« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

「家の前の下水工事」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8514

10月9日から始まり11月19日迄続く家の前の下水道工事、車は駐車出来ず近くの幼稚園跡地の仮駐車場に置かねばならず不便している。配管を通す為結構深く掘るんですね~中に人がいるんですよ~

Sdsc_8516
昨日から我が家の真ん前を掘っています。朝から重機の音がし目覚まし代わりになっています。配管は枝管の様で工事する人も数人、土をトラックで運び出し、車が戻ると掘削再開し夕方迄続きます。

Sdsc_8515
ダンプに積まれた土の良さにビックリ、ここの土地はしっかりした土壌の様で工事をしている監督さんもここなら液状化など絶対ないですね~と言っていた。掘削した土がこれほどいいのは貴重な場所ですね!

Sdsc_8513
早い所終わって欲しいです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月30日 (火)

純喫茶「ETONイートン」富士宮

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8475

開店して40年近くが経つ富士宮の純喫茶「イートン」さんに行く機会がありました。噂通りエントランスの植物から年季の入った煉瓦の敷石、周りの樹木がそれぞれに歴史があり、重みのある存在感は凄いぞ!Sdsc_8477

店内に入ればもう時代が逆戻りしたようなレトロ感でいっぱい!木の窓枠越しから眺める樹木の漏れ日、テーブルに展示された小物たち、オルガンやピアノ、ベース、壁には懐かしい音色の柱時計が丁度12時を鳴らしています。Sdsc_8491

メニューを開ければ長年のキャリアが滲む多彩な品が並ぶ。今日のお目当て「ビーフシチューセット」をお願いしました。スプーンですくって口に含んだこのソースの味はとても美味しい!

Sdsc_8490

セットの野菜サラダも新鮮でドレッシングもいい。ライス大盛りもペロリ。未だお腹に入るが初めてのお店だし多少遠慮で控えめにしました。

Sdsc_8495

「チーズケーキ」をサイフォンで淹れた珈琲といただいた。久しぶりの富士宮、天気は快晴身近の富士山や浅間神社をおが編むことができた。

場所 富士宮市錦町8-19   ㈮定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月29日 (月)

「懐かしき沼津弁」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_000001_1
久しぶりに静浦の漁師さん達が大声で話す場面に出会いました。出会ったと言っても30mは離れていたと思いますが大きな声なので聞こえて来ました。昔からの沼津言葉”懐かしかった!”

Dscf00941024x768
「①あっこらいきゃいるら」さてわかりますか~=あそこに行けばいるよ

「②われ,えーかんちっとらっつにしろや、やっきりする」=おまえ、少しずつにしろ腹が立つ。

「③またたこったみてゃぁだで、あんてゃぁは」=又さぼったみたいあいつは

「④ちいっとばっかうまゃぁからっていきがるな」=少しくらいうまくても自慢するな

「⑤とびっくらでどんべだった」=競争でびりだった

20171109

次回はしっかり録音しておかないと~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月28日 (日)

「ブログ今日から12年目です」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2007年10月28日に始めた「龍さんのプログ」早いもので今日から12年目に入りました。この12年一日も休まづ書き続けています。無料のブログサイトですからいつもブログの能力いっぱいで昔のものから削除して続けています。”12年の歴史は以下の通り”。C0_xob0usaqogli

「2007年10月28日ブログを開始」 この年は年金記録漏れや政治と金で迷走永田町、大臣自殺など この年の漢字は「偽」でした。3回目の韓国旅行をしました。

82ac5a69
2009年1月23日「訪問者10万人」 オバマ大統領が誕生、自民党から民主党へ政権交代。漢字は「新」母親や妻の看護、父親の介護の時でした。2~3時間の合間を有効にとカメラ片手に近郊のお寺や神社、史跡などを巡り家に帰って編集、ブログにアップするのが時間を有効に使える最大の楽しみでした。

2010
2010年10月11日「PV20万達成」母・妻・父とも他界、時間も自由になり内容もだいぶ変わってきました。ブログの書き込みが生活の中でも大変貴重なものになっています。綺麗な画像が撮りたくて一眼レフまで買ってしまいました。一眼レフを持ってお寺の撮影をしているとデジカメで撮っていた時は何処かの工務店さんですか?と言われていたのが扱いも格段と違いどこかのカメラマンさんですか?になりました。

2011年10月28日ブログ開始5年目に入る。66409462012
2012年1月17日「PV50万達成」 ロンドン五輪 金環日食 漢字は「金」(この年11月大久保から楊原の実家に引っ越し)E6b688e8b2bbe7a88ee382a2e38383e38392014年1月25日「PV100万人達成」 消費税引き上げ 漢字は「税」ブログを始めてから7年と3カ月、毎日欠かさず書けたのも驚きです。

C00055_x
2016年10月28日ブログ開始10年目に入る 中国には退職後北京・杭州・上海に、在職中も含めると累計8回、韓国に3回行った事になります。

2017年10月1日「PV200万人達成」 この間友人や息子達と行った旅行もカナダ、中国、韓国、ヴェトナム、台湾、ハワイ、最近はタイにも行きました。これからの夢はフランス・イタリア、南米に行ってみたいです~

2018年10月28日ブログ開始13年目に入る。これからも頑張るぞ!

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月26日 (金)

「焼肉 東海苑」三島

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8223

「焼肉東海苑」に出掛けました。赤い看板目立ちます。広い駐車場が2カ所、お店の裏にもあるんです。

Sdsc_8209

焼肉の老舗三島の「東海苑」前回来たのが1月ですから随分久しぶりになります。この間ステーキのお店探訪が多くて焼肉は足が遠のいていましたが、ステーキも一段落、焼肉が恋しくなりやって来ました。まずは「カルビ」「ハラミ」

Sdsc_8219

欠かせないのが「ホルモン焼いた時に立ち昇る炎が美味そうでいいんですよ~この日は柔らかで結構いいホルモンでした。

Sdsc_8213

「牛レバー」貧血対策にはいいんですが~食べ過ぎは太るし難しい~

Sdsc_8216

さあ焼き始めましたよ~焼けるのがほぼ同時なので食べるのは忙しい!少しずつ焼けばいいのに~でもガツガツ口に放り込み食べるのが好き~でも最後は焦げ焦げになった!

Sdsc_8210

キムチ盛合わせは前回と同じ白菜が漬かりすぎで酸っぱい!キュウリやカクテキは美味しいんだが白菜にはがっかり!

Sdsc_8212
「ビビンバ」はお肉より先に出てきました。よく混ぜ合わせていただきましたが美味いです。スープは脂が浮いて熱々でしたよ~

場所 三島市本町9‐22

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月25日 (木)

「つけ麺 明星」清水町

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 Sdsc_8383_2

工藤さんに聞いた美味しいラーメン屋さんに早速行ったが運悪く水曜は定休の様で田んぼの中のお店は真っ暗。仕方なく他のラーメン屋さんはないかな~と思い出したのが「明星」行ってみました~Sdsc_8377

注文はいつもの「特製つけめん¥1000」まずは胡麻すりから~すりすりしながら麺が出来て来るのを待ちます。Sdsc_8385

豚や野菜等と魚介系のスープの出汁が混じり合って美味い。濃厚なスープだが麺と合わさるとこれが絶妙なスープになる。Sdsc_8384

スープに負けない極太麺はスープに良く絡んでもっちり感が堪らないし喉越しが抜群にいい。途中でスダチを絞って味に変化を。好みで辛味や黒七味、ニンニクを投入し、〆には「スープ割」もいい。Sdsc_8376

お店の入り口で食券を購入する。この夜は水曜空いていました。

住所  清水町久米田77 

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月24日 (水)

「タイ料理Sea whip Chana over Rye シーサッチャナーライ 」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8355
タイ旅行から帰って10日程が経ち何故かタイの味が懐かしくなって出掛けたのが「シーサッチャナーライ 」既にお店お開いて15年目になるタイの味を提供するお店です。

Sdsc_8348
タイで食べた画像を見せてお願いした米粉の麺、名前はわからないが何せ口に合う。思わずうまいとお店の方に話すと喜んでくれた。感じのいいタイ人だ。「牛肉の軟らか煮の麺¥850」

Sdsc_8350
「カーオパッ海老炒飯¥850」この炒飯は最近では一番の美味さだった!これだけでもまた食べに来よう。

Sdsc_8344

運ばれてくるとタイ料理らしくナンプラーや香草が効いた香りが~味は旅行中に食べたタイ料理と同じだった。タイ料理は「トム・ヤム・クン」だけでなく種類もたくさんあって奥が深いぞ!

場所  沼津市寿町1021-1    第2・3㈫定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月23日 (火)

「テキサスから友人が里帰り」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8343

昨日今日と素晴らしい晴天に恵まれ近来にない綺麗な富士山が眺められました。そんな時アメリカテキサスに永住している敏和君が里帰りし小学校から中学までの仲の良い仲間が集い歓迎会を開きました。Recuerdo de Texas

Sdsc_8319
沼津駅に集合しまずは小学校の恩師益田先生がおられる介護施設に皆で訪問しました。先生も90歳になられたといいますが一人一人の顔や名前も思い出すまだまだお元気で安心。感無量の様で目頭を押さえて喜んでいました。Mi profesora está feliz ~ Estoy profundamente impresionado

Sdsc_8327_2
施設を後に昼食会場に向かいました。場所は香貫山の麓「カニ甲羅」さんです。全員で13名かにすきの鍋を囲み暫し懐かしい昔話に花が咲きました。Platos japoneses"kanisuki"

Sdsc_8334
昼食をたっぷりいただき、コーヒータイムはこの人数が一堂に座れるところと言う事で考えたあげく清水町「枯山水」さんに、丁度2階席がテーブルを合わせピッタリ皆さん座る事が出来ここで又お喋りタイム。Divertida vieja historia

Sdsc_8323
敏和君また日本に来る時にお会いしましょう。お互い元気で~又の再会を楽しみにしています! 2018年10月22日㈪Hasta el día en que nos volvamos a encontrar.

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月22日 (月)

「冨屋珈琲」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7182

ある日の午後「冨屋珈琲」さんに行ってみました。ランチの量が少なくて何か物足りず寄った訳です。

Sdsc_7184
丁度いい量の「サンドイッチのハーフ¥400」があったのでお願いしました。お客さんは7分の入りでしょうか~おしゃれ感覚な雰囲気は女性が多いですね~

Sdsc_7183

ブレンドとセットがお得と言われそちらをお願いしました。サンドイッチのパンは柔らかで美味しい~さすが珈琲問屋さん心得ていますね~

Sdsc_5696

前回食べた「冷トマトサラダ¥300」 冷たいトマトの底にサラダが詰めてあります。ソースがとても美味しくてトマトとフィットしています。

Sdsc_000001_3
場所 沼津市大岡1929-4 第3㈫定休 8:00~20:00

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月21日 (日)

「ばんからラーメン」沼津店

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7586

東京豚骨こってり濃厚「豚骨醤油拉麺ばんから」国産豚の背脂をトロトロ迄煮込んだスープの拉麺を食べたくなって行って来ました。国1バイパスを沼津方面から行くとUターンするのがやっかいだ~

Sdsc_7591
この”ねぎ”が気に入った!背脂たっぷり濃いめのスープこれが「ばんから」のイメージ。生にんにくをすりおろしいただけば美味い!

Sdsc_7588
月曜の19:30頃だったがお店は結構混んでいました。やはり若者が多く人気のお店の様です。Sdsc_7597
「焼き餃子」いい色合に焼けていて美味しい。

場所 沼津市西沢田490-2

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月20日 (土)

三島「キッチン空」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

三島広小路駅の近くにある「キッチン空」最初伺ったのはもうずいぶん前になります。

Sdsc02038

最初に行った時に食べた 「ハンバークステーキセット」デミグラスソースは見た目と違い意外と上品であっさりした味です。お肉はとてもジューシーで美味しくいただきました。

Sdsc02046

ハンバークにナイフを入れれば中から肉汁がじわっと出て来て見た目も堪りません~口に入ると予想通りのジューシーさです~次回はビーフシチュー食べてみたいですね~

Sdsc02045

再度訪問した時はビーフシチューを食べたかったんですが週末のみだそうで残念、代りに「牛スジのシチューセット」を食べてみました。しっかり煮込んである牛筋は柔らかで且つ歯応えもあってお肉のうまみも十分感じる事が出来る煮込みでした。

Sdsc02047

しっかり煮込まれた牛筋、美味しくいただきました~店内にはサッカーの本がたくさんあってサッカーをやっていたんですかってシェフに尋ねたら陸上をやっていたんだそうです。ものごしの上品さ柔らかさが料理にも現れている様な気がしました。

場所 三島市広小路町11-27 ㈫定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「大きい餃子 高千穂」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_8274

大きい野菜たっぷり焼き餃子は「高千穂」さん。今日も19:00頃はお勤め帰りの方でいっぱいです。

Sdsc_8269

メニューは餃子1個が80円で4個から6個・8個・10個テイクアウトは10個から。定食はご飯味噌汁が付いて4個¥650、6個¥810、8個¥970、10個¥1130。半ライス150もあります。

Sdsc_8270

餃子定食は上記の通りで6個¥810です。モチモチ感のある皮と中身の野菜がご飯の上で美味しさ共演。がっついて食べたくなりますよ~

Sdsc_8266
今宵は会社帰りのサラリーマン諸氏でカウンターが1席空いているだけ、テーブル席も一杯の盛況でした。近くのネクタイ族の帰りの夕飯にはぴったりですね~餃子の中は野菜がいっぱいに詰まっています。

Sdsc_8272

焼きたては中が熱々で美味い美味い、ご飯も味噌汁も手を抜いていないのがいいですね~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月18日 (木)

「蕎麦 おもだか」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7071

久し振りの「おもだか」さんです。入り口の暖簾もすっかり風格が出て玄関の垣根とのバランスもお店の評判と同じくらいの貫禄が出ましたね~

Sdsc_000001

お昼を過ぎた13:30頃だったので待っているお客さんはいませんでした。部屋に入ると4組のお客さんがおられました。テーブル席が1つ空いていたのでそこに座りました。

Sdsc_7074_2

御願いしたのは「桜えびのかき揚げそば¥1600」粗びき、微粉のどちらかが選べるので勿論”粗びき”を頼みました。

Sdsc_7077

”揚げたての桜エビ”は運ばれてくる途中から香ばしい桜えびの香りが届きます。口に運べば一層いい香りですしカリッとした食感がたまりませんね。そうそう、もう10年は経ったそうです。

Sdsc_7079

何回行ってもわかりにくい場所なんですよ~今回は光長寺横から行ったので余計わからず曲がったり戻ったりでした~

場所 沼津市岡宮893-4  ㈫第2㈬定休  11:30~14:30蕎麦無くなり次第終了

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月16日 (火)

「タイ旅行 6食べ物」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

00927808x539

13世紀頃、タイで初めての統一国家・スコータイ王朝がはじまって以来、長い歴史の中で独自の文化を築いてきたタイには、様々な”Thainess(タイネス)=タイらしさ”が多く残っています。アジアの古都にふさわしい格調と華やかさを誇る古典舞踊や伝 統音楽をはじめ、地方ごとに特色のある民族衣装は、伝統芸能や伝統工芸とともに極められた美しさの象徴とも言えます。また、タイに行けば必ず体 験したいと言われる古式マッサージやタイ・ハーブを使ったスパ・トリートメント、”甘い・辛い・酸っぱい”が特徴のタイ料理は、訪れる人々にとっても欠くことの出来ない存在なんです。

43485812_1902904359802557_824434940
「世界三大スープの一つTom yum goongトム(煮る)・ヤム(混ぜる)・クン(海老)」熱湯にすりつぶしたレモングラスとカフィルライムの葉を加えて煮て,エビや魚などの具を入れる。ナムプラーという魚醤油で味をつけ,ライムを絞り込む。好みでコエンドロ(香菜)の葉や小型のトウガラシを入れる。”辛い”と思われがちなタイ料理ですが、その味の中には”酸味”や”辛み””甘み”などが加わり、独特の美味しさを作り出しています。タイは食の宝庫、胃袋でタイの醍醐味を楽しむことができます。

Redcurry2
「カレー」タイのカレーはインドカレーのようなカレー粉を使いません。多種多彩の唐辛子をベースにえび味噌(カピ)やナンプラー、こぶみかんなどインドでは使われない調味料やハーブを用いて、独特のカレーをつくりあげています。レッド(辛い)グリーン(青唐辛子)イエロー(クリーミー)がベースになっている。

43551115_1902902453136081_752052205
「FriedCurryCrabuカニのカレー炒め」プーパッポンカリー。カニをカレー風味のソースで炒めたところに卵をまわしかけて、ふんわりとろ~りと仕上げた一品です。しっかりとした味なのにクセはなく、まさに病みつきになってしまうリピーター続出の「ソンブーン・レストラン」プーパッポンカリー。小泉元首相が来店して同じものを食べたそうです。

Sdsc_7756
「タイ風焼きそばパッタイ」米粉のやや太目の麺を使ったタイ風焼きそばのこと。えび、エシャロット、ニラ、もやし、干しえびなどを具材に炒め、ナンプラー、タマリンド汁、砂糖、ライム、ピーナツなどを加えて出来上がる、屋台を代表する料理のひとつです。テーブルに置かれる調味料の「クルーン・プルン」でお好みの味付けができます。

Sdsc_7873
「タイスキ」海の幸、川の幸に恵まれているタイ。新鮮な魚貝類の素材そのものの美味しさが味わえるタイスキは、人気メニューの一つです。刻みニンニク、ライム、パクチー、唐辛子などの薬味を加えたタレです。もちろん、味付けは好みに合わせて加減できるのも、タイスキならではの食べ方です。最後は日本風おじや美味しかったです。Sdsc_7939

「フルーツ&スイーツ」マンゴー、パパイヤ、ランブータンにマンゴスチンなど、1年中豊富な果物があり、まさにタイはフルーツ王国。濃い甘みは、太陽の恵み。特に3月から9月にかけてたくさんの果物が旬を迎えます。また、スィーツは、自然の甘みを活かしたヘルシーなものもたくさん。ココナッツミルクを加えて甘く蒸したもち米にマンゴーを添えたカオニャオ・マムアンや豆の餡をゼリーでくるんだ細工菓子ルーク・チュップ、ココナッツミルクの白玉ぜんざいブアローイ、練乳やチョコなどの甘いソースで食べるクレープ・ローティーなどが日本人の口にも合います.ドリアン初めていただきました~あたためると食べれますね~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月14日 (日)

「タイ旅行 4-2 ココナッツシュガー」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_1014_2

「ダムナン・サドゥアク水上マーケット」近くにある”ココナッツファーム”へ立ち寄りました。ここではココナツの花の蜜から作られるココナツシュガーを作っています。

Img_8697
これがココナッツの花、中央の花の房を鉈で切ると花の蜜がしたたり落ちてきます。発酵しないうちに釜戸で煮詰めます。

Sdsc_1016

一本のココナツの花房から毎日1リットルくらいの蜜が取れるのだそうです。ココナツの殻を燃料とする釜戸は売店のすぐ後ろにあって大きな鍋で煮詰めている所が良くわかります。

Sdsc_1020
煮詰まったどろどろの蜜を型に流し込み冷えて固くなったものが「ココナッツシュガー」です。仏像の頭の上の様な渦巻き状の円形をした形です。ココナツシュガーはタイ料理には不可欠の調味料だそうですし添加物も一切ない自然食品なんですね~

Sdsc_8158

血糖値の上昇速度が普通のお砂糖の1/3で糖尿にも良いし、脂肪として蓄積されにくいのだそうです。 ミネラルが豊富、カリウム、マグネシウム、鉄などふんだんに含まれているそうです。 身体に必要な20種類のアミノ酸のうち、16種類も含んでいるそうです。 脳や神経、皮膚等の健康を保つのに必要なビタミンB群を豊富に含んでいるそうです。
食物繊維が含まれ、腸内細菌のバランスを良好にする働きがあるそうです。 <普通の砂糖をココナツシュガーにかえることで、身体を糖化させない効果があるそうです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「タイ旅行 4-1水上マーケット」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

タイ旅行で一番だったのはここ「水上マーケット」昔からの伝統と観光が見事に融和し早朝から大賑わいです。

Sdsc_1092_2
「Damnoen Saduakダムヌンサドウワク水上マーケット」バンコクから80kmほど離れた所にある運河は、150年ほど前、ラーマ4世の時代に造られたそうです。ここでの売り買いは、小船に乗ったまま行なわれるという珍しいもの。

Sdsc_1001
マーケットは日の出から14時頃まで見られますが、最も賑わうのは朝7時から9時。というわけで、早朝に出発です!道路には太陽が白い光を放っていて、ヌードルやおかゆの屋台がもう動き出していました。昨日のスコールのせいか途中バンコク方面へ向かう道路は冠水箇所が長くあり車は大渋滞。

Sdsc_1015_2
さらに進みトンブリー地区を過ぎると景色はさらに寂しくなって、田んぼと工場ばかりに。この田んぼで作られているのは「塩」。道沿いで大きな袋に入った塩を売っている。又この地域ではタイの醤油「ナンプラー」や「ココナツの花から作る独特のコクのココナッツ砂糖」も作っています。

Sdsc_1025
いよいよ水上マーケットへ。マーケットへは水路から入る道の入り口で乗船、大型ジーゼルのハンヤオエンジンの長い筒の先にスクリュウが豪快な音でスタートしました。

Sdsc_1039
途中水上生活をしている人々の生活を見られます。この日は水嵩も多く家の前の通路まで水がついていました。

Sdsc_1096

マーケットは大きく分けて2つに分かれています。まずは、お土産品マーケットへGO!川の両脇に歩道があり、歩道の外側には、お土産屋さんの大きな建物があります。歩道から買うことも出来るし、チャーターした船から買うことも出来ます(料金は200~250Bで要交渉)。あまり広くない運河を行き交う、売り手と買い手は今にもぶつかりそう! 巧みに避けて通っています。

Sdsc_1099
次は人気の、青果市場マーケット。とは言っても今は観光化されていて、お菓子や量り売りの果物がほとんど。通路を満員にしている、人気店。売り子のおばさんは元気に大きな声を張り上げていました。

Sdsc_1104

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月12日 (金)

「タイ旅行 2アユタヤ遺跡」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_0796

朝食後マイクロバスでアユタヤ遺跡へ(約90分)バンコクから北へ80km、かつてタイ内陸の交易の中心として繁栄したアユタヤ王朝の都。ユネスコ世界文化遺産に指定されているアユタヤです。 四方を川に囲まれた島状の街は嘗て35代の王が417年の長きにわたり築き上げてきた所です。

Sdsc_0819
隣国ビルマからの度重なる交戦で王朝陥落、建造物の多くは破壊され、かろうじて戦火を逃れた寺院や宮殿、仏像、などの遺跡が残って昔を偲ばせます。

Sdsc_0795
「ワット・マハータート」1374年に建立された大寺院ですが、ビルマ軍との戦いで破壊され、現在も補強修理はされつつも、基本的にはその姿のままに残されています。中でも菩提樹の音に覆われた仏頭は迫力があります。アユタヤ歴史公園内にあります。

Sdsc_0824_2
チャオプラヤー川に接するアユタヤーは交易に適し、最盛期にはその利益で膨大な数の寺院を建立しました。ビルマの攻撃を受けて建造物や石像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなってしまいました。仏像の頭の真ん中にあるもっこり(肉髻(にっけい)という)上座部仏教といわれ、日本の仏像と違って、炎のように立ち上がってます。 Sdsc_7790_3
「象に乗って」周辺をトレッキングする。車が横断する道路を普通に歩いたりして面白い。象に乗った時はバランスをとるのに慣れないが暫く乗れば大丈夫。鼻の先でチップのお札を受け取ったり、お礼に声を出したり象さんもサービス旺盛だ。

Sdsc_7818
タイ・アユタヤで一番重要な場所と言われるのが「ワット・プラ・シーサンペット」夜になり神秘的な雰囲気がいっそう漂う世界遺産のナイトツアーもいい。

他にもワット・ロカヤスタ(寝仏の寺) など見学箇所も多い。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月11日 (木)

「タイ旅行 1出発」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7722
この時期恒例、次男との海外旅行、今年は「タイ」4泊5日の旅です。今年で一緒に出掛けるのはもう5回目になります。 三島12:23発ー品川13:09着 成田エキスプレス5号車前で合流しのですが人身事故で運行停止中、再開見通したたず困った~

Sdsc_7716
日暮里から京成スカイライナーに乗り替え成田に向かいました。余裕を持った時間で出発していたので無事時間内に到着、諸手続きを済ませ搭乗は南ウイング。

Thaiairwaysa380seatchart1024x482タイ国際航空TG677便です。二階建ての大型機は初乗りです。 1階は全席エコノミークラス。2階はファーストクラスとビジネスクラスがメインですが後方に一部60席弱ほどエコノミークラスが設定されています。窓側席は窓との間にサイド収納BOXが設置され便利。さらに、この収納と座席部分にも20~30cmほどのスペースが空いていて足を伸ばせ広々。

Sdsc_7720
成田17:25発TG677便→バンコクスワンナプーム国際空港23:55着、使用機材A380は成田と関空から毎日(3月25~10月27日迄)運航されている最新鋭機。スターアライアンスの「タイ国際航空」ANAとのコードシェアなのでANAマイルも加算されます。

Sdsc_7725

入国手続きを済ませ外に出たのが24:00、6時間30分程度のフライトでした。バンコクスワンナプーム国際空港もまだ新しくてきれいな空港です。

Sdsc_7726
迎えの車に乗り、空港から約30分でホテル到着、即おやすみなさいでした。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月 8日 (月)

「ItalianIlGerumeイルジュルメ」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7096
ピッザが美味しい「イルジュルメ」今日はいつもの「クワトロフォルマッジョとマルゲリータフィレット¥1400」のハーフ&ハーフ。どちらもチーズベースですがマルゲリータフィレットのミニトマトがアクセントになって美味しい!もちろんmozzarella、gorugonnzo-ra他のチーズも美味。

Sdsc_7093
カウンターの上や厨房の雰囲気はまさにPizzeriaTrattoria。前回来たとき聞きましたが奥さんおめでたで平日のランチは現在営業していないそうです。

Sdsc_7091
前菜は”国産牛レバーのパテ¥600”タイミングよく今日出来上がったばかりのものをいただきました。ワインと一緒ならさぞかし美味しいでしょうね~残念飲めません~香りいっぱい感じる美味しいパテでピッザにも良く合います。

Sdsc_000001_3
自家製麺の「パスタフィットチーネはボローニャ風ミートソース¥1300」こちらのラグーソースの味は好みの味で大好きなんです。また明日の計量がどのくらいUPしているか心配もしたり~

場所 沼津市平町9-1  駐車場南へ50mにあり

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月 7日 (日)

「おにぎり松風軒」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_000001_1
爽やか~真っ青な秋空、あさ5:00からやっている「おむすび、松風軒」よしずに囲まれた屋外テーブルで食べる「おにぎりや天ぷらそば」美味しいです。手作りのおにぎり、から揚げ、お弁当など地元の人から観光客まで人気のお店だ。

Sdsc_7205_2
おにぎりも昔からこの辺りでは有名、子供会や運動会、秋祭りなど仕出しも人気です。今日もショーケースは殆どからっぽ。いつものおにぎり「五目寿司150」と「明太子」その場で握ってくれるので美味しいです。Sdsc_7207_2
ベンチに座って食べる「天ぷらそば」陽気のいい外で食べるので美味しさ倍増~気持ちがいい‼安くて手軽、美味しい‼

Sdsc_7202

ラーメン食べている人多かった~

場所 沼津市上香貫三園町1377-5   ㈬定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月 5日 (金)

「アウラのタンシチュー」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7464

「アウラ」さんにやって来ました。ペスカトーレをいただくつもりで来たのですがメニューを見ていて「タンシチュー」があったのでこちらをお願いしました。

Sdsc_7463

しっかり煮込まれた「タン」は味もしっかりしてとても柔らかく美味しい!あっという間になくなりました。

Sdsc_7461

もう1品欲しいなあ~状態でしたが~グッと堪えて堪えて、これだけで我慢しました。いつもながら美味しい料理を提供してくれるレストラン「アウラ」さんです。

Sdsc_7459

場所 沼津市吉田町31−12  第1・3㈭定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月 4日 (木)

Italian「Baker's Dozen ベーカーズダズン」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7623
今日の夕食は迷ったあげくイタリアン「Baker's Dozen ベーカーズダズン」さんにやって来ました。たまたま二人掛けテーブルが空いていて予約なしで座れました。

Sdsc_7610
黒板のメニューを暫し見つめて~さて何頼もうか迷う迷う~お目当ては決まっていますが、もう1品がなかなか決まらず。

Sdsc_7627
いつも頼んでしまう色々な貝類のボンゴレ「KAIZUKA¥1880」は先に頼みました。この日は奥の個室も一杯で料理が出来るまで少し時間がかかりました。そのぶん運ばれてきた料理はいつも以上に美味しい!

Sdsc_7630
「シチリア風ゴロゴロ豚肉のラグーソース¥1300」パスタは細い麺をお願いしました。ラグーソースでは太め大き目のパスタを多く使いますが、細めにしてもらい今日は良かった~大き目の豚肉の柔らかさと絶妙のマッチング。

Sdsc_7613
相変わらずの人気の様ですね!益々頑張って地元出身のシェフSさん~

場所 沼津市町方町9-1  ㈪月一回㈰定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年10月 1日 (月)

麻布十番「鮓 ふじなが」東京

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_7551_2

息子が超高級店で人気の寿司屋に連れて行ってくれた。何と予約は既に来年3月迄いっぱいだという。会員制の寿司屋で会員同伴が原則らしい。その名は「鮓ふじなが」東京は麻布十番にある。一枚白木のカウンター10席の中央の席に。

Sdsc_7514

海苔の佃煮、なめろう、小海老、ズワイガニ、カラスミがカウンターの席の前に用意されている。さあ飲むぞ~家に帰ってネットで調べた1人前の料金に田舎では考えられないお値段だった。

Sdsc_7522
今回一番絵になった「北海道うに、イクラ、ホタテ、などが洋酒のカラーグラスに盛られて出てきた。魚介の下にはしっかりしたシャリがひかれている。和食のジャンルを超えた逸品揃いに大将の器の大きさは国際感覚の料理に通じる。

Sdsc_7517

アメリカボストンから空輸した150㎏の「生マグロ」。下ごしらえはとろみの良さを引き出す技があちこちに見える。余計な脂身を落とし表面には包丁で漬けだれが沁みやすく又口あたりがいい包丁で切り込みを入れてある。マグロの下には剥き身が入っていて驚く味に仕上がっている。 Sdsc_7524

「サンマと松茸の握り」松茸はいい食感で風味が口に広がる。サンマの甘味と融合して秋爛漫だ。

Sdsc_7530

「熟成牡丹海老」歯ごたえが生みたい食感、まろやかさが加わり海老の持つ味が十分引き出されている。つめの味もいい!

Sdsc_7532

「つぶ貝の肝」フリットしたつぶ貝の上に肝が乗っている。つぶ貝の肝がこんなに美味しいものとは魔法にかけたみたいでビックリです。

Sdsc_7549

「極上ウニ」この日の仕入れ築地で10枚は無かったという。そのうち4枚の仕入れはこちら「ふじなが」で仕入れたそうだ。それだけに自信たっぷりのウニ、手移しでもらい形が崩れぬうちに一口でかみしめる。美味い!

Sdsc_7519

秋、「松茸、のどくろの椀物」のどくらや鰹節など3種の出汁の素をじっくり煮込む。その煮込む量や時間を聞けば驚く多さだ。作り出すスープの旨味は人工甘味料ではとてもできない美味さだ! Sdsc_7538

「トロタクとろ軍艦にキャビアのせ」目の前で軍艦を作る手つきは演技賞者だ。和食も歴史やしきたりも大事だが根拠となるデータがやはりものをいう。大将の持論の様だ。そんな研究熱心な大将だから生まれる極上品の寿司。Sdsc_7528

「フカヒレこれも材料をしっかり煮込んでいる。化学調味料は一切使っていないので旨味充分でおいしい。「カツオのづけ」も美味しかったSdsc_7533

イカのの仕込みも凄い。表面はいい照りで裏側に食べた時の丁度いい柔らかさを出せる切り込みがある。まさに隠し包丁、大将の技。Sdsc_7518

「のどくろの炙り塩」只の塩焼きではない甘味、風味、が凄い!出て来る素材や一手間二手間以上かけた旨味一杯の寿司ネタは別世界の美味しさ!Sdsc_7544

「穴子」他にも「カツオ漬け」「吸い物海老香たっぷりな「味噌汁」まだ出たかもしれません~

うまみを引き出すために惜しまない努力が客に大きな食べる喜びを与えてくれる。寿司の奥深さを舌で感じた。高くても客を引き付けるに十分な内容の満たされた夕食だった。

場所 港区麻布十番2-9-5      ㈬定休  完全紹介制

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

続きを読む "麻布十番「鮓 ふじなが」東京" »

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

訪問者カウンター

「美味い店」

  • S20190430_183645_1
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • Sdsc_1005
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ