« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

㊗新市長「久しぶり寿司を握ってみた」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 沼津のこれからを託す頼重新市長誕生!
久し振りに自分で握った祝い寿司を食べようという事になり、ネタを買ってきました。ご飯を炊いて酢飯を作り握りと巻き寿司を作りました~

Sdsc_5194
寿司ネタはマグロ赤身と中トロ、アジ、イカ、青柳、巻物は鉄火と干瓢、そしてカッパですこのところ自分で寿司を作る事がなかったせいか今迄の様にシャリの握りが手のひらでまとまりません。

Sdsc_5193_2
シャリを握ると初め米粒が手についてしまいましたが手のひらに酢を馴染ませているうちにうまく握れるようになりました。やはり握り寿司はちょくちょく握らないと腕が落ちてしまいますね~

Sdsc_5191
巻き寿司はなんなく巻けました。

今沼津は市民を始め議会・行政・県・国と一つになって進むしかないと思います。昔の秘書仲間、若くてまじめな頼重さんに期待大です!

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「空からの沼津」桜・海・空

s

2018年4月29日 (日)

「炭火焼肉まこと2」函南町

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_5005
1か月前に来て今回が2回目「炭火焼肉まこと」さんに再び屋って友人達とやって来ました。七輪の炭火で焼く焼肉を網に載せればジュージューと音がして舞い上がる肉の煙がまたいいんです。おもわず生唾が出ます。

Sdsc_5123
今日のおススメ「A5ランク松阪牛の上カルビ(カイノミ)です¥1300」ちょっと焼いていただきました。口の中でとろけます。

Sdsc_5118
「タン塩¥750」こちらのおススメだけあって厚いし歯切れがいい、レモン汁が掛けてあるのでそのままいただく。

Sdsc_5133
今日の「ハラミ¥650」は特別柔らかくて美味い!量が少ないのか足りません~これまたお代わりでもう一皿。

Sdsc_5130
「ビビンバ¥650」ほうれん草もモヤシもおなますの酸っぱさとナムル全体がいい味のバランス。スープが熱いのもいいね!

Sdsc_000001_12
「味付き焼き豚足¥650」コラーゲンいっぱい!中はブリブリ柔らかでいい味です。焼肉屋で豚足を出すお店が少なくなって貴重です。

Sdsc_000001_11
「カルビスープ¥550」ピリッと辛くて口あたりがいい!熱々で身体の芯まで熱くなる。

場所 函南町平井640-7  ㈪定休

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月18日 (水)

「13 次回は島巡りをしてみたい」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 

今回はハワイ島かカウワイ島に行ってみたかったんですが~ホノルルからだと昔の様な3島巡りとかは全くなく、今はハワイ島、カウワイ島単独の島行き、いずれも早朝5時ないし6時ホテル出発とやたら早い。理由は空港に2時間前までに着いていないといけないんだそうです。

Volcano_lava

ハワイ諸島の中で一番大きい「ハワイ島」は、活火山の溶岩が海に流れ込み、拡大し続けています。火山だけでなく、カウボーイから高級リゾート、エコアドベンチャーに至るまで、ハワイ島は見どころが豊富です。

溶岩の流れ出るあたりまでのトレッキングはかなりきつく健脚の方にはおすすめ。よって私は駄目。

Roosterfarms1
トレッキングは無理ですが、珈琲大好きな私”世界3大コーヒーのハワイコナ100%の珈琲豆はかつて日本人の移民の方が苦労して栽培を始めた珈琲、そんな人気のコナコーヒー農園やMASAGOホテルも回ってみたいです。

ビックアッチェやブルマン、キリマンにも負けない!おススメはLOIN COFFEE、ROYAL KONA COFFEE、AWAIIAN ISLE KONA COFFEE。JAL.コナ直行便もある様だしハワイ島行きたいですね~

Whales
「マウイ島」標高 3055 メートルのハレアカラは、マウイ島の最高峰です。ハワイ語で「ハレアカラ (太陽の家)」の名前の通り、ビジター センターからは最も美しい日の出と日の入りを眺めることができます。

ホエールウオッチングやハナへの道も魅力的ですが~料金も直近手配だとホノルルから5万から6万とかかかるしマウイ島は星空観察迄するので帰りが0時になるとかでやめにしました。

Hanaleivalley
私が初めて行ったハワイはプレスリーのブルーハワイが上映された頃で未だ1㌦360円の時代でした。ハワイアン航空の飛行機はコックピットまで入れてくれたり、それはおおらかでした。

ハワイ島のコナや遠くから見たキラウエア火山、カウアイ島のシダの洞窟の中で歌ってくれたハワイアンウエディングソングやブル―ハワイの歌声は今でも脳裏に残っています。

だから今回は行ってみたかったんですが残念です。今は大型客船での4島クルーズがあるそうだし、ハワイ島直行便もあるので次回行く機会が有ったら考えてみたいです。

Sdsc_4911
楽しかったハワイ旅行 ダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)国際空港を後にしました。帰りは気流の関係で8時間30分もかかって成田到着です。招待してくれた息子に感謝です~

Sdsc_4919
これが美味い!大好物の崎陽軒「シュウマイ弁当」を新幹線でいただき日本に帰ってきたと実感!

4月2日20:00無事沼津に帰りました。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月17日 (火)

「12 アロハタワー界隈」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Rekwqohestd8s0
ホノルル港のランドマーク「アロハタワー界隈」かつて船の時代の玄関口は、アロハタワーの建つこの港でした。外からのお客を迎えるシンボルらしく、写真の下にアロハオエの像が建っています。

Sdsc_4821
現存する「最古の帆船オイルタンカーFalls of Clydeフォールズ・オブ・クライド号」。1878年スコットランド・グラスゴーで造られた帆船で、アメリカ本土とハワイ間を結んでいた定期船。かつてはイギリスとインドを何度も往復して、インド貿易に貢献。その後、貨物船としてオーストラリア、ニュージーランド、インドを航海。そして、1899年マトソン・ナビゲーション社に買われ、ハワイにやってきました。1907年までハワイ島のヒロとサンフランシスコを何度も航海。ハワイ産の砂糖などだけではなく、ハワイ・サンフランシスコ間の乗船客も運んでいました。

Sdsc_4819
ホノルル港の第7埠頭に位置するハワイ・マリタイム・センターは、ポリネシア人の海の大移動や捕鯨、航海、漁業など、「海」をテーマにハワイの歴史を語るミュージアム。1階には、古代ポリネシア人がハワイの海に与えた影響をテーマに、ユニークな展示物が目白押しです。双胴カヌー型のガラスケースの中には、古代ハワイアンが使った魚網や釣り針(犬歯で作ったものもあります)、美しい貝で作った浮きなど、古代ハワイで使われた釣り道具類が多数。「ポリネシア人の遠洋移動」のセクションでは、大昔、航海計器も持たずに星の位置や風向き、潮流などを頼りに大海原を渡ったポリネシア人の航海術や、古代のカヌーを復元し、大昔の航海術に則ってタヒチまでの遠洋航海を実現したホクレア号、ハワイロア号や大型帆船も係留されている。Pier 7 Honolulu Harbor,  Honolulu, , HI 96813 

060511

プラネタリウム“星の羅針盤”
星の動きを頭にたたきこむために、ナイノア・トンプソンが足しげく通った場所がビショップミュージアム内のプラネタリウム。真っ暗な洋上で過ごす夜間、目印となるものは空に瞬く星たちだ。船がハワイを出発する時、タヒチに近づく時の北極星や南十字星、その他多くの星座の見え方をプラネタリウムに映しだし、星の羅針盤として覚え込んだという。

Hokulea
1976年当時の「ホクレア号」と、ナイノア・トンプソン氏とクルー達を紹介した展示(マリタイムセンター)ポリネシア人は定住という目的と共に家畜と植物をカヌーにのせ、島と島の間何千キロを往復した。ポリネシア人の高度な航海術は、西洋式の海図をたよりにしたナビゲーションではなく、「ウェイファインディング」と呼ばれる。太陽、雲、星、風、波、鳥など、ありとあらゆる自然現象を観察しながら、常に自分が太平洋のどこに位置するかを体で覚え、コースを決めるという方法だ。

Polynesie11

ポリネシアン・トライアングル(Polynesian Triangle)とは、北端をハワイ諸島、南東端をラパ・ヌイ(イースター島)、南西端をアオテアロア(ニュージーランド)の3点を結んで出来る三角形。ポリネシアの構成を簡単に定義するのによく使われる。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「純喫茶 キネマ座」三島市

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

ノスタルジーでレトロな雰囲気を感じさせる空間。ここが喫茶「キネマ座」映画音楽を聴きながら、本格ネルドリップ珈琲とおいしい食事で、ゆったりとした時間が過ぎました。

Sdsc_4993

アラン・ドロンとジャンポール・ベルモンドが競演したこともあり、世界的に大ヒットした映画「Borsalino」。続編の「ボルサリーノ2」ではアラン・ドロンがボルサリーノを端正にかぶり復讐劇を演じている。

イタリアのエレガンス「ボルサリーノの中折れ帽」「イタリー製ウイングチップの様なジェントリー・コンプレックスの様な靴」を何気なく置いたこの雰囲気!

Sdsc_4990
目を右に向ければ、ブリジッド・バルドーの写真や蓄音機、大きな置時計、展示品や備品、装飾品、皆映画に関するもの。そのこだわりは凄いの一言!

Sdsc_4995
「サンドイッチ」も野菜は新鮮だしパンも柔らかで美味でした。これだと他の軽食もきっと美味しいでしょうね~モーニングセットからオムライス、ナポリタン、ピラフ、カレー、等。サンドイッチに味噌汁が付いてきたのにはビックリ!他の食事にも付いているそうです。

Sdsc_4988
ネルドリップで淹れる珈琲は今は少なくなりました。久しぶりのネル美味しくいただきました。次回はボルサリーノブレンド(深煎り)飲んでみましょう。ストレート珈琲もクリスタルマウンテンNO1やマンデリンなど豊富。映画好きの方には堪らないお店ですね。

Sdsc_4987

画面正面には懐かしい”ジュ―クボックス”が有ります。右手の棚にはレコード盤がいっぱい~ホワイトボードには上映中の映画「ペンタゴン・ペーパーズ(Tom Hanksトムハンクス&Meryl Streepメリルストリープ主演)」の解説がびっしりと書かれていました。

場所 三島市梅名109-2 毎週木曜日+第1・3水曜日定休 夜20:00迄

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月16日 (月)

「11 カカアコのウォールアート」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_4828

空港からワイキキへ向かう途中、ワイキキやアラモアナ地区の手前にあるのがカカアコ地区だ。カカアコ、最近は開発が進んでこの1~2年でオシャレな複合施設やショッピングセンターが続々作られている。

Sdsc_4826
近年可愛いお店や綺麗な場所が続々登場し、一気に人気に火がついたオアフ島の新定番スポットです。倉庫街だった以前からウォールアートが盛んで、インスタグラムなどSNSに自撮りを投稿する人たちで賑わっている。

24127064_218717372002836_1622766153021_o

カカアコのウォールアートは「POW! WOW! Hawaii」という団体が管理・運営しており、基本的には毎年書き換えられている。

029_o
ホノルルで比較的最近始まったシェアバイクサービス「biki(ビキ)」。30分の利用で3.5ドル(約389円)、日をまたいで300分までだと20ドル(約2220円)。bikiのポートがあるところならどこでも返却可能。

Img_09471024x721

カカアコの端にある「South Shore Market(サウスショアマーケット)」。こちらも著名な複合施設「Ward Village(ワードビレッジ)」の一角にできたショッピングスポットで、入居しているのはほとんど服飾・雑貨店。ただ、特徴的なのは現地デザイナーの手掛ける店舗が中心になっていることで、現地でも注目を集めているとのこと。

Img_09661024x696

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月15日 (日)

「10 人気のパンケーキのお店」ホノルル

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 人気のパンケーキのお店

E1445573579840
「Eggs'n Things/エッグスンシングス」

Eggs’nThingsが日本に上陸したことがきっかけで、日本のパンケーキブームが起こったともいえます。山盛りの生クリーム!軽くあっさりとしています。パンケーキは、小さめのサイズのパンケーキが5枚でてきます。

パンケーキ自体も、ふわっふわで塩味がきいていて甘ったるい感じがしないので、食べやすいです。オムレツや卵料理との相性も抜群です。おススメ「ストロベリーにホイップクリームとマカデミアナッツ」

Sdsc_4661

「Boots & Kimo's/ブーツ アンド キモズ」

マカダミアナッツソースがけのパンケーキとして有名なお店。オアフ島の東海岸にあるカイルア地区の有名店ですが、まだ日本には未上陸です。開店前から列ができる人気店で、日本のファミリーレストランなどでよく見かける順番表に名前を記入します。

ここのおススメ「マカダミアナッツ・パンケーキ」の特徴は、パンケーキをおおってしまうほどたっぷりかかったマカデミアソースです。見た目は甘そうな印象を受けますが、一口食べると独特の甘みと、弾力があってやや塩味のパンケーキの相性が抜群です。ペロッと食べれてしまいます。

Dattibeibi
「The Original Pancake House (Ala Moana)/ザ・オリジナル・パンケーキハウス」

1953年にオレゴンで創業したパンケーキレストランです。今では、アメリカに100店舗以上を構える、アメリカ人に愛されているお店です。カピオラニ大通り沿いにある、牛角が目印のビルです。お店は、木目調のインテリアで、昔のアメリカの雰囲気を楽しめます。

おススメは「ダッチベイビー」ドイツ風のパンケーキで、クレーターの様な形をしています。このパンケーキを作るための卵、バター、小麦粉、ホイップクリームのすべて上質なものを使用しています。中はふわふわでしっとりした食感で、外はカリっとしています。レモン、バター、粉砂糖をかけて頂きます。レモンの爽やかさが甘さと合います。

E1445573521929
「Wailana Coffee House/ワイラナ・コーヒー・ハウス」

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチリゾートの目の前にあるアメリカンダイナーです。店内は広々としていて、アメリカンな雰囲気です。アメリカ本土や現地の人からの人気が高く、日本人のお客さんは少なめです。一人で食べて恥ずかしかった!でもおやつ感覚でいい。

おススメは「ブレックファーストスペシャル」パンケーキ食べ放題に卵を2個分使ったスクランブルエッグに、目玉焼きとベーコンがついてきます。それで安い!

E1445573559143
「Cafe Kaila/カフェ カイラ」

カイムキ地区のマーケット・シティ・ショッピングセンターの中にあるレストランです。日本でも大人気で3時間待ちになるなど、行列がたえません。ハワイの「Cafe Kaila」も日本ほどは並びませんが、平日でも列ができています。「Cafe Kaila」のパンケーキは、ふわふわで、たくさんのフルーツがのり、メープルシロップと生クリームと一緒に食べます。また、嬉しいのがシロップと生クリームが別に添えられてでてくることです。

おススメは「バターミルクパンケーキ フルーツ全部のせ」 こぼれおちてしまいそうなぐらいの量のイチゴ、ブルーベリー、バナナ、リンゴがのっています。パンケーキは大きめのサイズのものが3枚です。Trolleyに乗る前に食べましたが量が多い!

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月14日 (土)

「ビックリ スーパーヨット」沼津内浦湾

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Dsc_0456

とんでもない船が内浦湾に停泊していました。その形といい大きさと言いまさに「スーパーヨット」滅多にみられるものではありません。早速カメラにおさめてきました。停泊場所は淡島ホテルの北側です(4月14日14:00撮影)

Sdsc_5052
調べてみた所、オーナーは現在45歳のロシア人富豪のAndrey Melnichenko(アンドレイ・メルニチェンコ氏)。ロシア最大の銀行MDM銀行を設立し、肥料を生産するロシア化学工業Euro Chem、ロシア最大の石炭エネルギー企業Siberian Coal and Energy Companyを保持するミリオネア。Blohm+Voss造船所が2008年に建造した"A"Yacht.。それが何故ここに・・・

Dsc_0437
A"Yachtの総額建造費は日本円にして270億円。全長約120mのA"Yachtには3つのプール、ヘリポート、ゲスト用キャビン6、オーナー用キャビン1が用意されており、ヨット内には44台の防犯カメラが設置されている。60万ドル掛けたシルバーミラーの扉は指紋セキュリティシステムが搭載されているという。

Sdsc_0454
40人のクルー、機械技師、セキュリティスタッフ、家政婦、デッキ手、厨房クルー、シェフたちが常備スタンバイしている。またクルーのなかにはサーフィン、ジェットスキー、水上スキー、サイクリングのための専門家までが用意されている。

Sdsc_0432
世界で12番目に大きい、世界で5番目に高価な個人所有のスーパーヨットです。デッキにはジャグジー含む3つのプールがあり、6万ドル(600万円)の特注の手すり、4万ドル(400万円)のシャワーノブ、インテリアにはバッカラのクリスタルが贅を尽くし使用されています。

Sdsc_0452
厚さ44ミリの防弾ガラスに、高度なセキュリティー・システムを採用しているのはまるで軍艦のようでもあります。潜水艦のような丸みを帯びた構造と外壁は、外部からの侵入者を寄せ付けないような仕組みになっています。44台のセキュリティーカメラと屋外カメラは、赤外線暗視システムを搭載して、怪しい動きを感知するシステムになっているそうです。まるで流線型の潜水艦に近い革新的な外観は人目を引きます。

Sdsc_0441
$323ミリオンの価格だけでなく、12000馬力、無給油での航行可能距離は6500マイル(1万キロ)、燃料タンクを満タンにするだけで90万ドル(9千万円)と想像を超える数字には溜息が出ます。何故内浦の海に停泊しているのでしょうか~少し離れた所には巡視船がパトロールしているようです。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

「9 アラモアナショッピングセンター」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_4713

世界有数のリゾート地ハワイ。その美しい自然に負けず劣らず魅力的なのがオープンエアのショッピングセンターとしては世界最大級の「アラモアナセンター」290以上のショップが軒を並べる巨大モール。常に新しいショップがオープンし進化し続けている。

Sdsc_4714

「アラモアナセンター」には、3つのデパート、一流ブランドのブティック、日本未上陸のアメリカンブランドなど、290店舗以上の人気ショップがフロアに分かれ集結しています。オープンエアのアラモアナセンターは、ハワイのさわやかな風や明るい陽射しを感じながらショッピングが楽しめる開放感が魅力のひとつ。

Event1
アラモアナセンターのセンターステージでは、午後1時より約20分の無料フラショーが楽しめたり地元の音楽家の演奏などもある。

Sdsc_4722

「Disney Store」アウラニだけでなくディズニーストアへ行くことも子供達の楽しみ。買い物は勿論ゲームやお絵描き子供達を飽きさせない。

Sdsc_0153

「フードランド・ファームス」入り口から右手に進むと、新鮮な野菜やフルーツがずらりと並ぶハワイ産のフルーツ!ノースショア・カフクのパパイヤ。皆美味しそうです。

Sdsc_0167

さらにその奥には「Hot & Cold Self-Serve」ベーカリーには、焼きたてドーナツ。「BUTCHER(ブッチャー=精肉)」コーナー。となりには「Fismonger(フィッシュモンガー=鮮魚)」も。欲しい食材を重さで注文します。赤身肉買いました!

Sdsc_0163

何せとんでもなく広い!ワイキキからのアクセスも、市バスやトロリーでわずか10分程度と超便利!何度も行ってしまいました~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月11日 (水)

「8 スナップ画像・家族」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_0322
親爺を招待してくれた三男夫婦と次女。オアフ島東海岸ノースショアに向かう途中の白浜の海岸。絶景だし人がいない穴場ビーチ「ワイマナロ・ビーチ(Waimanalo Beach)」。

Sdsc_0306
次男の先生

Sdsc_0252
今回長男家族と次男嫁が仕事が休めず参加できなかったのは残念!年寄りはカメラマンです~被写体が悪いので露出せず裏方。(潮吹き岩の近く)

Sdsc_4649
三男夫婦の長女

Sdsc_0330

孫娘も姉妹でニワトリをカメラにおさめようとに夢中。年々大きくなっていくのが楽しみです。今回一緒に参加できなかった家族も又夏には会えるでしょう。(マカデミアナッツの農園)

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月10日 (火)

「7 パンケーキ&ガーリックシュリンプ」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_4650
レンタカーを一日借り、昨年食べて美味しかったカフクの「ガーリックシュリンプ」を食べに行きながら島1周をすることになりました。最初に寄ったのはランチで「Boots&Kimosブーツ&キモズのパンケーキ」

Sdsc_4661

「カイルア」で人気の有名なレストラン。この日も外で待つ事30分、Kimo’s Famous Macadamia Nut Sauce on His Onolicious Pancakesたっぷりかかったマカデミアナッツソースが有名で混んでいます。甘みとナッツの香ばしい味で、噂通りとっても美味!

Sdsc_4664

「ShrimpAlfredoOMELETTE'S」GarlikShrimp With Mushrooms Swiss/Parmesan Cheese With AlfredoSauceガーリックシュリンプとマッシュルームのチーズとアルフレッドソースのオムレツ。シュリンプよりマッシュルームが多くて~

Sdsc_4662

「Onolicious FriedRice Omeletteハム&チーズのオムレツとサイドはフライドライス」チーズ濃厚、炒め飯のフライドライスいただきましたが、そこそこにおいしかった。それにしてもオムレツもデカイ!

Sdsc_4660
お店の中はスポーツシャツやポスターなどが吊るされたりしている。店員さん達もなかなか活動的で愛想が抜群だった。

19
近くにはハワイ州で唯一のサンドバーを持つカネオヘ湾がある。季節や時期、潮の満ち引きによって、海面の高さが変わりますが、船からサンドバーに降り立ち白砂の上を歩けば、海、空、山、広大なる自然の風景は「天国の海」と呼ぶのにふさわしい。

Sdsc_4684_2

「カフク シュリンプ フミズ1号店」全米で食べたいランチベスト5に選ばれたことがある人気店。現地でとれたエビを使ったガーリックシュリンプは、ほかの店に比べてやわらかくて大ぶり。ハワイに来るたびに食べに行くファンが多いのもうなずけるおいしさです。

5
昨年食べて美味しくてまた来てしまった。ここトレーラーが1号店だそうです。バターガーリックとシュリンプの味が最高ですね~

Sdsc_4688

バターガーリックシュリンプならFumi's Kahuku Shrimp Truck 56-777 Kamehameha Hwy, Kahuku, Oahu, HI 96731-2301 プレートランチにはバターガーリックシュリンプ絶対おすすめ!   

これより「HALEIWA North Shore」波は昨年ほど高くはなかったが昨年見られなかったカメさんに出会う事が出来ました。夕方にはワイキキのホテルに戻りました。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 9日 (月)

「6 ハワイで人気の日本食」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村  ハワイで人気の日本食

Sdsc_4763
1「丸亀うどん」

相変わらずの人気店です。ディナータイムは今年も大行列でした。夜遅くまで行列が途絶えません。2011年4月のオープン以来、丸亀製麺の店舗別売り上げランキングで、ずっと1位をひた走っている。

Sdsc_4715
2「白木屋」

新しくなっても1ドルビールは健在!!アラモアナ・センター「ダイヤモンド・ヘッド・ウイング」で営業していた白木屋(屋台)が今年の1月は、「エヴァ・ウイング」に移転「シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク」としてオープンしていました。

Sdsc_4741
3「WAIKIKI YOKOCHOワイキキ横丁」

個性豊かな注目のお店が揃い、ラーメンをはじめ、天丼、鉄板焼き・お好み焼き、焼肉・鍋物、串かつ、お寿司、カレーと幅広い日本食をラインナップしています。2250 Kalakaua Ave

Sdsc_4768

4「牛角ワイキキ店」

滞在が数日過ぎると食べたくなるのが焼肉。ステーキは程々食べたし、でもお肉が食べたいなどの時は重宝なお店です307 Lewers St., Honolulu, HI 96815

Sdsc_4751

5「SHAKAPOKE」

マグロが美味しいという。他に牛丼は日本の味でとても美味しかった。うどんもあり。日本料理を扱うお店がどんどん増えていますが味がイマイチも多いですね~2250 Kalakaua Ave, Waikiki Shopping Plaza, Honolulu, Oahu, HI 96815-2542

先回寿司屋さん天婦羅屋さん、中華屋さん、焼きそば屋さん、おにぎり等載せたので今回はこれくらいで終わり~

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 7日 (土)

「5 ドルフィンウオッチングとシュノーケリングでワイアナエに」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_4552

この日はドルフィンウオッチングとシュノーケリングで「ワイアナエ」に。西オアフのクリスタルブルーの海、快適なパワー・カタマランに乗ってイルカに会いに出かけました。

Sdsc_0233
見るからに海で育った地元のベテランクルー3名、風格たっぷりな船長、イルカのいる海に一緒に入るスペシャリストが2名が一緒です。 夜行性のハワイアン・ハシナガイルカが集まるワイアナエ沖、マリーナからわずか5分でイルカのいる場所に到着。

Dsc_0187
スタンバイしていた皆さん案内人がイルカを見つけると飛び込め!の合図で次々海にドボン。皆さん元気です。私は一人船上で撮影係~

Sdsc_0229
イルカたちがいる海の中は耳を澄ませると、イルカたちのキィーキィーというおしゃべりが聞こえることもあるんだって。  (11月から4月の間は、ザトウクジラに会えるチャンスもあり!)

Sdsc_0204
水面に浮かんで呼吸をするイルカは5頭くらいの家族だそうです。飛び込んだ案内人がイルカを見つけるとヘイ~カモンと指で居場所を教えてくれます。皆さん結構近くまで行ってカメラに収めていました。

Sdsc_0238
場所を変えてウミガメを捜します。クルーはカメの住処を知っているのですぐにカメを見つけました。ゆったり浮かんでいるカメさん海の中でものんびりしています。

S1522351131488_2S1522351133946_2
「次男が水中で撮ったイルカと亀」すぐ近くまで近づけるそうです~

Sdsc_0247

料金は約14,000ワイキキ地区からの送迎、シュノーケルセットとフィン、ライフジャケットの貸し出し、オリジナルバッグに入ったスナックとボトルウォーター1本、日焼け止め、ハワイ州税、サービス料(チップ) を含んでいます。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 6日 (金)

「4 トランプタワーH内 BLT STEAK Waikiki」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

ハワイ有数の超高級5つ星ホテル「トランプタワーH」の一階の「BLT STEAK Waikiki ステーキハウスBLT」です。バーカウンターを備えた広い店内は人数に対応できるテーブルが多数と我々が案内された通り沿いのオープンテラス席があります。

Sdsc_4603
まずは「カリカリのパンと、レバーペースト」です。ペーストは少し付けただけで塩気もあり十分美味しくいただけます。

Sdsc_4605

「焼きたてで熱々のPopover(ポップオーバー)」チーズの香りが食欲をそそる。無塩バター、塩を好みでつけて食べます!これだけ出てくると、お肉にたどり着くまでに満腹になってしまいますね~

Sdsc_4597

「SEAFOOD PLATTERSシーフードプラター新鮮な海の幸の盛合わせ」ジャンボシュリンプ、各種オイスター、アサリ、ズワイガニの爪、スナッパーのセビーチェ‥など

Sdsc_4617
「PORTERHOUSEポーターハウス」骨付き、リブロース(サーロインとフィレ両部分)1020g。アメリカンなステーキですからがっつり食べたい時はボリュームのあるポーター ハウスが一番、サーロインとフィレの両部分が楽しめました。

Sdsc_4600
「CAESAR SALADシーザーサラダ」レタスたっぷり、いかにもアメリカンなシーザーサラダです。パリパリなレタスとシーザードレッシングが良くマッチしています。

Sdsc_4594
「マグロのタルタル」アボカド、ライム醤油ドレッシング。本場フランスで腕を磨いた世界のトップシェフの作り出す料理は美味!

Sdsc_4595

Sdsc_4596

孫達は子供メニューのピッザやペンネの料理をペロリ食べていました。

223 Saratoga Road, トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ1階, Honolulu, HI 96815

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 5日 (木)

「3 DIAMOND HEAD CRATER & KAHARA」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Dsc_0050
この日はTギャラリアbyDFSから「ワイキキトロリー、グリーンライン(35分間隔で運転」」で次男と出掛けてみました。陽気でおおらかな運転手さん楽しくなりそうです!

ダイヤモンドヘッドハイキングや、ダイヤモンドヘッド周辺の美しい景色を満喫するにはおすすめのラインです。 ホノルル動物園、ワイキキ水族館、ダイヤモンドヘッドを通り、人気のオーガニックスーパーあるカハラモールまで行けます。

Sdsc_0085
ダイアモンドヘッドビーチパーク周辺から見渡せる海岸線の美しさは火山の島マウイを感じさせる見事なロケーション。この先「KAHARAカハラ」や72号線「HanaumaBayハナウマベイ」等々絶景が続く。

Sdsc_0066
「DIAMOND HEAD CRATER」のダイアモンドヘッドロード案内板を左折しトロリーは山に登っていく。 ハワイを「発見」したのはイギリスのジェームス・クック船長。火口壁に埋まっている方解石を見つけ、「おおっ、こんなところにダイヤモンドが!」と間違えたところから「ダイヤモンドヘッド」と名付けられたといわれています。

Sdsc_0073
画面左上頂上付近の階段を登り切ったあたりがクレータが見渡せる場所らしいが~上を見ただけで足が止まり登山は断念。外輪山の一番高い部分が標高232m。そこがダイヤモンドヘッド・トレイルの山頂です。

Howtogettodiamondheadcraterinhawaii
もともとハワイは火山の噴火でできた島々。未だに火山活動が続いているハワイ島のキラウエア火山などもありますが、ダイヤモンドヘッドの噴火は30万年前に起こったきり。ダイヤモンドヘッドは死火山の外輪山なんだそうです。火山というだけに、中心部分のクレーターはくぼんでおり外側は高さがあります。

Sdsc_0074
「グリーンラインのトロリー」の停留所もクレーター内の山頂入口に設けられている。火口駐車場から山頂へは約1kmの道のりであり、往復1時間から2時間程度。登山路は未舗装であり、狭くて急な階段やトンネルがあるため、サンダル履きなどは適さない。

Sdsc_0106
「カハラモール」で下車し軽い食事とこの辺りの名物というREFRESHINGドリンクを「pizzakitchen」でいただいた。キュウリのフレッシュジュースがこんなにあっさりすっきり美味しいとはびっくり!

Sdsc_0098
「カハラモール」は、おしゃれでユニークなブティックや雑貨店、数々のレストランをはじめ、オーガニック&ナチュラルスーパー「ホールフーズ・マーケット」ハワイ第1号店、「メイシーズ」、「ロングス・ドラッグス」、「ロス・ドレス・フォー・レス」、そして映画館までを備える屋内型ショッピングモール。ダイヤモンドヘッドとハナウマ湾の中間に位置し、ワイキキからのアクセスも便利です。

Sdsc_0385

「 Tantalus Mountainタンタラスの丘」から見た「DIAMOND HEAD ダイヤモンドヘッド」

タンタラスの丘はホノルルの町の北にあり、アラモアナ、ワイキキ、マノアなどの比較的近くにあり、頂上からはホノルルの町や太平洋が見える景勝地で、ホノルル市民の格好のハイキング地となっている

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 4日 (水)

「2 The Grand Islander by Hilton Grand Vacations」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

Sdsc_4567

ヒルトンハワイアンヴィレッジ内の「ヒルトン・グランドアイランダー」今回の宿泊先です。「The Grand Islander by Hilton Grand Vacations」2023 Kalia RdHonolulu, Oahu, HI 96815-1917

Ff4ebaec

Sdsc_4704
孫娘達は朝から3階のプールで遊んでいます。毎日色んなプールに入れて嬉しそうです。プールサイドには大きなジャグジーが有ってゆったり浸かってのんびりも出来ますが~私は日陰の長いすで居眠りです。

Sdsc_4835
ホテルの建物の間には椰子の木の芝生や熱帯植物が涼しさ与えてくれます。その近くにはいくつものプールや海浜ビーチもあって子供だけでなく大人も楽しめますね~

Sdsc_4871

夜はこんな感じです。金曜ここで行われる恒例の花火楽しみ~到着後から歩かなければならないので今日は8千歩も歩き脚が棒!明日から歩けるか心配だ~

Sdsc_4560

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

2018年4月 3日 (火)

「1 To Hawaii again this year」

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村 

「To Hawaii again this year」I am leaving from NaritaSdsc_0386

今年も息子の招待でやって来ました”Hawaiiハワイ”カラッとした空気と湿度は何と気持ちのいいものなんでしょう!心も身体もリフレッシュできます~ダイヤモンドヘッドがお出迎え~

Sdsc_0309
成田を午後9時35分のANA181便でtake offやはり眠れずにホノルルに現地時間10時(日本時間午前4時)に到着。数日前にアウラニ・デズニーに先着の三男家族とは夕方アイランダーホテルで合流の為二男と近くをぶらぶらしたり食事をしたり、バスに乗ったりして夕方まで過ごします。しかし.眠い!

Sdsc_4643
昨年は乗らなかった”ワイキキトロリー”は多数のコースがあって島内観光にはもってこい。この日は”ピンクライン”(JCBカード提示で無料)に乗ってみました。乗り降り自由で便利~

Sdsc_0042
ワイキキビーチは多様な人が思い思いの楽しみ方でエンジョイしている。写真を撮れば皆美しい色合の画像になる。さあこれから1週間何をして過ごそうか楽しみだ。

Sdsc_0016

ヨットハーバーには豪華艇がずらり、カタマランや帆船らしき艇も係留されていました。

⇐PleaseClickクリックお願いします。
にほんブログ村

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ