« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田4】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり長泉町1】国道246号編 »

2008年5月16日 (金)

【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田・土肥5】県道17号編

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

旧土肥町」は、静岡県の東部、伊豆半島の駿河湾に面する町であす。2004年4月1日に、周辺3町との合併により「伊豆市」の一部となりました。恋人岬、温泉、海水浴(高校のPhoto時に海浜教室に来た記憶が有ります)、小粒で甘い土肥びわは有名ですね。

安楽寺」曹洞宗

Photo_5安楽寺は、豆国八十八カ所巡りの八十六番礼所になっています。 境内には土肥温泉発祥の湯と言われる「まぶ湯」があります。構内最深部に、夫婦神社があり、子宝に恵まれる様祈願してまぶ湯に入浴すると子宝を 授かると言われます。拝観料:150円

Photo_2清雲寺

北条氏が伊豆を支配していた時代、土肥城主富永山城守はその配下の水軍精鋭部隊となり最も栄えました。清雲寺は、富永氏の菩提寺で、日蓮上人の一代記を描いた極彩色のタタミ一畳大の版画絵が90枚ほど展示されています。その堂宇は大工の神様と言われる酒井多次郎藤原政房の作品です。

Photo_3最福寺」曹洞宗

観世音を本尊とする曹洞宗の古希。 境内には私費で建てた資料館「夢の実現堂」があり、貴重な郷土資料が陳列されています。春には、境内のしだれ桜が大変美しい所です。

Photo_6妙蔵寺

日蓮宗。正式には超八山妙蔵寺と言い十界曼陀羅を本尊とする日蓮宗の古刹で、初めは真言宗の寺であったが富永氏の庇護のもとに僧日円が日蓮宗に改宗、土肥清雲寺の末寺となり、富永政家により重修されたと言われています。

栄源寺」小土肥地区にある栄源寺は土肥の清雲寺の末寺で、文明三年(1471年)後の池上本門寺八世となる常住院日調上人の創建による西伊豆最初の日蓮宗のお寺です。場所小土肥

Photo_4土肥神社

土肥城主富永氏によって鎌倉鶴岡八幡の分霊を勤進したものと伝えられています。土肥の馬場(ばんば)地区にある。土肥にある数々の神社の中心とも言えるもので土肥では歴史の古い神社として土肥の住民から崇められています毎年10月中旬には大祭が行われ、流鏑馬に準じた神事の他、伊豆水軍出陣の太鼓が祖と言われる土肥太鼓奉納、屋台や浜降り(仮装)パレードが行われます。

Photo_7土肥金山

天正年間の発見いらい、土肥の金山は金山奉行大久保石見守長安等により幕府直轄の金鉱として慶長大判小判の地金を産出し発展したが、元禄3年以降金量の減少により衰退しましたが、神戸の実業家長谷川桂五郎により明治39年に再開発に成功し、昭和40年に閉山する迄年間金を40t、銀を40tを産出しました。入場料:大人840円 小人420円

Photo_6丸山城址」場所 土肥町八木沢

後北条氏の重臣で北条水軍として、西伊豆の警備にあたった富永氏の出城で、豊臣水軍の猛攻により落城しました。城跡は、出丸と本郭が道路を挟んで位置しています。遺構としては、出丸の方が保存状態がいいようです。本郭の方は、現在は畑ですが、ここから海を隔てた富士山を望むことができます土肥には他に「高谷城址」があります。

「若山牧水歌碑」牧水にちなんだ歌碑が町内に数箇所あります。

県道17号は土肥が終点です。次は国道246号沼津~御殿場に向かいます。

« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田4】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり長泉町1】国道246号編 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田・土肥5】県道17号編:

« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田4】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり長泉町1】国道246号編 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ