カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の70件の記事

2019年6月22日 (土)

2018年の1年間で、日本人は「44万人」も減少

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

190610jinko00_o

1年間で44万人が減少

厚生労働省は人口動態統計(概数)を発表しました。

2018年の日本人の「出生数」は「91万8,397人」でした。

一方、「死亡数」は「136万2,482人」です。

死亡数から出生数を引いた自然増減数は「44万4,085人」でした。

2018年の1年間で、日本人は44万人も減ったことになります。

 

190610jinko01_o

 

出生数は戦後最小

2018年の出生数は「91万8,397人」で、これは前年よりも2万7千人減少しています。

過去をみても、1947年(昭和22年)以降で最小です。人口千人当たりの出生数は「7.4」で、

前年よりも低下しました。計算上、1人の女性が一生の間に生むとしたときの

子供の数である「合計特殊出生率」は「1.42」で、これも前年から下がりました。

死亡数は戦後最多

2018年の死亡数は「136万2,482人」で、前年よりも2万2千人増加しています。

こちらは、1947年以降で最多です。

人口千人当たりの死亡率は「11.0」で、前年よりも上昇しました。

人口減少の傾向

今回発表された人口統計の数字は「概数」で、最終的な確定数は12月に公開されます。

しかし、現在の段階でも「出生数」と「死亡数」については、戦後を通じてみても危機的な

数値となっています。2005年に、死亡数が出生数を超えて以来、人口減少の時期に

入っていますが、2018年はその傾向がはっきりと表れた一年でした。

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

2019年6月16日 (日)

梅雨時の花々が綺麗!

⇐Clickクリックノヨロシク!(ランキング参加中)
にほんブログ村

S20190602_15080511

散歩していると綺麗な花々が目につくんです。思わず近くに寄ってパチリ

黄色のバラがあまりに美しい!

S8020591922

梅雨の時期はやはり「アジサイの花」ですね~

S20190602_1508591

繊細で美しくもあり奥深い花、クレマチスの花も目立つ存在です。

S20190602_1508381

年齢を重ねるにつれ目につく所が変化しているのかもしれません。

仕事に追われ時間に追われていた頃と目の中に入ってくる景色も変わって来るんですね!

S20190602_1506551

 花は奇麗ですが昨今暗いニュースが多いですね~

 

⇐Clickクリックノヨロシク!(ランキング参加中)
にほんブログ村

 

 

 

2019年5月23日 (木)

2019“平成最後”「サラリーマン川柳」大賞決定

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

第一生命保険は23日、昨年9月から10月にかけて、全国の幅広い世代を対象に募集した、

第32回『第一生命サラリーマン川柳コンクール』の中から選ばれたベスト10を発表した。

      ■第32回サラ川優秀ベスト10決定作品   (雅号/年代/性別)票数
      

      1位『五時過ぎた カモンベイビー USAばらし』(盆踊り/60代/女性):3446票

      2位『いい数字 出るまで測る 血圧計』(とん吉/80代/男性):3235票

      3位『メルカリで 妻が売るのは 俺の物』(島根のぽん太/50代/女性)3032票

      4位『ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし』(リトルプー/40代/男性)2956票

      5位『「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声』(べごちゃん/不明)2468票

      6位『やっと縁 切れた上司が 再雇用』(アカエタカ/60代/男性)2195票

      7位『手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち』(忘却の人/20代/男性)2113票

      8位『下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん』(のあ/20代/男性)2077票

      9位『U・S・A 流行りにのれない まあいっさ』(しん/20代/男性)2051票

      10位『叱っても 褒めても返事は 『ヤバイッス!』(国語辞典/70代/男性)2040票

⇐Clickクリックお願いします~(ランキング参加中)
にほんブログ村

2019年3月14日 (木)

「別れは人生につきもの」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村  

今朝ウグイスの初鳴きを聞いた。モクレンやコブシの花も咲き始めました。1年が経つと又巡り合えるのが自然の営み。ただ人生の別れはそうもいかない。

Acd6ed3c0793bbb4317eb49772aadc88205
人生経験が長くなると否応なしにたくさんの「わかれ」の場面に遭遇する。いずれもが「悲しい」がつきもので親、子供、パートナー、友達・・・・・大事なものとの別れはある時自然にやって来る。家族や仲のいい同級生、友人、ずっと自分の近くにいるものだと思いきや、実際のところ一時的な神様からの預け物かもしれません。

41ihxkqs8cl__sx343_bo1204203200_

わかれで一番きついのは最愛の人との死別、そして大事にな相手との離別であり顕著なのが恋愛関係。どれだけ強く惹かれあっていてもお互いを幸せにできなかったりして大好きな人を手放す人生で最もハードなチャレンジです。

Shutterstock_257230636
辛い事ですが、周りの意見に左右されずに、自分が望む状態に意識を向けることなのかもしれません。人生で培ってきた強さも必要なんでしょう。まずは相手と知り合った事、一緒にいた時間に感謝しましょう。愛する相手がより幸せになれる様に手放すことも「愛」なんですね。

春の彼岸は3月18日~24日お彼岸の期間は先祖への感謝の一方で自身を反省する修行の機会とも言われます。感謝や縁を感じる時間として過ごしてみたいものです。

人間変わる為には取り巻く環境を大きく変えるのも大事。最愛の人の死や別れ辛いですが乗り超えるのは当事者しかないようです。

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年2月18日 (月)

「久しぶりに静岡に」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_000001
昨日久しぶりに静岡まで出かけた。パルシェで美術品の無料鑑定があると新聞に掲載されていたので以前から価値を知りたかった絵画などの写真を持って行き見ていただいた。

Sdsc_0428
日曜の昼過ぎだが5両編成の始発電車は結構混んでいる。JR東海の東海道線はグリーン車が無いとか長椅子の見合い電車だと初めて知った。これでは駅弁も食べられない!

Sdsc_0433
静岡駅は新幹線主要駅でもあり駅ビルも大きく人も多い。沼津駅との余りの差に驚く。人の流れも生きているし動きが早い。

Sdsc_000001_3
パルシェエレべーターから駅前を見るとこの画像での変化は以前と余り違わない。会議室で行われている鑑定会場は3時予約で他に来客はなく30分で終了。美術品の評価は随分低かった。

Sdsc_0437
静岡の駅前は都会だ!地下街もあってさすが県庁所在地。

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月26日 (土)

「世界各国の葬儀」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

身内の葬儀を経験する中、日本と世界各国の葬儀の違いを知りたくなった。葬儀の形は死生観や宗教観が大きく影響しています。

800px1

「日本」の一般的仏式葬儀では通夜という葬儀の前夜祭がある。家族が寝ずの番をして線香の日を絶やさない魔除けの意味合いや火葬場に向かう道と帰り道は同じ道を通らない、遺体の上に魔除けの刃物を置く、等の風習がある。告別式は友引を避ける。葬儀費用は平均231万円位

Big_102218

「韓国」の葬儀は、霊魂をあの世へ無事に送り届ける家払いという儀式を死後に行います。葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ずっと行われます。また、3ヶ月後と6ヶ月後にみこ祭という供養をして死者を送り届ける葬儀が一般的でした。しかし都市部での経済的な理由や住宅の問題から、自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。現在では簡略化された火葬での葬儀が主流になっているようです。葬儀費用は平均37万3千円

Img_605521_34931795_5

「アメリカ」の葬儀には、悲しみの中にも神の御許に召された故人の新たな旅立ちをむしろ祝う位の雰囲気があります。お通夜に変わるVisitation,葬式は内輪で行う事が多いようです。また、土葬が殆どでしたが時代と共に火葬する割合がとても増えてきています。サラサラの灰の状態になるまで遺体を焼いて散骨することも少なくないようです。葬儀費用の平均額は 45万円ほど。キリスト教でも様々な宗派があるので、地域や宗派によって異なるようです。

Img_59040_609023_0

「イギリス」では、どちらかと言うと、ごく親しい少人数の葬儀が中心です。それは、死はあくまでもプライベートなことであり、愛する者を失った悲しみは各人が心の中で噛みしめるものであるという考え方が、伝統的にあるからだとも言われています。葬儀は、死後、数日から10日ほど経った頃、火葬場に併設されたチャペルや教会、または故人が信仰した宗教の寺院などで執り行われます。火葬率は英国70%であり、日本のように遺骨の形を残さず粉末状になるまで完全に燃焼させるこの火葬方法が一般的です。遺灰は公園墓地や自宅の庭、故人の思い出の場所にまかれる緑の埋葬、日本で言うところの樹木葬も多く見られます。葬儀の平均費用は イギリス12万円となっているとのこと。

「デンマーク」の火葬率は45%となっています。また、所得税55%の高さや消費税25%という税率ですが、ゆりかごから墓場まで国がしっかりと社会保障してくれているので葬式無料。

調べていくと国それぞれ、宗教が深く係わっている事がわかります。亡くなった身内を「誠心誠意」送る事が出来れば葬儀の形式はこだわらなくてもいいのかもしれません.(※資料は数年前調べたもので現在と差異が生じている可能性もあります)

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月 2日 (水)

「我が家の家紋」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sealya_z68t1xth5z

「我家の家紋・丸に違い鷹の羽」

あまり日常気にはしない”家紋”仏壇の上にしっかりと記されているのを見て調べてみたく成った。”丸に違い鷹の羽”という名の様だ。

家紋辞典によると「鷹の羽たかのは」とは日本十大紋のひとつ。鷹は太古から人間と関わりを深く持っていたようです。その美しい姿、雄々しい振る舞いはもちろんのこと、鷹狩りでご存じのように人間と感情をかわすことができる唯一の猛禽類だからでしょう。古来より武家にはとても人気のあるシンボルだったようで、武礼の被り物に鷹の羽を差すなどの習慣もあったようです。江戸時代にはじつに120家の大名旗本が、この鷹の羽紋を用いています。凄い人気ですね。当然デザインのバリエーションもたくさんのものが見られます。鷹の紋とはいえ、鷹をそのまま描いたというものはありません。すべて鷹の羽でシンボリックに表現しています。人気のあるものは羽根を交差させた違い鷹の羽系です。少し勉強になりました!

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2018年11月26日 (月)

「恒例、西浦でミカン狩り」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_0084
家族で恒例西浦でのミカン狩りに出掛けました。毎年お世話になっている友人のみかん園、今年は昨年に比べ豊作の様で黄色に色付いたみかんがたわわに実っています。

Sdsc_0092
お天気も例年にない晴天に恵まれた日のみかん狩りになりました。空と海の青さにみかんの黄色、白い富士山もったいないくらいのいい天気!楽しみにしていたたくさんのみかんに孫達もはしゃぎぱなしです。

Sdsc_0083
今年は色々なみかんが鈴なり状態、この”はるみオレンジ”もこれから甘くなって食べ頃は年明けとか~

Sdsc_0115
デコポンもたくさん実をつけていました。これも食べ頃はもう少し後になるようです。

Sdsc_0103
この木のみかんが甘いという事で皆がその木の周辺に集まって来ました。1つ食べてみましたが確かに甘い。

Sdsc_0111
野球好きな小1の孫もサウスポーの投手の真似をしています。もうじき少年野球団に入るのを楽しみにしているようです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年11月24日 (土)

「家族でバーベキュー」熱海

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_9111

三男のマンションに集合し今日はバーベキューでした。マンションの1階には大きなクリスマスツリーが飾られています。

Sdsc_9105

孫も5人が揃って賑やかです。奥様方はコストコで買って来た材料の下準備です。爺さんは市場の友人が買ってくれたホタテ貝、サンマ、ちくわを電車で運んできました。

Sdsc_9112

1階の庭に立派なバーべキュ―コーナーがあり息子たちが手慣れた作業で準備中です。少し寒さも気になり午後3時から5時迄の予約にしたそうです。

Sdsc_9116

炭もおきてきていよいよバーベキューの始まりです。焼き係は男の仕事の様で頑張ってやってくれました。

Sdsc_9117

まずはお肉からと言う事で「タン」から焼いてくれました。これが厚くて柔らかで美味しい!コストコのお肉って美味しいですね~トマトやロメインレタス等も売れ行き好調で無くなりました。

Sdsc_9119
孫が何とかアメリカという音楽に合わせて踊りだしました。しぐさを見ているとだいぶ慣れているし流行りの歌と踊りなんでしょうね~海老、そしてサンマや生帆立も美味しかった~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月31日 (水)

「家の前の下水工事」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8514

10月9日から始まり11月19日迄続く家の前の下水道工事、車は駐車出来ず近くの幼稚園跡地の仮駐車場に置かねばならず不便している。配管を通す為結構深く掘るんですね~中に人がいるんですよ~

Sdsc_8516
昨日から我が家の真ん前を掘っています。朝から重機の音がし目覚まし代わりになっています。配管は枝管の様で工事する人も数人、土をトラックで運び出し、車が戻ると掘削再開し夕方迄続きます。

Sdsc_8515
ダンプに積まれた土の良さにビックリ、ここの土地はしっかりした土壌の様で工事をしている監督さんもここなら液状化など絶対ないですね~と言っていた。掘削した土がこれほどいいのは貴重な場所ですね!

Sdsc_8513
早い所終わって欲しいです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

訪問者カウンター

「美味い店」

  • S20190430_183645_1
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • Sdsc_1005
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ