« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

「スペイン料理 サングリア」沼津店

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_2433お店のエントランスからスペインの香りが感じられるような洒落た建物、お店の中に入れば何処を見てもSpainを感じる造作は見事です。家具やテーブルそして壁、中庭、装飾のいたるところまで気を配っていて雰囲気は最高です。Sdsc_2429やはりこちらのお店に来たらまずは「ミックスパエリヤ¥2600」でしょう。本来親しい仲間や家族と大勢で来てワイン片手に小皿、大皿料理をたべながらワイワイやるのが楽しいんですが~Sdsc_2413お酒は飲めない私、今日も静かにお食事をしてきました。「海老のアヒージョ」熱々の海老はプリプリで美味しい!「タコのガーリックアヒージョ¥980」や「イカのスミ煮¥980」「ムール貝のワイン蒸し¥1150」「アサリのマニエル¥950」なども美味しそうですね~Sdsc_2426「海老のカタラン風」人気NO1だそうです。確かにじっくり煮込んだ海老のコクと風味が美味しいソースです。最後までパンにしっかり付けて食べてしまいました。Sdsc_2434

場所 沼津市岡宮1320-8

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年7月23日 (土)

「沖縄の友人Mさんから嬉しい電話」&「海鮮・天婦羅 矢吉」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村  Sdsc_0150一昨日、昔の会社の仲間、沖縄のM社長さんから電話があった!私も連絡したいと思っていたところにタイミングよくかかって来た”風の噂にまた太ったと聞いたが調子はどう”がMさんの第一声。Sdsc_0202私からは、今年も家族で沖縄に行くので細部がわかったら連絡を取る予定だった旨話す。が、Mさん夏休みは実家の博多に戻ってしまう由、残念またの機会に来て~案内するよ~Sdsc_0225”九州弁というか沖縄の言葉というか話していていい響き”しばし懐かしく昔話をしてしまった。古き良き友人との会話は嬉しいし楽しいものです。静岡空港から那覇は直行便もあるしそれまでお互い元気にやりましょう!(村ちようさんの話もでましたよ~一緒に来んかいってMさん言ってました)沖縄に集合もいいかも~(画像は昨年のもの)

「海鮮・天婦羅 矢吉」沼津Sdsc_2202_2沼津魚河岸の入り口付近にある「矢吉」さんに地魚の刺身をたべに出かけました。親父さんが大の釣り好きで自分で釣った魚を出してくれるのも楽しみなんです。Sdsc_2205カウンターの上のケースには色々美味しそうな魚がぎっしり入っています。中でもアジやキンメが目に入ってきます。黒板にその日のおすすめが書いてあり何にしようか迷います。Sdsc_2214結局決めたのは「魚河岸定食¥2150」食べたかった魚貝のかき揚げも入っているし、刺身の盛り合わせ、小鉢の冷ややっこ、カニの味噌汁、お新香とご飯、いい組み合わせです。Sdsc_2212刺身はマグロや海老、新鮮なイカ、サーモン、スズキなどの盛り合わせになっていました。スズキや銀しゃけがいい味でした~Sdsc_2213奥の厨房で奥さんが揚げたと思われる「海老のかき揚げ」カリッと揚がってネギ野菜。海老が相互に味を出していてなかなかいけますね~熱々の蟹汁も出汁が効いて美味しかったです。メニューを見ていたらまご茶もあったので次回のお楽しみです~

場所 沼津市千本東町30‐1  木曜定休

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年7月14日 (木)

FrenchRestaurant「Gawa Mishimaガワ・三島」

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村Sdsc_2117「FrenchRestaurant Gawa Mishimaガワ・三島」 初めての訪問です。以前の広小路ビストロ時代は何回かお邪魔しましたがFrenchRestaurant になってからは初めてです。Sdsc_2125こちらに移ってから1年半だそうです。お店は入口エントランスから店内まで高級感があって以前のビストロ時代とは様変わり、とてもいい雰囲気です。外人を含むグループや御婦人達お仲間など平日ですがテーブルは6割が埋まっています。Sdsc_2123今日はアラカルトでお願いしました。食前飲み物、前菜+パン、Fromageミモレット+アオカビなど3種、メインは国産牛ホホ肉の赤ワイン煮、一人で5000弱の支払いでした。Sdsc_2129お料理の撮影は温かいうちに食べて欲しいというシェフのポリシーでここ迄です。テーブルの上に料理の撮影や携帯はご遠慮くださいの旨書かれたカードが置いてあります。料理の美味しそうな画像が撮影できずに残念でした!

場所 三島市北田町1-13  日曜定休

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2016年7月 7日 (木)

「今日は七夕」&ココチホテル「フレンチ(Lapin Agile) ラパンアジル」沼津

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村   今日は七夕です。 Sorihimeto_hikobosi_2天の川を挟んで画像上のやや左に輝くのがこと座ベガ「織姫」さん。下やや右に輝はわし座アルタイル「彦星」さん。天帝の娘で美しい天女「織姫」は働き者で毎日はた織りに精を出し見事な布を紡いでいました。天帝は恋する暇もない「織姫」を思い、牛飼いの青年「牽牛彦星」と結婚させる事にしました。結婚してからの「織姫」は喜びと楽しさのあまり、すっかりはた織りの仕事をしなくなってしまいました。St01_tanabata_2天帝も我慢が出来ず天の川を挟んで二人を引き離してしまいました。心を入れ替え一生懸命はた織りに励む事を条件に、年に一度7月7日の夜に天の川を渡って会うことを許された「織姫」はこの日を楽しみにはた織りに精を出し、「牽牛」も一生懸命働きました・・・・・・・七夕伝説は古く中国から伝わった星にまつわる物語の一つです。

ココチホテル「フレンチ(Lapin Agile) ラパンアジル」 沼津Sdsc_2030沼津駅北口ロータリーに面したココチホテル内にある「フレンチレストラン(Lapin Agile) ラパンアジル」さんに静岡の大先輩と久しぶりに出かけました。富士宮まで来た帰りにわざわざ沼津に寄ってくれ嬉しい限りです。Sdsc_2032ホテル横の駐車場に車を停めて横のエントランスから洒落たホテル内に入りロビーにある階段を上って2Fにあるお店です。先輩は食事を済ませ静岡まで帰るので駅近のこちらに伺いました。Sdsc_2036店内はテーブル席のみグループやカップルの人数に合わせ大小組み合わせ可能なテーブル配置です。入口左手にガラス扉のワインセラーが目立ちます。私は「MenuC¥2600」をオーダー。まず選んだ前菜、「昆布塩と共に軽く炙った鹿児島県産ブリのマリネ」鮮やかな花の色合いが美しい。Sdsc_2041スープは別注でお願いした「ワタリガニと魚介類のスープドビスク」前に来た時美味しくて覚えていたので今回も頼んでしまいました。熱々で蟹味噌や魚介の風味が堪らなく美味しいです。Sdsc_2042魚料理は「帆立貝のムースを詰めた愛知県産真鯛のクレビネット包み焼と法蓮草のクーリ。真鯛の身に包まれた帆立貝のムースが絶妙!Sdsc_2049「牛ステーキのボルドー風赤ワインソースと富士宮野菜プレゼ」お肉料理はどうても赤ワイン煮とかになってしまう。それだけ赤ワイン煮込みのお肉が好きなんです~ 大先輩も相変わらず食欲旺盛、食は元気の源と言って食べていました。Sdsc_2052デザートは「柔らかな杏仁豆腐のエスプーマと静岡イチゴのコンフィ―」想像していた味とは少し違いましたが下にひかれたイチゴとエスプーマがお似合いでした。メニューはそれぞれ選ぶPrixixeコースA・B・C、シェフおまかせDegustationコース¥3800、¥5500、¥7000。アラカルトでの単品注文も可能です。

場所 沼津市高島町1‐12ココチH2F 月曜定休

Please clickクリックお願いします~
にほんブログ村

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「むさしの森珈琲」沼津店
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「チョコラータ」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「末広鮨」静岡市清水区
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ