« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

「地魚料理 やま平」沼津港

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc05884_2沼津港食堂街に有る創業35年余の「地魚料理天麩羅 やま平」さんに久し振りに行って来ました。閉店時間少し前で滑り込みでした。暖簾の前に今日のおススメメニューが~さて何にしようかな~Sdsc05871お店入口を入ると左手がカウンタ-奥に1間座敷席があります。壁に掛ったメニューはいつ来てもたくさんあります。おススメも色々ありましたが「桜エビのかき揚げ定食¥1480」をお願いしました。Sdsc05878_2熱々に揚がった大きなかき揚げが3枚、塩と天つゆ両方が付いてきます。他にシジミのみそ汁にご飯、お新香に小鉢。揚げたてのかき揚げは桜エビもたくさん入っていてカリッといい歯ごたえです。Sdsc05880お店でユニークな看板が下がっていました。お店が営業中に掛けている「営魚中」の表現がなかなか粋に感じます。お客さんで良くお店に来る「落語家 立川文志」さんが自ら書いたものだそうです。さすが立川一門の落語家さん見るだけで笑えて来ます。Sdsc05881奥さんが裏も面白いんですよ~なるほどね!立川文志師匠は沼津五中・沼津商業出身の沼津っ子なんですね。お店には他の作品も飾ってありました。
場所 沼津市千本港町109  水曜定休

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2015年2月20日 (金)

「すみの坊」三島富田店

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc06040三島に出掛けていた帰り”うなぎ”が食べたいなあ~と友人に話すと俺は”海鮮丼”がいいと云うので、さて両方の言い分が聞けるお店どこかないかな~など話していたら丁度「すみの坊」の前、ここならありますね~「うな丼に海鮮丼」早速店の前の駐車場に車を止めて店内に。Sdsc06047「すみの坊」は昭和33年創業といいますから55年は経っているんですね~三島に3軒お店があるようです。友人の頼んだ「海鮮丼¥1700税別」丼物は「イクラ丼¥1600税別」や「中トロづけ丼¥1750税別」「天丼¥1300税別」などがありました。Sdsc06052「うな丼¥3000税別」を頼もうとしてチョットメニューを見たら「稲庭うどん付きセット¥2200税別」があったので急遽そちらをお願いしました。さほど待つ事もなく出きて来ました。思った通りうどんが美味しい。三島の鰻も有名になりお店も大きな鰻屋さんが多くなりました。すみの坊さんのメニューは鰻だけでなく和食全般のお店と云ってもいいくらい豊富です。Sdsc06053テーブルごと間仕切りで仕切られた場所や広間など部屋数は多いい様です。壁には冬の花の椿の絵が飾ってありました。

場所  三島市富田町3-3 火曜定休

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2015年2月17日 (火)

冬の「世界遺産 五箇山」ライトアップ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

Sdsc_0113富山県の山あい日本有数の豪雪地帯という厳しい自然環境の山里「五箇山」は全くの静寂、ツアー客の歩く音と庄川の水の流れる音しか聞こえない山奥。そのわずかな川岸沿いに「世界遺産五箇山」菅沼合掌集落はあります。掌(てのひら)を合わせたような、急勾配の大きな茅葺き屋根が“合掌”の由来。Sdsc_0156現在9戸の合掌造り家屋が残り今年も夕方5:00から幻想的なライトアップが行われました。駐車場には大型バスがぎっしりです。この地の合掌造りは昔加賀藩の庇護を受け屋根裏での養蚕と地下での塩硝(火薬原料)製造が行われていたんです。Sdsc_0130あたりが暗くなるに連れ合掌造りの家の窓や外からのスポットライトが点灯し、いい雰囲気になって来ます。合掌造りの建物は大きく重厚に出来ています。湿気が多く重い雪が降る五箇山付近では、白川郷に比べ雪を落としやすい急な屋根の構造になっています。家の中には必ず“いろり”があるのも特徴。煙に、高い防腐・防虫効果があり、住居に使われている茅や縄が長持ちします。Sdsc_0120野外特設雪上ステージで五箇山地区の古き踊りなどが披露されイベントを盛り上げています。日本最古の民謡といわれる「こきりこ」や「麦屋節」が国の無形文化財に指定されているほか、「五箇山追分節」「といちんさ」「お小夜節」などたくさんの民謡が昔から伝わり今も五箇山に息づいています。Sdsc_0162_2合掌造りが見渡せる高台はカメラマンでいっぱいでした。暗くなるに連れ小雪が降りだし三脚の場所も窮屈なくらい皆さんぶつかりながら撮影していました。自然が作り出す舞台に合掌造りの家が主役となり見事です!この景色は忘れる事が出来ない素晴らしい光景となりました。Sdsc_0184強行軍のツアーでしたが夢中で写真を撮っていたのであっという間の一日でした。弾丸旅行さすがに疲れましたが又どこか行ってみたい気もします。家に着いたのは深夜1時30分バタンキューでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

2015年2月16日 (月)

冬の「世界遺産白川郷」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

世界遺産白川郷は五箇山の菅沼集落・相倉集落の三箇所が1995年に「白川郷と五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されています。前々から行ってみたかった冬の「世界遺産白川郷」へ早朝出発-深夜帰宅、片道6時間30分の日帰り弾丸バスツアーで行って来ました。Sdsc_0072この日はライトアップ最終日になっていて全国からたくさんの観光客が来ていました。私達のツアーは午後2時ごろから1時間半程の自由時間があり白川郷を見学。ライトアップは車で40分程離れた富山県の合掌造り「五箇山のライトアップ」を見る事になっています。短い時間ですが「雪の白川郷」撮り歩きました。Sdsc_0089除雪されたメイン道路は大勢の観光客で溢れています。正面の山の上は展望台になっていて健脚自慢の方が20分かけて登り一番の景色を眺めています。残念ながらとても私には行けませんね~Sdsc_0096この日の白川郷の天候は雪が一時的に多く降ったと思ったらピタッとやんだり、自然が色々な場面を演出してくれ写真撮影も楽しく出来ました。今は高速道路も近くを走り便利になりましたが、こんな豪雪地帯の昔は大変だったでしょうね~Sdsc06013「長瀬家」5階建ての合掌造り家屋で、1階には500年前の作と云われている仏壇などを展示。3・4階には昔からの生活用具が展示されています。屋根の葺き替え、総勢500人のボランティアで葺きあげた様子のビデオを放映しています。Sdsc06018「和田家」国指定重要文化財。萩町合掌集落で代表的な合掌造りです。江戸中期から後期の合掌造り家屋で築400年を経過した今でも住宅としての生活が続けられています。庭や生垣、周囲の田畑、水路を含めよい保存状態が保たれています。Sdsc_0065僅か1時間30分の白川郷でしたが合掌造りの家と真っ白な雪の織りなす絶景を見る事が出来ました。集合時間すれすれにバスに戻り次の富山県「五箇山」のライトアップ会場に向かいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へPlease clickクリックお願いします~
にほんブログ村

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ