カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の69件の記事

2018年1月31日 (水)

「庭に来る鳥」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

寒いこの時期になると庭に色々な野鳥がやってくる。勿論餌が目当てでミカンの好きな「メジロ」を始めヒマワリの種が好きな「シジュウカラ」「ウグイス」と見ていても楽しい。

Mejiro3_1

「メジロ」最近はみかんを持って外に出るとすぐ近くまで飛んでくる。結構人懐っこい鳥だ。いつも2匹がペアーで仲がいい。愛くるしい顔がとても可愛い。

Photo_2

「ウグイス」春告げ鳥と言われ初鳴きは「初音」といい春が来たことを知らせる日本人には親しみのある鳥だ。用心深くてなかなか目につく所に出てこない。今は未だ小枝の茂る枝の中を素早い動きで飛ぶ姿をちらっと見受ける程度。

5t8a5170

「シジュウカラ」ヒマワリの種が好きな鳥です。ヤマガラも同じ餌を好みますが今年は未だ見かけません。シジュウカラはエサをくちばしで取るとすぐに飛び立ち、自分の落ち着く所で食べます。自分より体の小さいスズメやメジロにも負けてしまう、ちょっと気の弱い鳥。一昨年孫が作った巣箱を掛けましたが未だ未入居です。

Photo_3

「アオジ」一見スズメと間違います。そのくらいよく似ている鳥です。淡い黄色と緑色に黒い縁取りの翼を持つアオジは、自然に溶け込むのが上手です。その 個体数は少なく、日本のいくつかの県では絶滅の懸念があるとされています。

Photo_4

「ジュウビタキ」滅多に見ない鳥ですが今年は数回庭にやって来たのを見る事が出来ました。翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。 全長:15cm 根雪のない地域に飛来。  林の周辺、河川敷、市街地の空き地など、やや開けた環境を好み、1羽でいる。

他にも「スズメの家族」「キジバト」「ムクドリ」「ヒヨドリ」など結構やって来ます。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

「ラブライブ!マンホール!! 」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

まだまだ続く「ラブライブ人気」Kontake1607966_180116lovelive01

ソニー企業が沼津市全面協力のもと、沼津市内に人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の図柄入りマンホール設置に乗り出す。インターネットで小口資金を募るクラウドファンディング(CF)はわずか2日間で目標額22,170,000を達成した

Kontake1607966_180116lovelive03
今回のクラウドファンディングは、新たな観光資源を創出して市内の回遊性の向上を図る、「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト」として実施されるもの。このマンホールが設置されている場所は、アニメ聖地巡礼アプリ「舞台めぐり」の観光スポットに追加される予定。Numadusi10

※「従来のマンホール蓋の一例」戸田港からの眺望をデザインしています。帆船は日本初の本格的洋式帆船「ヘダ号」で、 沈没したロシアの船ディアナ号の乗員の為に建造された船です。他にも「浜木綿松・駿河湾・富士山」「井田のときめきの丘」等があるそうです。

Dpxyk5sx0aiv0atテレビアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」レンタカー公式が、Aqoursメンバーやタイトルロゴを大きくラッピングしたレンタカーを日産レンタカー沼津駅前店で開始すると発表しました。いわゆる“痛車”なデザインとなっており、レンタカーとは思えぬ大胆さです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年1月 1日 (月)

「2018地元神社に初詣」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 今日2018箱根駅伝スタート!

2018年新年初詣は今年も「楊原」神社へ。かつては上香貫村・下香貫村・善太夫神田・我入道を氏子区域とし、古くは「大宮大明神」「香貫大明神」「松彦大明神」とも呼ばれていたという。戦国時代に北条氏・武田氏の兵火に遭って社殿ほかを焼失し、天正18年(1590年)現在地に再建・遷座されたという

Sdsc_4009
3年前から初詣は0:00に行くのではなく日中暖かくなってから出掛けています。地元神社には小学校の4年生から紅白が終了すると出掛けて0:00前には並んでいました。楊原という地名は楊原神社にあやかって付けられた地名といいます。

Sdsc_4011
初詣に出掛けるのは毎年欠かさず行っています。スキーや旅行などで元旦に行けない時は旅行から帰ってから行っていたのでかなり昔からになります。この間雨の記憶は無く、風の強い日や雪が舞った日は有りました。例祭は楊原神社・大朝神社共同で行われる。両社の神輿が大朝神社近くの我入道浜に渡御し、神輿をかついだまま海の中に入る「御輿洗いの儀」が行われる。

Sdsc_4015

楊原神社の右手に鎮座す「吉田神社」安政5年(1858年)の疫病流行において、その退散を願い京都の吉田神社から勧請された。

Sdsc_4013

「吉田神社」は当初は下香貫の掃除ヶ峰に祀られていたが、明治28年(1895年)に当社境内に移された。例祭は10月14日。

Sdsc_4016

御神木、梛の木の「椰なぎの葉」は、横に裂けないことから「愛のお守り」として、また、「家族平穏のお守り」として功徳があるという。源頼朝と北条政子は、変らぬ愛の証として、伊豆山神社の御神 木の「椰なぎの葉」を持っていたといわれている。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2017年11月29日 (水)

「ららぽーと沼津」2019年秋開業

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

先日発表された「ららぽーと沼津」2019年秋開業は久々の嬉しいニュースです。これに加え原・浮島地区の道の駅設置構想に合わせて、2万人収容の複合型スタジアムやJR東海道線新駅整備などを盛り込んだ「原・浮島地区まちづくり構想」が実現出来たら益々楽しみですね!

171106mitsui01

三井不動産は、静岡県沼津市に広域型ショッピングセンター「(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津」を2019年秋に開業する。09年開業のららぽーと磐田(静岡県)、18年秋開業予定の(仮称)ららぽーと名古屋港明(愛知県)に続く東海地区3番目のららぽーとになる。

81c84d9af906c5b19f64373e95c45b2a
開発地は南側が国道1号線、北側が金岡浮島線と接し、東名高速道路と新東名高速道路のスマートインターチェンジにも近く、広域からの集客が見込める好立地になる。

80c6c1073bdabe5e6e8cca2e017465bc

営業面積や店舗数は発表されていないが、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設などを誘致し、30~40代のファミリー層からヤング、シニアまで幅広い客が楽しめるようにする。敷地内は3カ所、計約5000平方メートルの緑地を整備し、地域と連携したイベントなどを開く。出店店舗数は200店舗を想定しているそうです。

D2f5a4ea931a259f5be61082fadc565d

2017年3月31日(金)に都市計画変更が実施されて(上の周辺地図の青い点線部分)この一帯の約30ヘクタールが市街化編入されて商業施設新設が可能になりました。

沼津市の中心市街地から近くて国道1号線(沼津バイパス)沿いと大変便利な立地です。敷地面積:約121,300平方メートル(約36,600坪)延床面積:約172,000平方メートル(約52,000坪)※立体駐車場棟含むかなりの広さです。設計・施工:株式会社大林組 

所在地:静岡県沼津市東椎路字川向44番1他

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年10月11日 (水)

「金木犀の香りが~沖縄のMさんから嬉しい電話」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0578

窓を開けると金木犀のいい香りが漂ってきます。思わず深呼吸していたら電話です。沖縄でゴルフカーやランドカーを一手に販売している昔の同僚M社長さんからでした。懐かしさもありついつい大声で話してしまいました。ゴルフ場に商談に行く途中との事、又沖縄行きたくなりました~お互い元気でやりましょう!

Sdsc_0579

気のせいか今年の金木犀の香りは例年より強く感じます。夕方から夜になっても気温が高く窓を開けているせいでしょうか~

Sdsc_0580

正月の花”千両”の実も少し色づいてきました。今年は赤や黄色の千両がたくさん咲きそうです。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_2906
今月も粗大ごみ市役所に頼み引き取りに来てもらいました。外に置いてあった植木鉢の棚や戸棚に有った和テーブル、物干しざお、玄関の鉄製手摺など5点運んでもらいました~助かります。

2017年10月 1日 (日)

「200万(PV)アクセス達成! 」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村  「200万(PV)アクセス達成!」

Qju9wixj

2007年10月28日、ちょっとしたきっかけで始めた「龍さんのブログ」も間もなく11年目に入ります。今日2017年10月1日の16:00なんと「200万PVを達成しました!」自分ながら驚きです。ブログを書いていると趣味の世界が広がったり、友達ができたり、喜んでもらったり、老化防止になったり楽しんで書き込んできた思い出深い10年です(画像ハワイオアフ島)

≪スタートから今迄の経過≫

Sdsc_0125
〇「2007年10月28日ブログ開始」 この年は年金記録漏れや政治と金で迷走永田町、大臣自殺など この年の漢字は「偽」でした(3回目の韓国旅行)

【最初は何を書いたらいいのか大変でした~「狩野川にかかる橋」でも写真に撮ってみたらと言われ携帯電話のカメラに撮っていました。建設省の資料や事務所に伺い工事の経緯など聞いた覚えがあります。でも当時の携帯の画像は綺麗に撮れず満足していませんでした】

A0quaxdf

〇「2008年10月27日1年目75,119PV」世界同時不況、原油高物価高、日本人4人がノーベル賞 北京五輪金5個、この年の漢字は「変」

【ブログをスタートしてからの6年間は母親や妻の看護、父親の介護の時でした。2~3時間の合間を有効にとカメラ片手に近郊のお寺や神社、史跡などを巡り家に帰って編集、ブログにアップするのが時間を有効に使える最大の楽しみでした】

Sdsc_0899
〇2009年1月23日PV10万達成 オバマ大統領が誕生、自民党から民主党へ政権交代。漢字は「新」(西浦のみかん山から)

【それからは近郊の「神社」「寺」巡りでした。神社は計100か所、お寺は150か所くらい廻りました。お寺は過去の歴史や、宗派お寺同士の関連性が有ったりり、歴史上の人物の名が出て来たり興味が益々湧いてきました。ご住職に話を伺ったり、名のある墓石を巡り裏の文字までしっかり見るようにもなりました。鎌倉時代以前と鎌倉時代に誕生した宗派それぞれの生い立ちや背景も知れば知る程惹かれるのは不思議でした。この頃デジカメを買い映像が綺麗になって喜んだものです】

Oagdfv8s
〇2010年10月11日PV20万達成 記録的猛暑 漢字は「暑」

【既に母・妻・父とも他界、時間も自由になり内容もだいぶ変わってきました。ブログの書き込みが生活の中でも大変貴重なものになっています。綺麗な画像が撮りたくて一眼レフまで買ってしまいました。一眼レフを持ってお寺の撮影をしているとデジカメで撮っていた時は何処かの工務店さんですか?と言われていたのが扱いも格段と違いどこかのカメラマンさんですか?になりました】

Cimg5935
〇2012年1月17日PV50万達成 ロンドン五輪 金環日食 漢字は「金」(この年11月大久保から楊原の実家に引っ越し)

【ブログに書き込むため映画をよく見るようになったり、東海道や国道をぶらり歩いてみたり、催事が有れば出向いて行ってよく撮ったものです。十年一昔ですが今は食べ歩きを主に美味しい店巡りにはまっています。数えたことはありませんが1000軒くらい訪問し食べ歩いたと思います。これからも新しい話題を探したり、美味しいもの見つけにあちこち出没していくと思います!】

Sdsc_0156
〇2014年1月24日PV100万達成 消費税引き上げ 漢字は「税」(画像冬の五箇山)

【いつもの様に朝チェックしたらカウンターPV1000062!自分でもまさかここまでやれるとは思ってもいませんでした。ブログを始めてから6年と3カ月、毎日欠かさず書けたのも驚きです。今では毎日の日課として、老化防止の頭の体操として、情報交換の場として、ブログを楽しんでいます】

Photo_3

〇2016年10月28日ブログ開始10年目に入る(画像中国蘇州)中国には北京・杭州・上海10年で3回行きました。

Kgqy9ea7

〇2017年9月~10月 200万PVが近くなってきました。

【このブログを通じ友人や家族への近況報告は勿論、国内だけでなく海外の友人もできました~自分の勉強にもなりますね~楽しみな旅行や食べ歩きももっとして、記事構成や写真も充実したものにして継続していきたいと思います。まだまだ頑張って書き込みします!】

Sdsc_0152

2回出掛けたヴェトナム(画像ミトー)、台湾も2度行きました。【旅行は楽しい~時々綺麗な場所や美味しい食べ物を思い出します。元気なうちに行けるところはどんどん行きたいですね~

F_lfmvln
(今年3月に行ったハワイ)【10年間あっという間に過ぎた感じです!これからも頑張って書きますよ~】2017年10月1日

※PV(ページビュー)は、訪問者がWEBサイト上で訪れたページの数を表します。したがって、1人の訪問者があり、その訪問者が10ページを閲覧した場合のページビューは10になります。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年9月19日 (火)

嘗ての沼津の名門企業「昌和クルーザーの昌和製作所」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

F0351435_21241730

1951年(昭和26年)あたりからのモーターサイクルの爆発的需要は多くのオートバイメーカーが乱立した時代だ。その中でも沼津市に有った「昌和製作所」は嘗ての名車”昌和クルーザー”のオートバイを製造している名門の会社だった。私も昌和エコーやクルーザーには思いでがいっぱいある。その後はヤマハ発動機の関連会社として、売れに売れたヤマハ”トレールDT1”の製造拠点でもあった。

≪1950年代当時のオートバイメーカー≫

宮田製作所アサヒ号1933年 メグロ目黒製作所バイク製造1937-1964 

富士産業(旧中島飛行機)ラビット1947-1968 陸王1934-1959 

中日本重工業(三菱重工業)1946-1964 トーハツ1950-1964

ホンダドリーム号1949年 丸正自動車ライラック1948-1961 ブリジストン1952-1971

昌和製作所は、1918年(大正7年)に小島和三郎が中国(旧満州)の奉天で創業した貿易商社の昌和洋行が、中国で販売する軽オートバイの製造を目的として1939年(昭和14年)3月に設立した会社である。オートバイの製造に当たっては、設計に目黒製作所の村田延春や鈴木高治等の支援を受け、独ザックス社(Sachs Bikes ,SACHS Fahrzeug- und Motorentechnik GmbH)のエンジンを研究し100ccのオートバイを完成させるものの、まもなく第二次世界大戦が始まりそのオートバイが生産されることはなく、軍需工場として操業する。

第二次世界大戦の終戦に伴い、昌和製作所はいち早く操業を再開する。操業再開後、1946年(昭和21年)5月に最初に生産されたオートバイは2サイクル単気筒100ccエンジンを搭載した「昌和号」であった。昌和号は戦前に開発されたもので、資材不足の中で寄せ集めの部品で作られ、とても「生産」と云えるような状況ではなかったが、それでも1948年(昭和23年)には172台が生産された。

Img_0_m
クルーザーSC551955年)

その後、オートバイ生産・販売の拡大に伴って、山輪研究所が開発したヤマリン・エンジンとオートバイ部品を山田輪盛館から購入し自社で組み立てて販売するようになる。最初に発売したのは、4サイクル単気筒OHC150ccエンジンを搭載する。昌和号SF型で1951年(昭和26年)8月に発売、翌年8月にはSH型と200ccエンジンを搭載するSS型を発売する。これらヤマリン・エンジンを搭載する昌和号は、1953年(昭和28年)3月に開催された名古屋TT(全日本選抜優良軽オートバイ旅行賞パレード)、同年7月に開催された第1回富士登山レースで活躍、富士登山レースでは1位から4位までを独占すると言う快挙を成し遂げる。(但し、レース後の車検でバッテリーを取り外していることが発覚し「実用標準車にあらず」として失格となった。他にもギア比、圧縮比、マフラー等を改造している出場者があったため昌和としては納得できない結果であった。 

その一方で、昌和は優秀な技術者を集めて、ヤマリン・エンジンとは別に自社エンジンの開発を進めた。ヤマリンのOHCエンジンは高性能であるものの、製造技術の問題などからカムシャフトを駆動するチェーンが伸びたり、複雑なエンジンのメンテナンス性に問題があった当時、弁機構はサイドバルブからOHV、そしてOHCへと変革していく過渡期だったが、            昌和はOHCエンジンの問題を回避するために時代に逆行してサイド・バルブエンジンを新たに自社開発、そのエンジンは‘サイドバルブとしては’優れた性能で、「クルーザー」と名付けられた新型車に搭載された。1954年(昭和28年)5月に発売されたクルーザーSC型は、250ccサイドバルブ・エンジンを搭載し80φバックボーン・フレームやアールズ・フロントフォークの採用等の特徴を備えていた。昌和は1955年(昭和30年)11月に開催された第1回浅間高原レースに、このクルーザーSC55をライト級に出場させた他に、ウルトラ・ライト級(125cc)、ジュニア級(350cc)にも出場したが、どのクラスも好成績を残すことはできなかった。1491昌和は、その頃普及し始めた4輪車に対して、モーターサイクルが実用車からいずれスポーツ車として用いられるようになると考え、自社開発したサイドバルブ・エンジンを捨てて、新たに2サイクル・エンジンの開発に乗り出した。1956年(昭和31年)7月に発売した2サイクル、リードバルブ125ccエンジンを搭載したライトクルーザーSLは月産8,000台にもなるほどの人気を得て、2サイクル・エンジン技術に自信を得た昌和は、250cc2サイクル・エンジンを開発し、浅間レースにも積極的に出場した。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2回浅間火山レース(ウルトラ・ライト級)に出場したライトクルーザーSL

ヤマハ、ホンダに続く好成績を収めるとともに、浅間レース専用車をベースとした250cc<の2サイクルエンジンを搭載するクルーザーSCT250cc2サイクル・エンジンを同年12月に発売するが、性能面では平均的でヒットには繋がらなかった。それまで、昌和はどちらかと言うと小型~中型オートバイの開発・生産を得意とするメーカーであったが、後にヤマハの4サイクル・エンジンの技術の源となる大型4サイクル・エンジンの技術を「日本高速機関」を買収する事によって手に入れる。日本高速機関は、「HOSK」ブランドで知られる大型オートバイ生産メーカーで、輸入オートバイの大手販売代理店だった山田輪盛館が、輸入オートバイに肩を並べる大型オートバイを開発・製造するために起こしたメーカーである。日本高速機関は、ヤマリン・エンジンを搭載したオートバイとは全く異なり、英国アリエル車を模範とした大型車を生産する会社だったが、当時は趣向生の強い大型オートバイよりも実用性のある小型オートバイが売れており、経営面ではが思わしくない状況が続き、かつて取引のあった昌和製作所に買収される。 Echooha
しかし、その昌和製作所も経営面では安泰とは云えなかった。開発に力を注いだ昌和は、軽4輪自動車(ミニカ)やセミ・スクーター(マリーン125)等を次々と発表したが、その一方で若い社員が多く開発に力を入れすぎたことによって資金繰りが悪化し、それに加えて日本高速機関を買収したことにより、いよいよ経営が行き詰まってしまったのである。

そこに目をつけたのがヤマハ発であった。ヤマハは、昌和製作所の負債を肩代わりする代償として、昌和製作所の経営陣であった小島一族を事業から撤退することを条件とした。その小島は、昌和製作所の他に日本電算機などの事業があったため、行き詰まったオートバイの開発・生産事業を切り離し売却することでヤマハと合意し、ヤマハは1960年(昭和35年)4月に昌和製作所を買収、昌和製作所はヤマハの傘下に加わった。ヤマハはこの買収によって、かつての昌和製作所と同様に、日本高速機関にルーツを持つ大型4サイクル・エンジンやパイプフレームの技術の一部を手に入れることになる。

B0076232_16281388

ヤマハはその頃、2サイクル650ccエンジンの開発を進めていたが、これに代わって4サイクル650ccエンジンの開発に着手、英国トライアンフ風のバーチカル・ツインエンジンを搭載したヤマハ初の4サイクル・オートバイとなる1969年の第16回東京モーターショーで発表されたたが、この名車のルーツは昌和製作所、さらに遡れば日本高速機関の4サイクル・エンジン技術が基礎にあるともいえる。

昌和製作所は、1960年(昭和35年)にヤマハ傘下に加わった後、(株)昌和製作所としてヤマハブランドの発電機やゴルフカー等を生産していたが、同じくヤマハブランドオートバイの組み立てを行っていた(株)榛葉シボリ製作所と1988年(平成元年)に合併し「創輝(株)」として操業、2006年(平成18年)には「ヤマハモーターパワープロダクツ(株)」に社名を変更している。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年8月13日 (日)

「お盆棚経」

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_2157
お盆恒例、菩提寺による「お盆棚経」にご住職が13日朝9時一番で来宅して行いました。1年の経つのは早いものです。お経を聞いていて昨年の棚経が昨日のように思います。子供たち家族も参加し先祖様のお迎えも出来ました。

Sdsc_2159
今年も1年皆が健康で過ごせますよう仏様にお願いしました。棚経が終わってからお寺さんにお墓参りに出掛けました。

Sdsc_2162
我が家の孫勢揃い!毎年成長が楽しみ~この日は三男の次女が誕生日でした。

⇇ ⇇ ⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年7月 2日 (日)

「珈琲と喫茶店の歴史」

PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村 懐かしい昭和40年頃の沼津駅前商店街(沼朝記事より)

3040_2毎日飲む珈琲、飲み始めたのは40年前くらいかな~当時はいわゆる純喫茶なるお店がやたら多くあった。沼津でも「カーネギー」「マロン」「プリンス」「フロリダ」「アートコーヒー」「ブラジル」「ランブル」「モレシャン」「白鳥」「ケルン」「ハニー」「ダッチ」etc覚えているだけでもたくさんありました!

1935

1935年創業と云う沼津大手町「ケルン」

喫茶という言葉は、鎌倉時代に中国から伝わったお茶を飲用する作法や習慣を意味するらしい。江戸時代には庶民にもお茶を飲む習慣が普及し、お茶と団子を楽しむ茶屋・茶店があちこちにでき、浮世絵のモチーフにもよく登場した。茶屋の名前をとどめる地名も多く、東京都にはお花茶屋や三軒茶屋、石川県は金沢三茶屋街、大阪や岡山は茶屋町が残っている。

1d12bfe2
■コーヒーと喫茶店の歴史  

日本にコーヒーが入ってきたのは江戸時代で、オランダ人により出島に持ち込まれたと言われている。当時は苦みや香りに馴染めなかったせいか普及することはなかった。明治の文明開化を迎えると、西洋文化への憧れもあり積極的に取り入れるように。1888年には東京上野に日本最初の喫茶店「可否茶館(かひさかん)」がオープン。続いて浅草、大阪、銀座に次々と喫茶店が開店、ハイカラな文化人たちの社交場として栄え、その頃から日本でも広くコーヒーが愛されるようになった。

Dime_355045_2
喫茶店が現在のような形になったのは、戦後。世の中が平静を取り戻すにつれ、ジャズ喫茶や歌声喫茶、名曲喫茶などが次々と開業する。1970年代に漫画喫茶、ゲーム喫茶のブーム、1980年代になるとセルフサービス式のコーヒーショップが登場。こうした歴史を経て日本は世界的なコーヒー消費国となる。

現在の日本のコーヒー輸入量は2015年度に48万トンを超え、アメリカ、ドイツ、イタリアに次ぎ世界第4位に。1960年に約1万トンだったことを考えるとおよそ50年の間に50倍近くになった。

Dime_355045_3

業種分類「喫茶店」への登録件数は、この10年で5万5525件から2万9345件と減少傾向に。

Dime_355045_4
逆に、業種分類「カフェ」への登録件数はこの10年で4626件から1万1548件と増加。

そもそも、喫茶店とカフェは何が違うのだろうか。喫茶店は昔からあるこだわりのコーヒーを出すお店、カフェは今ドキのシャレたランチもあるお店といった印象をもっている人も多いようだが、実は食品衛生法で明確に定義される。カフェは「飲食店営業許可」、喫茶店は「喫茶店営業許可」といった違いだが、喫茶店営業許可はアルコールの提供や単純な加熱以外の調理全般ができない反面、許可を取りやすいというメリットが。

Dime_355045_5
人口約10万人当たりの登録件数でみると、1位は高知県(100.62件)、2位は岐阜県(74.34件)、3位は福井県(55.27件)に。

■フルサービスの喫茶店が復活?

セルフサービス式に席巻された喫茶店だが、このところ郊外を中心にスタッフが客席で注文を取り、運んでくれるフルサービスのお店が再び増え始めているという。団塊の世帯がリタイアしたことでゆとりあるシニア層が増えたこと、地域コミュニティの場としての空間を喫茶店が担っていることなどが理由のようだ(NTTタウンページ)

PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

2017年5月 7日 (日)

「妻の命日墓参り」

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_1179_2

妻が他界し9年目になりました。若くして亡くなってしまい今になって海外旅行にでも一緒に行けたらなんて思っても遅いですね~2日前に墓の掃除を済ませ命日の昨日お花たむけ焼香を息子達として来ました。

Sdsc_000001_1_2

生前は仲の悪い夫婦でしたが女房がしっかり教育したことで立派に育った子供達のことは一番の遺産であり今でもありがたいと思っています。何せ家をかえり見ない亭主でしたから~反省~Sdsc_000001_3

今年もお寺の藤の花が奇麗に咲いていました。この木も昔に比べずいぶん大きくなりました。季節折々咲く花や、木々の葉の色合の変化は墓参りに来るたびに変わり、時の経つのをしみじみ感じさせてくれます。

Sdsc_000001_6

お寺の庭や石庭の風情に眼が向くのも最近です。人間変わるものですね~。
我々の時代と変わり息子たち夫婦の仲の良さ、夫の家事育児への協力、我々年代には真似ができない時代のようです。

まあ迷惑のかからぬよう老いて楽しく健康で過ごしたいですね。

⇇⇇⇇PleaseClickクリックお願いします~
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「レストラン力亭 御殿場」
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「ベーカーズダズン」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 「かつや」沼津香貫店
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています

神社・史跡

  • 沼津 旧県社「丸子神社」
    沼津近郊の神社・史跡の紹介
フォト

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ