« 【ぶらり富士市2】国道139号 | トップページ | 【ぶらり近くの東海道】富士市Ⅰ »

2008年8月31日 (日)

【ぶらり富士市3】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

富士市の昔話

曽我物語】1192年征夷(せいい)大将軍となった源頼朝はその翌年、富士の裾野で大規模な巻狩りを行いました。その一行にまじり、父親のあだ討ちを行った兄弟がいました。それが曽我十郎祐成(すけなり)と曽我五郎時致(ときむね)の兄弟です。兄弟のあだ討ちは、兄弟の祖父、伊東祐親(すけちか)と工藤祐経(すけつね)の相続争いが原因でした。不満を抱いた祐経が、家臣に祐親と祐泰(すけやす)親子の暗殺を命じました。祐親暗殺は失敗しましたが、兄弟の父である祐泰は殺されてしまいました。父を殺された悲しみから、幼い兄弟二人は、どんな困難にも耐えていつか必ずあだ討ちをしようと心にかたく決めたのです。数年後、巻狩りという絶好の機会がとうとう訪れました。青年に成長していた兄弟は、巻狩りの騒ぎに紛れ、父のかたき工藤祐経を討ち取ったのです。しかし、長年の思いは果たせても、鎌倉時代にあだ討ちは禁止されていたので、兄弟はそれぞれ処刑されてしまったのでした。しかし、兄弟二人で長年の苦難を乗り越えてのあだ討ち事件は、人々の同情や共感を呼び、文芸演劇の世界にまで広がっていきました。さらに、美男子で大柄だったという十郎と、踊り子でとても美しかったという虎御前の悲しい恋愛もますます人情をあおることになりました。そして多くの人に脚色されながら、「曽我物語」として数々の遺跡とともに今に残っています。曽我八幡宮(厚原)幼い兄弟がいつか親のかたきをとろうと誓い合う像が立っています。曽我寺(久沢)兄弟の菩提寺(ぼだいじ)である曽我寺兄弟が仲よく並んで葬られています。虎御前の腰掛け石(伝法)十郎の恋人・虎御前が兄弟の悲報を聞き、崩れるように腰をおろした石が残っています。

中島の子育て地蔵】昔、富士の中島にカヤ積み揚がありました。昔の家はほとんどカヤぶき屋根だったので、人々は富士山のすそ野からカヤを刈り、一ヵ所に積んでおいたのです。あるとき富士川がはんらんし、カヤ積み楊に八十センチメートルくらいのお地蔵さんが流れ着きました。お地蔵さんは長い年月をかけて流れ着いたらしく、汚れていて、首も取れていました。そんなお地蔵さんを見つけた村人は大変かわいそうに思い、取れていた首の代わりに、丸い石を乗せ、社(やしろ)をつくってお地蔵さんを祭りました。そして、カヤ積み場の周辺をお地蔵さんの地所にして、そこからとれるお米をお地蔵さんへの年貢として、お祭りも行うことにしました。そんなある日、子供ができずに困っている村人がお地蔵さんに「子宝に恵まれますように」とお参りしました。すると、すぐに子供が授かりました。また、子供の体が弱くて困っていた村人が「子供が丈夫になりますように」とお願いすると、間もなく子供はすっかり元気になりました。それからいつの間にかこのお地蔵さんは「子育て地蔵」と呼ばれるようになったのでした。

馬車鉄道】鈴川駅を起点として吉原、伝法、入山瀬を経由して富士宮市大宮町に至る「馬車鉄道」が開通したのは、東海道線鈴川駅が開駅した翌年の明治二十三年でした。
 「馬車鉄道」は道路に敷いた線路の上を馬車で人や荷物を運ぶ、当時の最新式交通機関でした。人なら十人くらいが乗れる箱型の車を馬が引く乗り物で、その馬を手綱で操る人を「別当(べっとう)」と呼びました。そして、ところどころに「すれ合い」という馬車が相互に行き交うために四本の線路を敷いたところがあり、手を挙げて合図をすれば、途中でどこでもとめて乗り降りができる便利な乗り物でした。また、客車だけではなく、郵便物などを運ぶ郵便車もあり、物資の運搬にも利用されていました。その利益は、明治三十八年の半期だけで旅客、貨物を合わせて千七百七十五円という記録が残っています。一区間二銭ほどの当時としては、大変需要があったことがうかがえます。しかし、当時の人々の重要な交通機関であった馬車鉄道も、富士身延鉄道の開通など、文明の進歩とともに大正時代の末に廃止されました。

大渕小僧】昔、大淵新田におばあさんと男の子が暮らしていました。男の子は小さいときに両親と死に別れ、おばあさんに育てられました。物心がつくとお母さんやお父さんが恋しく、ほかの家の子供たちをとてもうらやましく思っていました。そのうえ、近所の子供からは「親なしっ子」といじめられ、だんだん心がすさんでいきました。そして畑を荒し回ったり、子供に石を投げたりして、悪いことをするようになり、「大淵小僧」と呼ばれるようになりました。小僧は人々に嫌われれば嫌われるほど、物を盗んだり、人をだましたりと、さらに悪いことをするようになりました。困った村人はおばあさんに注意するように言いましたが、おばあさんも村人の言うことを聞こうとしません。村人は小僧を捕まえて遠くへ置き去りにしましたが、すぐに戻ってきてますます悪いことをするようになりました。とうとう村人の中に小僧を殺してしまえと言う者が出て、村中が殺気立ち、名主の反対を押し切って小僧を殺してしまいました。それから、小僧を殴った人が次々と急病で死に、村じゅうに原因不明の病気がはやりました。だれからともなく「これは小僧のたたりだ」と言うようになりました。村人は「ひどいことをした」と悔やみ、子供の霊を神として祭りました。すると、村人の病気はたちまち治ったということです。

今宮の火祭り】昔、昔のことです。今宮では毎年のように火事が起きていました。それに加えて相次ぐ干ばつで不作が続き、村人の生活は大変苦しい状態に追い込まれていました。そこで村人たちは、「この災いを払いのけるように何か祭りをしよう」と相談をしました。ところがそれから三日後、またも火事が発生しました。その日は風が強く火は瞬く間に広がり、大火事となってしまいました。村人たちは、すぐに祭りを行おうと話し合い、火を清めるための「火祭り」を行うことに決めました。季節は八月の初めを過ぎていたので、お盆に合わせて祭りをすることにしました。そして、名主が三晩連続の「火祭り」をするように、村じゅうにおふれを出しました。いよいよお盆です。村の中心に火床をつくり、そこから火をもらったたいまつにひもをつけてぐるぐる振り回しながら、村の一軒一軒を回っておはらいをしました。三日目の晩には、村じゅうの人が神社の鳥居の前に集まり、大きなかがり火をたき、名主や組頭が火のついたたいまつを村人の頭の上でぐるぐる回して祭りを終えました。するとその年から、前年まで続いた干ばつもなく豊作になり、不幸な火事もなくなって村は平和になったということです。その後、この「火祭り」は何百年も続いたそうです。

吉原の身代わり地蔵】昔、吉原一丁目付近は寺町と呼ばれていました。その寺町で目Photo の病気がはやったことがありました。町の人々は困り果て、このお地蔵さんに病気を治してほしいとお願いしました。すると、不思議なことに病気はたちまち治り、人々はお地蔵さんのおかげだと喜びました。それからというもの、体の弱い子、はしかにかかった子、おできができた子などがこのお地蔵さんのところへ訪れ、「どうか治してください」とお願いするようになりました。こうして町の中から目の病気がなくなったとき、このお地蔵さんを見るといっぱい目やにがついていました。そのため、このお地蔵さんのことを「身代り地蔵」というようになったということです。また、このお地蔵さんは、昔、駿東郡青野村(現在の沼津市)の光明庵というお寺に祭られていましたが、ある年の大洪水で、元吉原宿付近まで流されてきたのを宿場の人が救い上げ、陽徳寺の本尊にしたそうです。
(以上富士市広報より抜粋)

« 【ぶらり富士市2】国道139号 | トップページ | 【ぶらり近くの東海道】富士市Ⅰ »

【139号富士~富士宮】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり富士市3】:

« 【ぶらり富士市2】国道139号 | トップページ | 【ぶらり近くの東海道】富士市Ⅰ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ