« 「田ぶし つけ麺」 | トップページ | 「CoCo壱番屋」柿田川店 »

2018年7月13日 (金)

土用の丑近し「三島のうなぎ」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

小田原・沼津と紹介したうなぎ店、三島を外すわけにはいきません。時期的に値上げされたお店も多く価格は載せてありません。

Original_2

「うなよし」三島にのれんを掲げて六十年。創業昭和24年以来守り続けている甘口のタレと創業者が考案した独特の焼き方、そして気取りのない大衆うなぎ料理をモットーとしたお店です。調理の原点は活鰻を富士山の伏流水に曝すことから始まります。土日は行列覚悟でお出かけください。場所 三島市緑町21-6

Photo_2

「桜家」創業は安政三年。富士の雪解け水で締めた鰻を使用。朝割いたうなぎを備長炭で丹念に焼き、程良く脂を残し、代々受け継いだ秘伝のタレにつけて焼き上げます。伊豆箱根鉄道広小路駅そば、ここも土日は行列です。場所 三島市広小路町13-2

S
「うな繁」創業50年に近くなります。三島から清水町に移転し30年、上記2店と同じく人気のお店です。天然うなぎを扱ったり、店舗も広くメニューも多彩。場所 清水町伏見239-3  7月2㈪9・10(連休)17㈫23㈪30㈪ 休み

Photo_2
「すみの坊」昭和33年創業60年になります。以前は本町うなよしという名前でしたが2013年「うなぎ すみの坊」に 場所 三島市富田町3-6㈫定休 本町店㈭定休

美味しいお店はまだまだありますが、また別の機会にでも~

※国産うなぎが売れずにだぶついているようです。稚魚の不漁によって値段が高騰した国内産の需要が、値段の安い外国産に移ったためだという。数年前から、かば焼き店を含む外食店の多くが、仕入れを外国産に切り替え始め今年になってその傾向がより顕著になり、輸入物が市場の9割近くを占めるようになったという(朝日新聞抜粋)

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

« 「田ぶし つけ麺」 | トップページ | 「CoCo壱番屋」柿田川店 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑近し「三島のうなぎ」:

« 「田ぶし つけ麺」 | トップページ | 「CoCo壱番屋」柿田川店 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ