« ココアCocoaの話「1ココアが美味しい」 | トップページ | 沼津「昔の映像」 »

2012年2月 9日 (木)

ココアCocoaの話「2ココアの歴史」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

カカオは南米のアマゾン川流域、アンデス山脈山麓東部およびオリノコ川流域が起源といわれている。スペイン人到来のはるか以前にもこれらの地域で栽培されていた。カカオは古代マヤによって中米に伝わりオルメカ、トルテカ帝国、アステカによりメキシコで栽培され、スペイン征服前にはメソアメリカとカリブで共通通貨として用いられた。カカオの木は大きく分けて、クリオロ種、フォラステロ種、そしてこの2種を交配したトリニタリオ種の3タイプがあるそうです。Characteristic_ph002

カカオから出来るチョコレートはスペイン人により16世紀初頭に欧州へ伝わり、当初は病人に与える薬のようにすりつぶして飲用されていた。17世紀初頭にスペイン国王フェリペ3世の娘アナ(アンヌ・ドートリッシュ)がフランス国王ルイ13世に嫁いだことをきっかけとしてフランスにも伝わり、17世紀中期に一般的な飲み物となった。スペイン人はまた、カカオ栽培を西インド諸島およびフィリピンに伝えた。カカオは、スウェーデンの自然科学者カール・フォン・リンネの植物分類学により初めて植物学名が与えられTheobroma(神の食物) cacaoと呼ばれた。00517世紀以前にヨーロッパで飲まれていたカカオはスプーンを立てても倒れないほど濃い飲み物であり、18世紀になると牛乳を加えて飲まれるようになった。しかし、カカオ豆には油脂が多く含まれているために湯や牛乳に溶けにくい難点があり、1828年ごろにオランダのカスパルス・ヴァン・ホーテンが、カカオマスから油脂を分離し粉末化する手法を開発し、「ココア」と名付けて売り出した。

カカオ豆の生産国

コートジボワール 130万トン 37.4%
ガーナ 72万トン 20.7%
インドネシア 44万トン 12.7%
カメルーン 17.5万トン 5.0%
ナイジェリア 16万トン 4.6%
ブラジル 15.5万トン 4.5%
エクアドル 11.8万トン 3.4%
ドミニカ共和国 4.7万トン 1.4%
マレーシア 3万トン 0.9%

17879694_v1254811033 「チョコレート」は発酵、焙煎、粉砕を経た「カカオ」の実から作られる。アメリカ先住民族はカカオの粉末を磨り潰したものを入れた液体にバニラや唐辛子を混ぜて飲んでいた。ヨーロッパの人々はここから唐辛子を外し、砂糖や牛乳を入れて甘味を加えた。その後現在のチョコレートを作る方法が編み出された。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ←クリックお願いします~
にほんブログ村

« ココアCocoaの話「1ココアが美味しい」 | トップページ | 沼津「昔の映像」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ココアCocoaの話「2ココアの歴史」:

« ココアCocoaの話「1ココアが美味しい」 | トップページ | 沼津「昔の映像」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ