« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

「世界各国の葬儀」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

身内の葬儀を経験する中、日本と世界各国の葬儀の違いを知りたくなった。葬儀の形は死生観や宗教観が大きく影響しています。

800px1

「日本」の一般的仏式葬儀では通夜という葬儀の前夜祭がある。家族が寝ずの番をして線香の日を絶やさない魔除けの意味合いや火葬場に向かう道と帰り道は同じ道を通らない、遺体の上に魔除けの刃物を置く、等の風習がある。告別式は友引を避ける。葬儀費用は平均231万円位

Big_102218

「韓国」の葬儀は、霊魂をあの世へ無事に送り届ける家払いという儀式を死後に行います。葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ずっと行われます。また、3ヶ月後と6ヶ月後にみこ祭という供養をして死者を送り届ける葬儀が一般的でした。しかし都市部での経済的な理由や住宅の問題から、自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。現在では簡略化された火葬での葬儀が主流になっているようです。葬儀費用は平均37万3千円

Img_605521_34931795_5

「アメリカ」の葬儀には、悲しみの中にも神の御許に召された故人の新たな旅立ちをむしろ祝う位の雰囲気があります。お通夜に変わるVisitation,葬式は内輪で行う事が多いようです。また、土葬が殆どでしたが時代と共に火葬する割合がとても増えてきています。サラサラの灰の状態になるまで遺体を焼いて散骨することも少なくないようです。葬儀費用の平均額は 45万円ほど。キリスト教でも様々な宗派があるので、地域や宗派によって異なるようです。

Img_59040_609023_0

「イギリス」では、どちらかと言うと、ごく親しい少人数の葬儀が中心です。それは、死はあくまでもプライベートなことであり、愛する者を失った悲しみは各人が心の中で噛みしめるものであるという考え方が、伝統的にあるからだとも言われています。葬儀は、死後、数日から10日ほど経った頃、火葬場に併設されたチャペルや教会、または故人が信仰した宗教の寺院などで執り行われます。火葬率は英国70%であり、日本のように遺骨の形を残さず粉末状になるまで完全に燃焼させるこの火葬方法が一般的です。遺灰は公園墓地や自宅の庭、故人の思い出の場所にまかれる緑の埋葬、日本で言うところの樹木葬も多く見られます。葬儀の平均費用は イギリス12万円となっているとのこと。

「デンマーク」の火葬率は45%となっています。また、所得税55%の高さや消費税25%という税率ですが、ゆりかごから墓場まで国がしっかりと社会保障してくれているので葬式無料。

調べていくと国それぞれ、宗教が深く係わっている事がわかります。亡くなった身内を「誠心誠意」送る事が出来れば葬儀の形式はこだわらなくてもいいのかもしれません.(※資料は数年前調べたもので現在と差異が生じている可能性もあります)

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月25日 (金)

ジビエ「たかむら しし鍋」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_0012_2
ひさしぶりジビエ料理「たかむら」さんに「しし鍋」を食べに出掛けました。鍋も色々ありますが沼津で「しし鍋」を気楽に食べさせてくれるお店は余りないと思います。猪肉は豚の三枚肉に見かけはよく似ています。見るからに食欲をそそります~
Sdsc_0009
しし鍋はやはり”味噌味”がベースです。味噌は知り合いの方の自家製味噌だそうです。味噌ダレの中の辛みの赤が期待感たっぷり!小鉢の刺身や煮物まで付いていました。鍋が煮立つのが待ち遠しい。

Sdsc_0008
鍋に入れるのは猪肉の他に白菜や人参、青菜、えのきや豆腐。鍋が煮立ってきたらそろそろいいかな~野菜からいただき猪肉はしっかりした歯ごたえですが食べやすい。余りの美味しさに写真撮るのを忘れました~
Sdsc_0015
締めはやはり”おじや”これがまた美味しいんです!この日の玉子は烏骨鶏なおさらいい!それも玉子3つじゃ云う事なしです。
Sdsc_0013
この夜も大満足~美味しくいただきました。

場所 沼津市今沢362‐1    日月定休 

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月23日 (水)

「若鳥の唐揚げ 豊亭」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc00684

豊亭の名物は「から揚げ¥950」ひな鳥の半身を丸ごと揚げる人気の一品です。骨のついた手羽元が一番美味しいですね~

Sdsc00685

揚がるまで時間がかかるので席に着いたら最初に注文した方がいいですよ~このカラッと揚がった唐揚げは美味しい!

Original_3
「餃子」も外せません。中まで熱々ですよ~繊細な作りです~味もしっかり特製のタレが良く合います。Sdsc00682

「野菜炒め¥700ハーフ¥500」唐揚げが出来るまでのつなぎと云っては叱られるビールによく合う炒め物です。こちらの料理は唐揚げ・野菜(¥700)かニラレバ炒め(¥600)・餃子のメニューです。

場所 沼津市添地町135  ㈪定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月22日 (火)

「餃子 北口亭」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_1116

マッサージの帰りにいつもお店の前を通っているんですが、この日は2時過ぎなのに未だ営業中だったのでおやつ代わりにちょっと食べようかと寄ってみました。

Sdsc_1121

餃子は5個を頼みました。大きな餃子の中はシャキシャキしたキャベツの食感と粗挽きの豚肉、柔らかな餃子の皮、口に含むと順々に個々の味が楽しめます。

Sdsc_1123

肉汁はキャベツから出てくる甘み水分とお肉の味が具材の味とマッチしています。味噌汁は餃子とライスを注文するとサービスで付いてきます。

Sdsc_000001_6

場所  沼津市杉崎町7-10  ㈪定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月19日 (土)

「司寿司のちらし」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Dsc_9956
この夜は「チラシ寿司」が食べたくて~滅多に司寿司ではチラシはいただきませんが~親爺さんに無理を言ってネタを指定し作ってもらいました。

Sdsc_9959

何といっても今日は貝が入荷したばかりで新鮮です~青柳、鳥貝、赤貝、ヒモ、アワビ、平貝新鮮な貝が揃ってたのでお願いしました。

Sdsc_9957

刺身は中トロ、ヒラメの昆布締め、地だこ、太い牡丹海老、生うにこちらもいいネタ揃い!

Sdsc_9950

甘味は玉子焼きに干瓢、ネタがびっしり詰まっています。ネタを選んでお願いする~たまの「ちらし寿司」いいものですね~

Sdsc_9948
今日もごちそうさまでした!

場所 沼津市下香貫藤井原    ㈭定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月18日 (金)

「じどっこ組合BIVI沼津」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_9894_2

久し振りにBIVIにある「じどっこ組合」に~名物宮崎の地頭鶏を豪快に炭火で焼く「みやざき地頭鶏の炭火焼」を注文焼いている所を見るだけで美味しそうだ!

Sdsc_9896_2

炭のすすが付いたからか表面は黒いが~食べてみればその美味しさは即わかる!丁度いい歯ごたえは地鶏の肉質、噛むほどに美味しさが口の中に広がる。

Sdsc_9897_2

「みやざき地頭鶏 手羽先」表面のカリッと感と中のジューシーさが美味しい。普通の手羽より少し大きめだ。

Sdsc_9909_2

「生つくね鍋」初めてなので頼んでみた。鶏の白湯スープは濃厚だ。鶏つくねに生卵を混ぜ団子状にして鍋に、野菜はさっと茹でるくらいでいただいた。締めはやはりラーメンが美味しかった!

Sdsc_9887_2

店内は養鶏場の鶏小屋の雰囲気、テーブル席は4人用から大人数迄色々ある。

場所 沼津市大手町1-1-5 BiVi沼津 1F

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月16日 (水)

「グラタン・ドリア アールヌーヴォー」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_9466
1996年開業既に20年余、場所の移転はあったもののグラタン&ドリアの専門店として名も知られています。この日は「ホタテとほうれん草のグラタン¥950」をお願いしました。

Sdsc_9468
カットしたホタテが3枚とほうれん草が入っています。もう少し生クリームやバターの味がわかる濃厚な方がいいんですが~やはりあっさり系を好む方が多いんでしょうね。

Sdsc_9469
もう少し重いものを食べたくて追加でお願いした「牛すじシチュー単品¥1430」

Sdsc_9473
場所 沼津市大岡2136-4   ㈫定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月14日 (月)

「人気の丼」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

沼津の丼ぶり、好きなお店を載せてみました。①美味しい、②値段が程々安い、③店の感じが良いの3点から選んでみました。あくまで個人の基準です(価格は以前食べた時の値段で現在この値段とは限りません)

Sdsc_6668
「1バラちらし山正丼&海いち丼」沼津で行列のできる1番の店「山正」、ランチ時はいつも大勢並んでいます。個数限定なので早めにいかないと食べれません。同等なものがVIBI「海いち丼¥980」でも個数限定でいただけます。鮮魚の宝石が丼ぶりの上で輝いています。「山正丼¥800」沼津市平町3-14 日曜定休 

Img_04321024x768

「2うな丼 京丸」平日限定「お昼のうな丼¥1580」さすがうなぎ問屋の経営だけあって価格が嬉しい。沼津市春日町33-7 魚市場入口 第3火曜定休

Original

「3活アジ丼¥880 いけすや」内浦漁協直営のお店でいけすで獲れたアジをその場でさばいていただく新鮮さは人気。沼津市内浦小海30-103 水曜定休

Simg_11

「4天丼 伊豆家」天丼は言わずと知れた「伊豆家」さんですね~最近は世代交代兄弟の末男さんが揚げる場面が多くなりました。ランチは外のベンチで待つのは当たり前。「天丼¥1100味噌汁¥100」沼津市仲町20-2 月火定休 (営業時間短いので注意)

Photo

「5かつ丼 千楽」かつ丼人気一番の「千楽かつ丼¥850」分厚いカツが丼ぶりいっぱいに載っています。卵と玉ねぎの合わせも絶妙。ハヤシライス¥700やカツハヤシ¥1350も有名で美味しいです。

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月13日 (日)

「すき焼き古安」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

S_0023
すき焼きを食べに古安へ。明治元年創業の「肉」の名店、130余年の歴史を積み重ねてきた「古安」 1階は精肉店、2階はステーキ・洋食の店、3階はしゃぶしゃぶ・すきやきの店となり、近江牛や松阪牛等ブランド牛や、一頭から僅かしかとれない最高級肉などが味わえる。

Dscn6701_2
店の階段を3階迄あがると、すき焼き、しゃぶしゃぶのフロアーだ。個室に入り早速注文する。重厚で使い込んでいる「すき焼き鍋」にまず脂身をひき最高の肉質を持つ和牛を焼く。

Rectangle_large_type_2_c209f849d1bf
そこに秘伝の割り下を注ぎいただけば口の中でお肉がとろけるほど柔らか美味い!新鮮な禰宜も適度に焼いて~煮るのではなく最初は焼いて食べる感じです。

Original

特すき焼き¥4200、特上すき焼き(和牛)¥4700、特選すき焼き(特選和牛)¥5700、松阪牛すき焼き¥7200 1階の精肉店は銘柄和牛、豚、鶏、等精肉を扱っています。焼豚やシュウマイもおススメ。2階レストランのステーキもいいですね。

場所 沼津市本町40 ㈫定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月12日 (土)

日本料理「たけ」伊豆の国市大仁

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

昨年行って載せるのを忘れてしまった「まぐろづけ丼 たけ」さん。あらためて紹介します。Sdsc_6791_2

本マグロの「赤身づけ丼¥1000」この美味しそうな光沢が忘れられません。食べても本当に美味しいマグロ漬け丼です。今年の年末にふさわしい2018年ベストどんぶりです。

Sdsc_6794

大仁には滅多に来ませんが近くに来たら寄りたいお店です。丼ものには吸い物とお新香が付いています。
Sdsc_6789

漬けダレがマグロの切り身に馴染んでいて実るからに美味しそうで食べればマグロの美味しさが口いっぱいに広がります。

Sdsc_6781
建物入口の雰囲気はごく普通の食堂です。暖簾も年季が入っている雰囲気十分の「たけ」さんマグロの美味しさが思い出されます。

場所 伊豆の国市大仁447-1

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月11日 (金)

「貝が美味い! 司寿司」沼津

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Dsc_9388
司寿司」の貝が美味しいのは有名だ!この夜も親爺さんが自慢するだけあって「青柳」「赤貝」「アワビ」「鳥貝」「平貝」どれも美味かった!

Sdsc_9383
中でも今日の一番は大きな「青柳」だ~コリコリシコシコ磯の香充分だった。もちろん赤貝も良かった~

Sdsc_9381

貝類に押されてしまうが「マグロの赤身や中トロ」そして「ヒラメ」や「黒むつ」も美味しいぞ~あとは手巻きでいただいた「干瓢やたまご」そして「イカ」「穴子」色々ごちそうさまでした~

Sdsc_9378
自慢の貝類のネタは多彩だ!

場所 沼津市下香貫藤井原  ㈭定休

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月 7日 (月)

「インド料理 キッチンダバ」沼津下香貫店

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sdsc_000001_9
もう5回目の訪問になります。「インド、ネパール料理ダバ」正月はお休みが多い中、営業中だったので子供達と昼時間に行ってみました。

Sdsc_9700
ランチはメニューがたくさんあって中身がわからないのでどれにするか迷ってしまいます。焼きたてナンはお替り自由なので追加で頼んでいました!

Sdsc_9704
以前食べて美味しかったガーリックナンを私は頼みました。カレーは海鮮カレーにしました。

Sdsc_000001_7

サラダも付いています。キュウリの切り方がいかにもインド料理です。

Sdsc_9703
場所 沼津市下香貫島郷2789 

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月 3日 (木)

「行幸橋」沼津香貫

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

S_2_2
家の近くに歴史的にも貴重な橋がある。国道414号の通称八間道路が出来る前は”御成道”と呼ばれ沼津市内から香貫、島郷に静浦に抜ける唯一の道だった所だ。

Ss_2_4

そこにかかる橋の名は「行幸橋」今でも橋の上を通過する多くの車両を支えている。以前見た時は昭和四年五月竣功の文字が薄っすら見えたが今はもうはっきり見えなくなった!

S_2_3
90年が経とうという立派な橋で 近くの沼津御用邸に天皇が向かう時に通過された橋なんですね。石で出来た欄干も何故か遠い昔を思わせる洒落たアーチ窓だ。

Robo_2
大正13年1月27日両殿下行幸の時は未だ「行幸橋は」なかったんですがきっとこんな行列が橋を通過したんでしょう。

Iaqst0wh_2

「行幸橋」と思われる場所に名前を記してみた(上の地図)

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

2019年1月 2日 (水)

「我が家の家紋」

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

Sealya_z68t1xth5z

「我家の家紋・丸に違い鷹の羽」

あまり日常気にはしない”家紋”仏壇の上にしっかりと記されているのを見て調べてみたく成った。”丸に違い鷹の羽”という名の様だ。

家紋辞典によると「鷹の羽たかのは」とは日本十大紋のひとつ。鷹は太古から人間と関わりを深く持っていたようです。その美しい姿、雄々しい振る舞いはもちろんのこと、鷹狩りでご存じのように人間と感情をかわすことができる唯一の猛禽類だからでしょう。古来より武家にはとても人気のあるシンボルだったようで、武礼の被り物に鷹の羽を差すなどの習慣もあったようです。江戸時代にはじつに120家の大名旗本が、この鷹の羽紋を用いています。凄い人気ですね。当然デザインのバリエーションもたくさんのものが見られます。鷹の紋とはいえ、鷹をそのまま描いたというものはありません。すべて鷹の羽でシンボリックに表現しています。人気のあるものは羽根を交差させた違い鷹の羽系です。少し勉強になりました!

⇐Clickクリックどうぞ
にほんブログ村

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ