« Numazu明治時代の別荘「13当時の絵図」 | トップページ | 沼津「井田・戸田」巡り »

2009年2月22日 (日)

沼津「創建の古い寺」平安時代1

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ←クリックどうぞ
にほんブログ村

沼津「創建の古い寺」平安時代1 

沼津市には現在106箇所もの寺(仏教会加盟)があります。この地にこれだけの寺があるのも驚きますが、各寺の歴史を垣間見ると更に歴史の深さや重さを実感します。沼津の古き時代に遡り少し調べてみたくなりました。沼津市誌下巻にそって古き時代に創建された寺を巡ります。

百済より仏教が伝来(552)聖徳太子が摂津四天王寺(587)大和に法隆寺(601)がわが国始めての官寺創立といわれています。その後地方豪族自らの信仰と権威を満足させる為寺院の建立を志すようになります。この地では大岡廃寺(大岡日吉)があります。最初は現存する一番古い時代、平安末期までに創建されたものと推定される寺院に関して調べていきます。

Img_1147_2広大寺 真言宗」 柳沢702

赤野山広大寺は、真言宗古義派に属し、高野山金剛峰寺の末寺である。寺伝によると、開創年代については不詳であるが、阿闍梨胎情(あじゃりたいじょう)が寺を開いたという。天文15年(1546)に13世の法印良宥(ほういんりょうゆう)が中興した。「赤野観音堂」駿河一国三十番札所及び横道十五番札所として知られている。江戸初期の建築様式を示す建物で、市指定有形文化財となっている。木Img_1159 造、茅葺き、寄棟造の平屋建てで、内陣は唐様式の鏡天井で、天井には龍、正面両側の壁面には飛天(天女)の舞う姿が描かれ、外陣・外回り軒裏は化粧天井になっている。左甚五郎が藁人形に手伝わせて一夜のうちに造ったという、わら人形伝説、近くの川原には八畳石と呼ばれる大きな石があり、石の上で白隠禅師が修行したという言い伝えや、ほら貝の伝説も伝えられている。境内にはカヤ・ナギの大木(市指定天然記念物)がある。観音堂は広大寺が管理している。

Img_0126光巌寺 真言宗」 鳥谷497

愛鷹明神を祭祀し、愛鷹山中に伽藍(がらん)を備えていたというものの、根古屋地先に光厳寺沢という地名があることから、松平玄番守の興国寺城築城(ちくじょう)についての引っ越し以後は確実なところと思われる。弘法大師を開宗の祖とする高野山真言宗の末寺として、境内に、四国八十八ヶ所の御砂踏霊場(おすなふみれじょう)を備え、2月節分の「星祭り」4月の正御影供(しょうみえく)として火渡り柴灯護摩(さいとうごま)の祭典が行われ、にぎわいをみせている。

Photo大聖寺 臨済宗」 幸町23-2

創立 文亀年間(約500年前)開祖 鏡山禅師(鎌倉建長寺より)慶長年間(約400年前)中興開山始祖接心禅師(清見寺より) 宝永年間当時、臨済宗中興の祖神機独妙正宗国師白隠慧鶴(しんきどくみょうしょうじゅうこくしはくいんえかく)禅師は大聖寺の徒弟として、当寺第5世息堂和尚のもと、禅の修行の第一歩を踏みだしている。

Photo_2祥雲寺 臨済宗」 今沢307

開山 秀江(しゅうこう)禅師  開基 久松和泉守(ひさまついずみのかみ)永禄元年(1558)正親町(おおぎまち)天皇の御代、久松和泉守が、鎌倉建長寺より秀江禅師を迎え、今沢の地に菩提寺として祥雲寺を建立されました。近隣の信仰を集めておりました慈覚大師作の今沢薬師如来を本尊とする薬師堂を移し以来篤い信仰を集めております。

Photo_3耕雲寺 臨済宗」 下石田1092

開山 太岳(たいがく)和尚  太岳和尚が戦国の武将や村人たちの支援を得て耕雲寺を開いたのは大永年間(1520年頃)のことでした。それまではそこに阿弥陀寺と呼ばれていたお堂がありました。このお堂の由来は奈良時代にさかのぼります。諸国行脚中の行基菩薩さま(薬師寺の高僧)がたまたま大岡にさしかかったとき、里人の困窮をあわれみ、阿弥陀如来をきざんで、「この阿弥陀如来様におPhoto 願いすれば、水難から救われますよ」と言い残して去っていきましす。この阿弥陀仏像を安置したのが阿弥陀仏寺であり、耕雲寺の前身だといわれています。あるとき戦に疲れた武田信玄が、ひとときの休息を求めてお寺にやってきます。このとき信玄を手厚くもてなしたのが開山の太岳和尚でした。この心暖まる接待に感謝した信玄は一夜切りと呼ばれる 竹笛の音色を自ら披露し、お守りとしていた天神像を添えて和尚にお礼として手渡します。

Photo_5大喜寺 真言宗」 東原

(参考沼津市仏教会HP・沼津市誌下巻)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へクリックどうぞ
にほんブログ村

« Numazu明治時代の別荘「13当時の絵図」 | トップページ | 沼津「井田・戸田」巡り »

近郊の【寺】めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津「創建の古い寺」平安時代1:

« Numazu明治時代の別荘「13当時の絵図」 | トップページ | 沼津「井田・戸田」巡り »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ