« 【ぶらり伊豆市3】国道136・414沿線 | トップページ | 【ぶらり東伊豆町】 »

2008年5月 8日 (木)

【ぶらり河津町】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

Sakura174河津町】河津桜で有名、伊豆半島の南端に近い東海岸に位置し、東西13.7km、南北14.7kmで総面積100.79kmの町です。東は東伊豆町、北は天城山を境に伊豆市、南は下田市に接し伊豆半島西海岸に位置する松崎町・西伊豆町とは天城の山林を境に南北に接しています。標高800m以上の天城の山々が北東部から北西部に連なる河津町は、総面積の8 3%を山林・原野が占めています。また、町の中央部を北西から南東に流れる河津川のMap流域には平野部が広がり、海に向かって開けた地勢です。特に川の上流には、寄生火山から流出した溶岩が各所に流れ込み、大滝など数多い滝を作り出している他、温泉も豊富に湧き出しており観光資源として活用されています。また、海岸部も今井浜海水浴場や菖蒲沢といった海岸美を誇る自然も豊かで、海と山の織り成す素晴らしい自然景観が河津町の特徴と言えます。川端康成の「伊豆の踊子」の当時の光景をイメージさせてくれる自然や見どころが数多く残されています。現在、踊り子ハイキングコースとなっている天城から湯ヶ野に至る旧街道や、湯ヶ野温泉にある川端康成ゆかりの宿、踊り子たちの入った共同湯など、叙情が薫る街なのです。
河津三郎谷祐泰」日本の三大仇討ち物語の一つ「曽我(そが)物語」のルーツ「曽我兄弟 の父」谷津に館の内(たてのうち)という地名があり、バス停には館跡(やかたあと)と書かれている。この辺りが平安時代の末頃に河津氏の館があった場所といわれている。河津三郎の父伊東祐親が建てたもので、後に源頼朝の妻となった北条政子とその母、曽我物語で有名な河津三郎の子五郎時致と十郎祐成がこの館で生まれています。
曽我物語のルーツはその頃の伊東の領地争いからはじまります。工藤祐経から伊Soga東祐親暗殺の命をうけた大見の小藤太と八幡の三郎は奥野で頼朝一行と狩りを楽しんでいた祐親を赤沢山で待ち伏せします。一番手の大見は機をのがしてしまったが、二番手の八幡の三郎が放った矢は目的の祐親ではなく、側にいた河津三郎に当たってしまいました。三郎はちらりと見えた敵の名を告げ、「妻子をたのむ」と一言残した後その場で息をひきとりました。その後、妻の万却は子供を連れて相模に住む曽我の太郎と再婚。そして十八年後、曽我兄弟は元服し、富士で巻狩中の祐経を夜いんに乗じて襲い、見事に父の敵を討つのでした。

Ishi河津八幡神社河津三郎の力石」谷津の河津八幡神社の境内に、力持ち河津三郎が力だめしに使っていたといわれる手玉石(約60Kgから270Kg)がある。
手玉石とは、「かるく手玉にとる」からきている。河津町出身の彫刻家後藤白童氏の作「河津三郎力石」の像には、名横綱双葉山書の題字が刻Sumou まれている。神社には祭神として三郎と曽我兄弟がまつられ、これにあやかって大祭の日の11月14・15日には子供相撲大会が催される。「河津掛け」は相撲四十八手の一つで一年六場所あるうちに一回使われるかどうかの珍しい技。プロレスでジャイアント馬場の得意技「河津落とし」というのがあるが、これは河津掛けにあやかったものである。そもそも河津掛けは河津三郎が考案者といわれる。

峰大噴湯」峰温泉にある「大噴湯」が期間限定で公開。期間:平成19年9月16日から平成20年度整備工事着工までの日祝日※水・土曜日はメンImg49_map テナンス作業の為、祝日でも公開は行われません。噴湯時間:1日2回 午前9時半と午後3時※各時刻から10分間隔で3回噴湯/1日計6回(1回の噴湯時間は1分程度)
料金:無料。約20年ぶりの公開となります。

« 【ぶらり伊豆市3】国道136・414沿線 | トップページ | 【ぶらり東伊豆町】 »

【135号熱海~伊東~下田】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり河津町】:

« 【ぶらり伊豆市3】国道136・414沿線 | トップページ | 【ぶらり東伊豆町】 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ