« 【ぶらり下田市2】 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田2】県道17号編 »

2008年5月12日 (月)

【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田1】県道17号編Ⅰ

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

ぶらり沼津内浦・西浦・戸田】県道17号沼津土肥線

Map23 主要地方道沼津土肥線は、静岡県沼津市から国道414号を南下、口野を起点に内浦、西浦、戸田を経由し、伊豆市土肥に至る延長47.8kmの道路です。奥駿河湾越しに富士山を仰ぐことができる観光道路として、また、近年は産業・経済を始めとする地域活動の広域化が進展する中で、沼津市と伊豆市を連結する広域幹線道路として、さらに、地域内唯一の生活道路として、その機能がますます重要となっています。
17号付近の樹木・巨木

Photo_22久連神社社叢しゃそう」殆どの木が照葉樹で占められています。目通り1,7mのモッコクや1,1mのウバメガシの巨木、ヤマモモ、タイミンタチバナ、ネジキなど暖地性の植物がおよそ40数種認められています。樹林の保存状態は極めて良好で、植栽されたビャクシンやコウヤマキなどの数種を除くと殆ど人工の影は見られません。この社叢には特別珍しい植物はありませんが暖地における植物相を知る上で、又自然生態を良くとどめている樹林としても貴重なものです。(説明版記載)

O_sugi_3河内の大杉」河内の堂山にある大杉は、大同年間(806年)弘法大師が修善寺奥ノ院開基の際、この地に来て樹下に虚空蔵菩薩を安置したと伝わる。昭和16年(1941)、この付近一帯のスギが伐採されたとき、この木だけがすでに抜きん出た木で、風雪に耐えてきた姿には神聖な気配があり、斧を当てることがはばかられたという。そこで「老杉の記」という記念碑を建立し、その偉容を称えることになった。このため独立木となり、一時樹勢は衰えたが、その後周囲に植林されたヒノキ林の陰が木の根元を強いInari_2陽光から遮り、湿度をよく保つ状態となったため、昭和54年に沼津市指定の天然記念物となった時点と比べて、樹勢はきわめて良好なものとなっている。平成14年3月に「県指定天然記念物」に指定された。

河内の稲荷スギ」小さな稲荷の祠の傍らに立つ、鎮守の森の一本である。樹勢は旺盛で、枝が茂って樹姿もよいが、南側の根本には縦に真ん中まで朽ちて洞になっている。目通り6.55m、枝振りは東西40m、南北14mである。
「大瀬崎」は沼津市街から駿河湾を隔てた向かい側につき出た岬であPhoto_21る。沼津市街から国道414号線を駿河湾沿いに進み、狩野川放水路の三叉路で沼津土肥線に分かれ、さらに駿河湾沿いに進むと大瀬崎に行き着く。                                                      

国指定天然記念物ビャクシン」(ひのき科)灯台に近い所に、現在の最Osezaki_2大木で御神木になっている『夫婦びゃくしん』がある。周囲7m、樹齢千五百年以上だという。確かに2本のビャクシンが一体化したようにも見える。この岬にはビャクシンの他に伊豆七不思議に数えらる『大瀬の神池』がある。突き出た岬に針の糸通しの穴のように池がある。海辺近くで波も越えて来ることもあるところなのに、常に淡水が湧き出て潮の気もなく、鮒や鯉が住んでいるのは不思議なことである。
部田神社」大瀬崎から海沿いに南下して戸田村に入る。部田神社は戸田大川を渡ってすぐ左折し、修善寺へ抜ける道路に入り、1kmほど行った右手にある。部田神社には「クスノキ」の巨木が本殿を囲むように8本生育しているが、最大のクスノキ「こぶ付き大クス」は本殿裏側左手のもので、地上3~4mの所に大きなこぶがある。さらにその下にももう一つこぶがある。

Photo_19御浜岬のイヌマキ」岬の先端部、約15000㎡の地域にイヌマキが群生している。岬の林の高木層は殆どイヌマキであって、その中にクスやケヤキを含んでいる。高木層についでクスが優先しており、低木層はタイミンタチバナ、ヒメユズリハ、イヌビワ、ヤブニッケイ、タブノキ、トベラ、センリョウなどである。草木層は陽光の射入が不充分であるので単純である。フウトPhoto_20 ウカズラ、テイカカズラ、サルマメ、ミズヒキ、スゲの一種、ホンダ等である。イヌマキの古木は数百年以上経つといわれ、根廻り3m以上のものが2本、2mぐらいのものが7本、1mぐらいのものが40本、1m以下のものが162本、合計211本が繁茂している。高木の下には、上記のような植物が自生し、自然の状態で繁殖しているので、そのままの状態で保護したいものである。

土肥町馬場 「安楽寺」県指定天然記念物「 クスノキ」(くすのき科)伊豆西海岸を海沿いに南下すると戸田村の次に道は土肥町に下っていく。土肥町の中央で左折し、国道136号線に入る。左手に役場を通り越してすぐに左に回り込んだ役場の裏手に安楽寺がある。「安楽寺のクス」は安楽寺山門外の水路のほとりにあった。

17号沿いの歌碑

Ose01与謝野鉄幹歌碑」大瀬崎。昭和7年にビャクシン樹林が国の天然記念物に指定されたが、その翌年この地を訪れた与謝野鉄幹が、景観に感動して歌ったものである。(船を捨て異国ののいそにのここちして大樹の栢の陰を踏むかな)

Photo_18若山牧水記念碑」土肥からの帰途、戸田から出港するとき真向かいに大きく聳え立つ富士山を目の当たりに見て詠んだものである。戸田で写真館を営む菅沼清一氏が一人でも多くの人たちに知ってもらおうと独力で歌碑を完成させた。(伊豆の国戸田の港ゆ船出すとはしなく見たれ富士の高嶺を)場所 戸田御浜岬

« 【ぶらり下田市2】 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田2】県道17号編 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田1】県道17号編Ⅰ:

« 【ぶらり下田市2】 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田2】県道17号編 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ