三代実録』貞観元年1月17日条の従五位上の神階Img_0339 を授けられたという記述である。延喜式神名帳で伊豆国田方郡唯一の大社(名神大社)に列せられている。『伊豆国神階帳』では「従一位やきわらの明神」と記されている。

最盛期には五百石を寄進され、社家が30余りあったといわれる。戦国時Img_0336 代に兵禍に遭って社殿ほかを焼失し、天正18年(1590年)、現在地に再建・遷座された。明治8年2月に郷社に列した。

例祭は真冬の1月、楊原神社・大朝神社共同で行われる。両社の神輿が大朝神社近くの我入道浜に渡御し、神輿をかついだまま海の中に入るImg_0315「御輿洗い の儀」が行われる。

場所 静岡県沼津市下香貫宮脇335

沼津【住吉神社Dscn0155_2

県の無形民俗文化財である伝統の儀式「水祝儀」江戸時代中期から伝わるという行事は、前年までに結婚した花婿と保証人に当たる「添婿(そえむこ)」が、青年会や自治会役員と御神酒を酌み交わし、花婿が一人前と認められると、古来からの「祭礼歌舞(さいれいかぶ)」が境内で始まります。
 

Dscn0156この踊りは、長じゅばん姿にひょっとこのお面をつけた青年たちが、花婿を囲んで輪を作り、祝い歌に合わせて踊ります。
最後は、踊り終えた青年達が石段の上で水の入った樽やバケツを構 え、下に陣取る花婿と添婿を呼んで「いらっしゃい」「さあさあ早く」とけしかけ、花婿たちも階段を駆け上がっては引き下がり青年達を繰り返し挑発します。花婿と添婿全員が石段を登ったタイミングを見計らって、青年達が一斉に樽の水を浴びせ祝います。    場所 沼津市江の浦

Dscn0157

2008年3月15日 (土)

沼津近郊の【神社】①

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

Photo_2 沼津【浅間神社】地元では浅間さんと親しまれ、七五三・初宮参りなどの祈祷や例祭・夏越大祓式・初詣・節分祭など、多くの参拝者で賑わいます。 「木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)」をお祀りすることから、境内には桜の木が目立ち、2月下旬に開花する早咲きの桜は参拝者を驚かせます。古くより縁結び・安産の神として篤く信仰され、結婚式を始Img_0407 め人生儀礼のお参りが多いです。同じ社には延喜式内社「丸子神社」も祀られ、剣・鏡・鍬など、鉄工芸の守護神「金山彦尊(かなやまひこのみこと)」を祀っています。例祭(9月15日)・夏越大祓式(6月30日)・初詣・節分祭には多くの参拝者で賑わいます。

Photo_3 【清水町・八幡はちまん神社秋葉神社】この土地に秋葉神社が建てられた年代は定かではない。秋葉神社に関する古文書によると、湧水が出た土地を秋葉講で買い、秋葉大権現を山地から降ろし、秋葉神社が作られたと言う。その後天明年中(一七八一年~一七八八年)より、清水町一統の氏神となった。と書かれていることから、秋葉神社は、約二百年以上前からこの町にあっPhoto_4 たことになる明治初年の神仏分離によって廃寺となった徳倉にあった秋葉山法久寺(真言宗)の行事を継承する護摩供養の祈祷が八幡神社相殿に併しされている【秋葉神社】で一月中旬に行われる。画像手前には相撲の土俵が整備されていました。場所 清水町下徳倉

Photo_5 沼津【我入道・八幡神社】由緒、創立は詳かでない。狩野川の河口に御鎮座しているため、海上安全・大漁満足の御利益を御祈願し、海の守り神として祀られている。我入道の総鎮守・氏神さまとして地域の安泰と発展の為また氏子住民の家内安全・生業繁盛の為に厚い崇敬を集めている。九月一日例祭日 場所 沼津市我入道浜町

Photo_6大朝神社】沼津牛臥山北東麓に鎮座する。寛保3年(1743)造営 江戸時代は[山宮][潮留明神」と称していた。古くから山宮と称せられていた。古代はじめてこの付近に上陸して土地を開拓した人たちが、牛臥山の美しい山に神の山としてこれを拝祀したのが当社の起原であつたと思われている。祭祀等が式内の楊原神社と全く共通であり、両社の結びつきがPhoto_7 深い。本来は楊原神社の「奥宮」的なものであったのではないかといわれる。場所 静岡県沼津市下香貫字山宮前3056

Photo_8 沼津【玉造神社】沼津市の狩野川にかかる黒瀬橋(香貫側)のすぐ東にある【玉造神社】今から1000年前に建立され、香貫地区では楊原神社・大朝神社と共に由緒ある神社です。玉造郷は一千年以上の昔 平安朝初期に伊豆と駿河の国境として狩野川の辺り香貫山麓一帯を指し玉造部氏族が住んでいた集落跡と言われています。玉作部は朝廷に貢納する丸玉や服飾用の勾玉管玉等を造る職業的部民で古代において祭祀用には欠くことのできない重要な役割をもった氏族でありました。全国に数少ない玉造郷として諸文献に記載されているとの事です。場所 沼津市黒瀬町

Img_0869 沼津【穂見神社】興国寺城祉内北条氏碑横に有る【穂見神社】本丸の中心に有ったと思われる。興国寺城・・・興国、まさに国を興した城であるといえるだろう。後の戦国大名北条氏はこの城をもってスタートするのである。文明8年(1486)、駿河今川家の当主義忠が戦死した後の跡目争いから内紛が勃発しようとしていた。義忠の嫡子竜王丸(後の氏親)はまだ幼Img_0870 く、一族の実力者でもあった小鹿範満が、家督を奪おうとしていたのである。義忠の正室で竜王丸の母でもある北側殿の兄にあたる人物が、都から下国してきていた伊勢新九郎長氏であった。彼は北川殿を支えて、この内紛をまとめ、竜王丸を家督につけることに成功した。その功績によって与えられたのがこの興国寺城であった。この伊勢新九郎こそが後の北条Img_0865 早雲である。場所 沼津市井出

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

2008年3月 9日 (日)

【三島大社】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

Misimataisya 【三島大社】創建の時は不明であるが、古くより三島の地に御鎮座し、奈良・平安時代の古書にも記録が残ります。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、名神大に列格されました。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなりました。

Img_0760 頼朝旗揚げ成功以来、武門武将の崇敬篤く、又、東海道に面し、伊豆地方の玄関口として下田街道の起点に位置し、伊豆国 一宮として三嶋大明神の称は広く天下に広まっていきました。頼朝の妻、北条政子の奉納と伝えられる 国宝「梅蒔絵手箱 及び 内容品 一具」は、当時の最高技術を結集させたものとして知られています。平成12年には、御本殿が重要文Img_0761 化財に指定され、当社の文化的価値の高さも再認識されています。

~国指定文化財~
    国  宝  「梅蒔絵手箱」
    重要文化財「太刀 銘 宗忠」
    重要文化財「脇指 銘   相模国住秋義」
    重要文化財「紙本墨書般若心経 源頼家筆 建仁三年八月十日
    重要文化財「三嶋大社矢田部家文書」592点
    重要文化財「三嶋大社本殿、幣殿並びに拝殿」(建造物)
    天然記念物「三嶋大社の金木犀」

~静岡県指定文化財~
    「三嶋本日本書紀」    (国指定 重要美術品)
    「田祭・御田打ち神事」 (無形民俗文化財 神事・民俗芸能

~三島市指定文化財~
    「舞殿」 (建造物)
    「神門」 (建造物)
    「三嶋大社の社叢」 (神社の森)
    「三四呂人形」 2躯(はなこさん・春日団らん)

Img_0757 Img_0752 Img_0758 Img_0755

2008年2月25日 (月)

沼津【日枝神社】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

沼津【日枝神社】は平安時代からの神社で山王社とも称

され、人々には山王さんとして親しまれてきた。平安時代

から鎌倉時代にかけて、沼津周辺は、大岡荘、金岡荘、

阿野荘、三津荘など藤原氏の荘園になっていた。

Img_1493[大岡荘の荘官であった牧氏は武士となり、牧宗親は

源平両氏に仕えた。宗親の娘、牧の方は北条時政の

夫人となったが、鎌倉幕府の内部抗争に破れて滅亡

した。阿野荘を治めていた阿野全成(義経の兄)も

同様に北条に敗れている].

関白藤原師通の領地であった大岡荘は、嘉保2年(1095)、

源義綱が比叡山延暦寺の僧を殺害するという事件があり、

これに端を発し、師通は僧たちの呪詛により山王の祟りを

受け、38歳で死亡した。師通の母は近江国の日吉神社の

分祀を請い、これに大岡庄のうち八町八反を寄進して祀っ

たといわれる。これが現在の日枝神社で、明治に至るまで

近郷近在22か村の総鎮守の神としてあがめられ、9月24

日の御輿渡御は10万石の格式による行列で、壮観であっ

たという。

Img_1485神社には国の重要文化財に指定されている

「紙本着色山王霊験記」1巻がある。奥書の

冒頭の「弘安11年初春」という文字から、

鎌倉時代に制作されたものとされ、作者は

不明だが日枝神社の縁起を物語っている。同社には古文

書類が数多く残されている。又境内には芭蕉の句碑がある。   

場所 沼津市平町7-24

     合格祈願の絵馬         芭蕉の句碑

Img_1488

Img_1487

Img_1492

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • Osteria「Casa di ranaカーサ・ディ・ラナ 」清水町
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 「ごはんや 里庵りあん」函南
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています

神社・史跡

  • 沼津 旧県社「丸子神社」
    沼津近郊の神社・史跡の紹介

にほんブログ村

  • にほんブログ村

静岡プログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ