« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月18日 (月)

「久しぶりに静岡に」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_000001
昨日久しぶりに静岡まで出かけた。パルシェで美術品の無料鑑定があると新聞に掲載されていたので以前から価値を知りたかった絵画などの写真を持って行き見ていただいた。

Sdsc_0428
日曜の昼過ぎだが5両編成の始発電車は結構混んでいる。JR東海の東海道線はグリーン車が無いとか長椅子の見合い電車だと初めて知った。これでは駅弁も食べられない!

Sdsc_0433
静岡駅は新幹線主要駅でもあり駅ビルも大きく人も多い。沼津駅との余りの差に驚く。人の流れも生きているし動きが早い。

Sdsc_000001_3
パルシェエレべーターから駅前を見るとこの画像での変化は以前と余り違わない。会議室で行われている鑑定会場は3時予約で他に来客はなく30分で終了。美術品の評価は随分低かった。

Sdsc_0437
静岡の駅前は都会だ!地下街もあってさすが県庁所在地。

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年2月15日 (金)

「珈琲の値段、あれこれ」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Coffee0i9a8924_tp_v
珈琲のお値段もピンからキリ。安い1杯も良し、コク香り雰囲気を味わう高級珈琲も良し。最近はかなり高級の珈琲が人気という。もともとコーヒーはアラビア半島のイスラム教寺院で、修行僧の秘薬として使われていたらしい。ヨーロッパに伝わったのは17世紀以降。現在消費量世界一と言われているルクセンブルクでは、1人1日あたり7杯以上飲まれているという。ヨーロッパの平均は3杯ぐらい。日本はまだ平均2杯未満です。

Indonesia03
アメリカのコーヒーはまずいと言われますが、激しい価格競争の末価格を落とし客が評価しない方向に行ってしまった。浅炒りのコーヒーをアメリカンと呼びますが豆を重量単位で売っていたので浅炒りの方が儲かると云う理由かららしい。スタバの深煎りが生まれたのもこんな背景があったからと言われます。

Dsc02137e1507342109330
「コピ・ルアク」ジャコウネコの糞から採取される1杯3000円、有名ホテルでは1杯5,000のコーヒー。100g¥4,380.独特の香りを持ったコピ・ルアクは、産出量が少ないその希少性により、高額で取り引きをされている。

Pixta_33935033_m
インドネシアのコーヒー農園で栽培されるコーヒーノキの熟した果実は、しばしば野生のマレージャコウネコに餌として摂食される。果肉は栄養源となるが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄してよく乾燥させた後、焙煎する。

Gift_20171002
「土居珈琲6銘柄コーヒーギフトセット¥10800」 コーヒーギフトセット内容 1ブラジル ダテーラ農園 2コロンビア エメラルドマウンテン 3グァテマラ カペティロ農園 4苦いブレンド フレンチミックス 5コクのあるグルメなミックス甘いブレンド 6スペシャルミックス

Picsart_120712_04_25
築地の名店「Turret COFFEE」、"エスプレッソとラテを主にした専門店"として2013年10月に築地でオープン。オーナーバリスタが、自ら新鮮でおいしいコーヒーを一杯一杯丁寧に淹れる同店では、ミルクと相性の良いコーヒー豆を特別にセレクトし、コーヒー本来の味を楽しむために、ミネラルなどの成分を省いた非常にクリアな水を使用するなどのこだわりが、コーヒー好きを中心にクチコミで人気を集める名店なんです。

20181207_120510
Turret COFFEE GINZA限定のギンザラテ(季節のフレーバー)¥660、ターレットラテ(ビターテイスト)¥560、エスプレッソマキアート¥410、ラテ¥440、エスプレッソ¥360、アメリカーノ¥360、アップルジュース¥360、とお手ごろな価格帯なのもうれしい。エスプレッソをオーダーすると可愛らしいお猪口でサーブしてもらえます。

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

「洋・食・酒・房 壱膳屋」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_8645
沼津北口にほど近い通りに面した場所にお店は有ります。お店の裏側が駐車場で便利です~Sdsc_8638
お店の形態は”ダイニングバー”右手には長いカウンター席があります。食事メニューも豊富この日はまずは「きのこデミグラスソースのオムライス¥900」
Sdsc_8631
「ミニサラダ」サラダの野菜は新鮮でいい~
Sdsc_8637
「舌平目のグラタン」もう一品欲しいなあ~で、グラタン頼みました。

場所 沼津市 庄栄町2-18 庄栄ビル1F  ㈪定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年2月13日 (水)

「沼津の餃子」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

「沼津餃子」って呼んだらいいのに~大きくて中の具には野菜がいっぱい、市外の方も多くやって来る人気、お店は行列です。

3
「1中央亭」50年以上続く餃子の老舗です。大きい餃子は野菜がたっぷり詰まっている沼津の餃子の元祖のようなもの。いつも表に行列でなかなか入る機会がないんです。

Photo_2

焼いてから茹でてあるので食べればジューシーでもっちり、つけだれは餃子にぴったりの味です。餃子は6個、8個、10個予約も多く1週間前からOK お店は餃子のほかはライスとビール。売り切れ次第閉店 場所 沼津市大手町4—4—7 月曜定休

Sdsc_1118_2

「2北口亭」営業開始から25年以上は経っています。2012年高島町から現在の杉崎町に移転。こちらも行列のお店です。車が10数台ほど停められる駐車場があり便利です。餃子ライスを頼むと味噌汁がサービス。ラーメンもあります。

Sdsc_1123

こちら北口亭の餃子も大きくて中身は野菜がびっしりです。食べた感じはもっちりですが中央亭とは少し食感や味が違いますね~ひき肉が多いのかなあ~でも親戚みたいなものですね~売り切れ次第終了 場所 沼津市杉崎町7‐10  月曜定休 

Sdsc_1369

「3高千穂」沼津北口で餃子専門の店を構え20数年市外からのお客さんも多い。肉をひかえめにし野菜たっぷりの大きい餃子だ。焼き蒸しの蒸しが前の2店とは違います。10個8個6個4個あり 売り切れ次第閉店 場所沼津市新宿町1‐18 

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

 

2019年2月 5日 (火)

PizzeriaTraitoria「ilGermeイルジュルメ」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_0101
久し振りにPizzeriaTraitoria「ilGermeイルジュルメ」さんにやって来ました。そういえばイタリアンも久しく食べていません~こちらのラグーソースのパスタ久々にいただけますね~
Sdsc_0097
今日できたばかりの「鴨のレバーパテ」を前菜でいただいた。自家製のパンにつけて食べたら癖になりますね~
Sdsc_0102
シェフ自らが今朝釣って来た「ヤリイカのグリル」イカの新鮮さは言うまでもないがオリーブオイルと菜の花の塩味が丁度いい。イタリー製の魚醤の味が格別だ!
Sdsc_0110
鹿の肉を使ったミートソース、しっかり煮込まれたラグーソースに茹で加減抜群のパスタが美味しさを一層引き立たせる。いつ食べても美味しい~
Sdsc_0116
この日のピッザは「スカローラ」スカローラ・ピッツァはナポリ地方の伝統料理で、茹でたスカローラ(イタリアの葉野菜)と、オリーブ、ケッパー、アンチョビ、ニンニクをオリーブオイルで炒めて、生地にはさんで焼いたもの。

Sdsc_0112
初めて食べた「スカローラ」ピッザの皮に包まれたエンダイブの野菜がアンチョビやチーズの塩味とマッチしている。優しい素朴なピザで農家のピッザとも呼ばれるという。

Sdsc_0118
こちらの本格ナポリピッザは最高に美味しい!おすすめ~

場所 沼津市平町9-1

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「弥次喜多平町店」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「やば珈琲店」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「山正」沼津南店オープン
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ
フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ