« 沼津「創建の古い寺」平安時代2 | トップページ | 沼津「創建の古い寺」平安時代4 »

2009年2月27日 (金)

沼津「創建の古い寺」平安時代 3

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津「創建の古い寺」平安時代 3 

Photo_6霊山寺 曹洞宗」 上香貫

曹洞宗永平寺派の寺である。昔は真言宗の寺院であったが、延享5年(1748)の火災に遭って寺記をことごとく焼失したため、創建の年代などは不詳である。伝説によれば、昔この辺が伊豆国であった時、天平の詔によって創立されたものといわれている。弘治3年(1557)に宗祖の道元禅師より12世の法孫である機外永宜和尚が、伊豆国北条村の真珠院の住職であった時、当寺に招かれて中興開Photo_7 山となった。このために真珠院を本寺とし、曹洞宗に改宗した。塔頭として、光明院・西光院があったが、後者は廃寺となり、前者は平成13年大岡三明寺に移転した。

境内にある梵鐘には、貞治3年(1364)の銘があり、県下で4番目に古いもので県指定有形文化財に指定されている。墓地には変形宝筺印塔が4基、五輪塔が3基あり、市指定史跡に指定されている。

宝筺印塔は本来「宝筺印陀羅尼経」を納めるものであるが、日本では供養塔また墓塔として作られている。4基あるうちの2基には嘉元2年(1304)、正和3年(1314)の年号が刻まれ、紀年銘を有する石塔としては、県下有数の古いものである。また、五輪塔は空、風、火、水、地の五大を、団、半月、三角、円、方の五輪にあて、順次積み重ねPhoto_8て塔としたもので、もとは舎利(仏骨)奉安のためのものであったが、後に転じて墓標となっている。藤原末期から作られ、鎌倉時代に盛んになった。中央の大きな五輪塔の下からは、青銅製の蔵骨器が出 土しその銘によって、元享3年(1323)に亡くなった成真大徳という僧侶の墓であることが判明した。本県の場合、中世の蔵骨器は陶製のものが主であるので、青銅製のものは珍しい。県指定有形文化財に指定されている。なお、墓地には、内膳堀を造った植田内膳の墓がある。

Dscn0253大泉寺 曹洞宗」 井出774

治承4年(1180)義経が平家討伐の兵を挙げると、この時、全成もこれを支援しました。全成はこの軍功により駿河国阿野庄(古家郷)を領し、「阿野」をもって氏とし、阿野全成と号しました。全成は城郭の一隅に草庵を造り、源氏一族の霊を安置し、「大泉寺」としました。全成は北条勢に抵抗しますが捕らえられて常陸国に流され、後に下野の国にて、建仁3年(1203)50歳にて首をはねられてしまいPhoto_9 ます。全成の首は家臣たちにより当寺に持ち帰りましたが、境内は北条勢の詮索が厳しく、止むなく門前の老松に首を掛け、 これが「首掛け松」の伝説となっています。全成の一子「時元」は、この首を葬り、これを開基としました(画像全成の墓)天正年間、曹洞宗の名僧梁山宗棟大和尚を請し、真言宗より曹洞宗に改宗、天正13年(1544)徳川家康は寺領16石5斗の地を朱印地として下付された。明治5年、「学制」が発布され、わが国の近代教育が始まりました。明治7年、大泉寺を校舎とし、第2大学区、第14番中学区、第50番小学校「公立・弘需館」が開校され、明治22年、現在の地に移されるまで、小学校は17年間、大泉寺にありました。

Img_0141西光寺 時宗」 本字宮町437

天長2年(825)2月、弘法大師開基の真言宗寺院として不動明王を本尊とし、伝徳山福応院と称しておりました。しかし、その後、延喜5年(905)7月のとき、蓮沼池の西より金色の光を放つものがあり、4世住職玄海法師が付近を調べると、阿弥陀如来像が出現したのでした。この事を朝廷に報告すると時の醍醐天皇より勅額を賜り、以来寺号を伝徳山福応院西光寺と改めました。弘安5年(1282)2度Img_0142 目の蒙古襲来の翌年、時宗の宗祖一遍上人は諸国遊行の途中三嶋大社に参拝し、数日後、井田郷(現在の沼津)宮町の浅間神社へ詣で、神社守護の西光寺に逗留されました。時の15世堯在法師は深く一遍上人の念仏に帰依し、遂に名を文阿と改め、西光寺第1世となり、時宗に改宗したのでした。それにともない、本尊不動明王は別所に安置し、先の蓮沼池より出現の阿弥陀如来を本尊とし祀られることになりました。


010長谷寺 時宗」  千本緑町

昔、駿河の海底に光るものあり。人怪しんで近づかなかったが大岡の荘の地頭某というものが漁師に網を入れさせたところ、金垢1寸2分の観音像が引き上げられたので松林中に仮の祠を造って祀った。天長2年(840)伊豆、駿河を御巡錫中の弘法大師がこれを聞かれ、里人に呼びかけて堂宇をを建立して安置された。その折り、土地の豪族牧野長者が信仰篤く、お浜御殿という荘園を寺の境内として019 寄進したのが千本公園になったといいます。弘安5年(1282)時宗の開祖一遍上人が西光寺に逗留された時の住職堯在法師が、上人に帰依して弟子となり時宗に変わったため、無人の堂宇を西光寺に面倒を見て貰ってそれまで大和の国初瀬にあった豊山長谷寺末寺真言宗の寺院から、総本山遊行寺の末寺となって今日に至っています。弘法大師ゆかりの寺院として名高く、駿河両国観音札場第13番札所、駿河一国観音札場31番札所、東海道百地蔵尊第95番札所となっています。寺堂として120版観音大曼陀羅 (明治8年制作)聖徳太子像、薬師寺如来像、開山上人弘法大師尊像があります。有名なのは『観音開帳』の祭りで、4月桜の花が咲くと千本に大きな櫓を組んで大曼陀羅を掲げお詣りする120反曼陀羅は、明治8年菊池金平受広こと一雲斉藤原国秀画伯が画きあげたものです。しかし、破損がひどく、昭和62年、沼津の画家志賀旦山画伯が布130反に画き上げ昭和の大曼陀羅として復元された。巾13メートルの大作。年1度の御開帳が市民に親しまれている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

« 沼津「創建の古い寺」平安時代2 | トップページ | 沼津「創建の古い寺」平安時代4 »

近郊の【寺】めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津「創建の古い寺」平安時代 3:

« 沼津「創建の古い寺」平安時代2 | トップページ | 沼津「創建の古い寺」平安時代4 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ