« ひらい精肉店」伊豆の国 | トップページ | 「秋ない」沼津 »

2018年9月 7日 (金)

はりきりシニアは要注意 「運動しすぎ」のリスクとは?

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018082300014_1ウォーキングや筋トレなど、日常的に運動する習慣のあるシニアは多い。超高齢化社会を迎え、介護予防や血圧の値の改善など運動による健康増進効果が注目されているからだ。運動にはプラスの効果もあるが、やりすぎは禁物。ケガや突然死のリスクを高めることにもなりかねない。

2018082300014_2
「ロコモ度チェック」やってみよう立上りテスト。立ち上がりテストは下肢の筋肉の程度をみる「体重支持指数」を参考に割り出したもの。両足で40センチの高さからしか立ち上がれなければ、すでに歩行障害が起きている可能性があるので、まずは筋力や柔軟性をつける運動から始めるのが望ましい。片足で40センチから立ち上がれれば、ジョギングもOKだ。

2018082300014_3
自分にとっての「運動強度」を測る指標には、「最大酸素摂取量」や「最大心拍数」などがあるが病院での検査を受けないとわからない。これに対し、最も激しい運動をしたときの心拍数である最大心拍数は、「220引く年齢」という計算式が多くの人に当てはまる。65歳では155回/分、75歳では145回/分になる。

「シニアでは最大心拍数の50~60%を目安に体を動かすとよいでしょう。運動中の心拍は活動量計などを装着すればわかりますが、それがなくても大丈夫です。“一緒に運動している人と息が上がらず、話ができる程度の運動”がそのレベルにあたります」

シニアの運動がもたらすリスクは、皮膚の劣化や貧血、骨折、足の変形など多岐に及ぶ。「高齢者の運動中の突然死で多いのは、心筋梗塞です。なぜ体調不良が心筋梗塞を起こすのかよくわかっていませんが、コンディションが悪いときに体を動かすと自律神経のバランスが崩れ、冠動脈がうまく拡張しなくなる。そこに脱水によってドロドロの血液が流れるので血管が詰まり、心筋梗塞を起こしやすいのではないでしょうか」

運動不足が招く生活習慣病なども問題だが、体を動かしてケガをしてしまえば元も子もない(週刊朝日抜粋)

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

« ひらい精肉店」伊豆の国 | トップページ | 「秋ない」沼津 »

【健康】」カテゴリの記事

【高齢化社会】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486328/74135892

この記事へのトラックバック一覧です: はりきりシニアは要注意 「運動しすぎ」のリスクとは?:

« ひらい精肉店」伊豆の国 | トップページ | 「秋ない」沼津 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「焼肉 東海苑」三島
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「Cafe Olio Motore ~カフェ オーリオ モトーレ~オープン」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

「素敵なカフェ」

  • 「CAFE LEONカフェレオン」函南
    チョット一息美味しいコーヒーでも如何ですか

「和食」

  • 焼き鳥「山笠」
    蕎麦・うどん・鰻・天麩羅・カツ、和食が美味しい店

沼津近郊の寺

  • 伊豆市「實成寺じつじょうじ」日蓮宗
    沼津近郊の【寺】を紹介しています
フォト

他のアカウント

ウェブページ

最近のトラックバック

静岡プログ村

無料ブログはココログ