« 沼津近郊の「歴史ある神社2」 | トップページ | 沼津近郊の「歴史ある神社4」 »

2009年3月17日 (火)

沼津近郊の「歴史ある神社3」

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津近郊の「歴史ある神社3

4 旧村社「大朝神社」下香貫字山宮前3056

Photo_2 牛臥山北東麓に鎮座する。寛保3年(1743)造営 江戸時代は[山宮][潮留明神」と称していた。古くから山宮と称せられていた。古代はじめてこの付近に上陸して土地を開拓した人たちが、牛臥山の美しい山に神の山としてこれを拝祀したのが当社の起原であつたと思われている。祭祀等が式内の楊原神社と全く共通であり、両社の結びつきが 深い。本来は楊原神社の「奥宮」的なものであったのではないかといわれる。

5 旧村社「玉造神社」黒瀬町6

Photo 狩野川にかかる黒瀬橋(香貫側)のすぐ東にある【玉造神社】今から1000年前に建立され、香貫地区では楊原神社・大朝神社と共に由緒ある神社です。玉造郷は一千年以上の昔 平安朝初期に伊豆と駿河の国境として狩野川の辺り香貫山麓一帯を指し玉造部氏族が住んでいた集落跡と言われています。玉作部は朝廷に貢納する丸玉や服飾用の勾玉管玉等を造る職業的部民で古代において祭祀用には欠くことのできない重要な役割をもった氏族でありました。全国に数少ない玉造郷として諸文献に記載されているとの事です。

6 旧郷社「大瀬神社」西浦江梨大瀬329

Oosezaki21 沼津駅から約28km大瀬崎に鎮座「伊豆国神名帳」に「正四位上瀬の明神」と記された古社で『豆州式社考案』には、式内社・白浪之彌奈阿和命神社として記されており『特選神名牒』などには、式内社・引手力命神社の論社となっている。駿河湾漁民の信仰を一身に集める海の守護神として知られ、船を新造するときは必ず神社に参詣し海上の安全を祈願したといわれる。古くから漁業の様子を描いた絵馬や漁船の模型が数多く奉納され、絵馬は明治から昭和の漁民の暮らしぶりを伝える貴重な資料として静岡県指定文化財となっている。例祭は4月4日に行われ大漁旗や杉、桜の小枝で飾り付けられた漁船が長襦袢を羽織って化粧した青年達が、笛や太鼓のお囃子に合わせ船上で踊る「勇み踊り」は天下の奇祭としてしられる。

7 旧村社「長浜神社」内浦長浜字水揚69

沼津駅から13km内浦長浜に鎮座。旧称を神明社といい官社の位階をしるした神階帳には、正四位上長浜明神とある。神社の鎮座している所を麻ノ坂おのさか、付近の海岸を麻ノ渓おのたにといい、昔は麻が自然に生え、一夜で成長したために、このように称されたと伝えられている。当社は社地が狭いため大正五年(1916)小比叡神社と合併しその地に遷座した。

8 「鮑玉白珠比め命神社あわびたましらたまひめのみことじんじゃ」木負赤崎

西浦木負の赤崎にある。神階帳には従四位上宮玉の明神としるされている。地名の木負は、和名抄にみえる「吉妾郷」に該当すると考えられているが、吉妾は美妻の意味で、この姫神の鎮座から起こったものといっている。社地赤崎の称も明光崎の意味で、此の祭神が容姿艶麗なのによって呼んだものともいわれている。合祀に御嶽神社・境内社に金刀毘羅神社がある。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

« 沼津近郊の「歴史ある神社2」 | トップページ | 沼津近郊の「歴史ある神社4」 »

近郊の【神社】めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津近郊の「歴史ある神社3」:

« 沼津近郊の「歴史ある神社2」 | トップページ | 沼津近郊の「歴史ある神社4」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「むさしの森珈琲」沼津店
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • 「チョコラータ」沼津
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「末広鮨」静岡市清水区
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ