« 沼津近郊の「歴史ある神社3」 | トップページ | 沼津「大瀬神社大祭」 »

2009年3月29日 (日)

沼津近郊の「歴史ある神社4」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社4

延喜式神名帳作成後に創建された神社

1旧県社「日枝神社」平町7-24

Photo 明治六年(1873)に郷社となり、大正十五年(1926)十一月二十五日県社に列せられた。平安時代からの神社で山王社とも称され、人々には山王さんとして親しまれてきた。
この地域一帯は平安時代の末頃には大岡庄と称され、関白藤原師通の領地であった。嘉保2年(1095)、源義綱が比叡山延暦寺の僧を殺害するといった事件があり、これに端を発し、師通は僧たちの呪詛により山王の祟りを受け、38歳で死亡した。師通の母は近江国の日吉神社の分祀を請い、これに大岡庄のうち八町八反を寄進して祀っPhoto_2 たといわれる。これが現在の日枝神社で、明治に至るまで近郷近在22か村の総鎮守の神としてあがめられ、9月24日の御輿渡御は10万石の格式による行列で、壮観であったという。祭神は大山おおやまぐいのみことで、相殿は大蔵神、大己貴神おおなむじである。毎年九月二十九日を例祭日としている。この神は治水をつかさどり、また造酒の神としても崇敬されている。神社には国の重要文化財に指定されている「紙本着色山王霊験記」1巻がある。奥書の冒頭の「弘安11年初春」という文字から、鎌倉時代に制作されたものとされ、作者は不明だが日枝神社の縁起を物語っている。また沼津城主大久保忠佐が奉納した助宗の槍や今川氏、北条氏など同社には古文書類が数多く残されている。

2旧郷社「浅間神社」浅間町4

Photo_3 延暦二十年(801)坂上田村麻呂が東征のときに当国に至り富士山に祈願し、凱旋の帰途に狩野川右岸(今の宮町)に奉斎したといわれている。建仁三年(1203)に今の地に遷座したという。祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)である。祭典は九月十五日で、沼津浅間祭といって遠近に有名である。江戸時代には、当社の神職の官位は従五位下であって、沼津城主水野氏も従五位下で同格であったが祭典の日は神職は領主の上についたという。また大名が参勤交代の時皆当社に参拝神主より武運長Photo_4 久・道中安全の神札を授けるのを例としたという。このように武門武将の崇敬厚く、社領の寄進や社殿の造営がしばしばあった。又祭神が木花開耶姫命であるために、古くから夫人の崇敬も厚く、安産の神として信仰された。大正十二年火災にあったが、のちに御料林の払下げを得て同十五年(1926)に復興した。昭和二十年七月に戦災をこうむったが、同二十三年再建された。

上記10神社以外にも沼津市内には約「121」箇所もの神社が存在しています。今後も個別に調査取材は続けていくつもりです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

« 沼津近郊の「歴史ある神社3」 | トップページ | 沼津「大瀬神社大祭」 »

近郊の【神社】めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津近郊の「歴史ある神社4」:

« 沼津近郊の「歴史ある神社3」 | トップページ | 沼津「大瀬神社大祭」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ