« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月18日 (月)

「父の七回忌法要」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村Sdsc_5887
作日は父の七回忌法要でした。菩提寺本光寺は現御住職の祖父である先々代36世日英上人が父の友人と言う事で我が家の菩提寺になった訳です。長寿だった父、96歳で亡くなり間もなく7年になります。

Sdsc_5888
家族全員が集まり法要が始まりました。本光寺は、宗祖日蓮大聖人と深いご縁を持つ「車返しの里」(現在の三枚橋付近)に生まれた由緒ある霊跡寺院です。

Sdsc_000001
嘗て本光寺のあった「車返しの里」(現在の三枚橋付近)の橋に架かっていたという「三枚橋石板」と言われる長い石は現在の三園橋際に流れる貉川(むじながわ)に架かる(昭和28年築)橋で、元々は石が三枚架かっていたところからついた名前だという(神社前の説明版に記載されていた)その1枚が今回神社改装のため本寺に移設された。

Sdsc_5890

法要終了後ご住職の読経の中、墓参りも済ませました。

場所 沼津市千本1910

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年6月17日 (日)

「沼津の一品ソールフード」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

市民に愛され続ける沼津の一品

Photo
「桃屋 総菜パン」 もとはお肉屋さんでした。メンチなど販売していたのをパンにはさんでむせないように甘ダレを付けて売るように成った。それが大ヒット沼津に欠かせないソウルフードです。昭和39年東京オリンピックの年に生まれ早や50数年に。沼津市町方町5

11707699_582365098570603_3830067935
「さがみ軒 冷やしラーメン」戦前より続く沼津「さがみ軒本店」 拘りの食材を使い全品手作り。昔ながらの「味」を守り続けています。知る人は知る、名物「夏季限定 冷やしラーメン」 氷の上にのった自家製面、甘酢漬けの野菜やチャーシューを少しとろみのある醤油ベースのスープで食べれば、う~んうまい。普通の冷やし中華と違い、冷たいスープがいっぱいまさしく「冷やしラーメン」です。場所 沼津市添地町83 木曜定休

Original
「ボルカノあんかけスパ」 沼津で30年以上愛されているあんかけスパの老舗。どこか癖になるような味わいで、素直に良いな~ 沼津市大手町5-4-1 

Sdsc_5634
「焼きそば 火の車」60数年の歴史ある焼きそばやさん。並盛に目玉焼き、お皿からこぼれそうな盛り付け、昔からフォークでいただくんです。沼津市丸子町748-9  ㈫定休

Sdsc_0669

「おにぎり 松風軒」手作りのおにぎり、から揚げ、お弁当など地元の人から観光客まで人気。一番好きな「五目寿司にぎり」多少甘目で酢加減が丁度いいんです。お赤飯のおにぎりや明太子も美味しいですね~沼津市上香貫三園町1377-5

他にも「中央亭餃子」「冨久屋イタリアンロール」「千楽かつ丼」「住吉ガーリックステーキ」「伊豆家天丼」「山正丼」「寿司高嶋定食」「磯春いわし漬け丼」まだまだたくさんあります~                    

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「島郷の桃は健在」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_5878

嘗て桃の栽培がおこなわれ”桃郷”と言われたほど桃の栽培が盛んだった「沼津市島郷」今も僅かながら栽培は続いているんです。小学生の頃、この辺りは一面桃の花が咲き島郷の桃畑はとても綺麗でした。

Sdsc_5876
この少し小さくて身が赤い島郷の桃をよく食べたものです。1ケースを珈舎さんで譲っもらい冷蔵庫で冷やしています。

Scimg0130
4月には島郷の桃の花も綺麗に咲きます。今は桃の木を捜すのに苦労します。槙の木の垣根に囲まれた桃畑が2~3か所あるだけです。それだけ島郷の桃は懐かしくもあり貴重なものになりました。

Sdsc_5877
場所 沼津市下香貫島郷

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年6月12日 (火)

「ワンコイン蕎麦 おきちゃん」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_5653
だいぶ前に来てから随分時間が経っての訪問です。よしずの囲いと十割そばの幟は相変わらず目につきます。名前も売れてきて、この日も7人入っていっぱいでした。

Sdsc_5643
目の前で蕎麦粉をこねるところから始めるので時間は多少かかります。手慣れた手つきで5分程よく練ってから団子状にして押し出し機に挿入し下の鍋に受けて茹で上げます。

Sdsc_5641
チンというタイムスイッチで茹で完了し冷水でもみ洗いし出来上がり。「カレー鍋うどん¥800」や「鳥南蛮ざる¥800」等も出来るんですね~

Sdsc_5649
1人前のざる蕎麦は結構大盛りです。茹でたてなのでわさびやネギを入れていただけばワンコインとは思えない味です。

Sdsc_5647
海苔は岩海苔の様で硬めです。以前よりだいぶ常連さんが増え、お蕎麦を作りながらお客さんとの会話も弾んでいるし段取りも良くなった感じです。

Sdsc_5655
駐車場はお店の前の道路を渡り、クリニックの南側隣の駐車場に3台停められます。

場所 三島市御園469-1  ㈪㈫定休 12:00~20:00

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年6月11日 (月)

どれが「1しょうぶ・花菖蒲・あやめ・かきつばた」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

梅雨の日らしく雨が数日続いています。この時期はアヤメやしょうぶやかきつばたのシーズンで菖蒲の名所が賑わいます。これらの花が咲くと何処が違うのかな~昔教えてもらいましたがあまりよく区別が出来ません。

あやめとしょうぶはどちらも漢字で書くと「菖蒲」なんです。菖蒲(ショウブ)と菖蒲園などで見る花菖蒲(ハナショウブ)も別物。だからアヤメとショウブとハナショウブは別物「いずれがあやめ、かきつばた」の杜若(カキツバタ)も別物なので4つ似た名の物あると言う事の様です。

E8e1c4a456d3c1ee8846ae46b8b1d105
1しょうぶ(菖蒲)サトイモ科 病邪を払う薬草として端午の節句・尚武の節日に菖蒲湯に入れる菖蒲1d8f1441d05cc9a9a449ad4d781e2ce32はなしょうぶ(花菖蒲)アヤメ科 葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるから。花の種類は多く紫系統の他に黄色や白、絞り等、多彩であるがどれも「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」がある。7ea0fab287e4779c4c66016572b203c8

3あやめ(菖蒲)アヤメ科 剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様。花基部の網目模様からの名の由来説もあり 種類は多くないが「花弁の元のところに網目状の模様」がある。9fc83ccb4b424c58fb523a1291a25bdf

4かきつばた(杜若)アヤメ科 種類は多くないが、「花弁の弁の元に白い目型の模様」があるのが特徴。

【咲く場所】

水辺で咲いているのは杜若か花菖蒲。あやめではない。

乾いた畑で咲いているのはあやめか花菖蒲。杜若ではない。

【背丈】

背のたけはあやめが一番背が低い(30~60cm)、杜若が中間(50~70cm)、花菖蒲は背が高い(80~100cm)。

【花の大きさ】

花の大きさは花菖蒲が大輪、あやめが小輪、杜若が中輪。(RICOHCommunicationClubから抜粋)

少し勉強になりました!

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年6月 2日 (土)

「中国料理 王味」沼津

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_5539

「アスパラと海老・イカの炒め¥1450」黄ニラ炒めは相変わらず復活していなくてこちらを頼みました。味は塩味でさっぱり王味の海老はプリプリでいつも美味しいです~

Sdsc_5543
「レバニラ炒め¥950」本格四川料理をリーズナブルな料金でいただけるのが王味さん。このレバニラもサラダやスープライスが付いた定食もあります。

Sdsc_5540
「五目炒飯」さらっとした食感ですが味は濃い美味しい炒飯でした。

場所 沼津市柳町1-56 ㈫定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ