« 「画像で見る昔と今 4香貫・楊原」沼津南部 | トップページ | 「レストランKIYA」函南町 »

2018年12月16日 (日)

「画像で見る昔と今 5我入道」沼津南部

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「沼津市我入道」日蓮上人が鎌倉から逃げ舟で流れ着いた時”我この道に入る”デ我入道の名前が付いたとか~(画像 狩野川河口左岸に位置する地区が我入道)Hshxisit

江戸時代には我入道村は駿河国駿東郡に属した。江戸時代は山畑は僅かであり、村の主たる産業は漁業であった。明治元年(1868年)には駿府藩領(翌年には静岡藩と改称)、明治4年(1872年)には静岡県に属した。1889年(明治22年)の町村制施行に伴い我入道村は下香貫村・上香貫村・善太夫新田と合併、楊原村の大字となった[1]。1922年(大正12年)には楊原村の沼津町との合併及び市制施行により沼津市の大字となった。かつては軍人・大山巌の別荘があった。また作家・芹沢光治良の生誕地としても知られ、これを記念した芹沢文学館・詩碑が残されている。

Ganyudo_2

「我入道より富士を望む」狩野川河口左岸に位置する我入道の不動岩から、観音川にかかる藤見橋その奥に富士山を見る事が出来る。明治19年東海道線の工事が開始され横浜から船で建築資材を狩野川河口に運び、それを沼津の市街地の工事現場まで運搬するという目的で敷設された蛇松線が最初の工事だった。その後昭和8年沼津港の建設等で周辺の景色は変わった。

Dsc_0979e1484736975990

沼津港外港の建設で沼津港は大きく変わり現在に至っている。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

« 「画像で見る昔と今 4香貫・楊原」沼津南部 | トップページ | 「レストランKIYA」函南町 »

「我が街沼津」」カテゴリの記事

コメント

我が故郷我入道、最近実家には寄るが川べりを歩くこともなくなり、懐かしい景色を思い出しました。ありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「画像で見る昔と今 5我入道」沼津南部:

« 「画像で見る昔と今 4香貫・楊原」沼津南部 | トップページ | 「レストランKIYA」函南町 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「むさしの森珈琲」沼津店
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「チョコラータ」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「末広鮨」静岡市清水区
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ