« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田3】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田・土肥5】県道17号編 »

2008年5月15日 (木)

【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田4】県道17号編

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ沼津市戸田②

宝泉寺露人の墓】臨済宗円覚寺派。

Photo県指定文化財(史跡) 「宝泉寺はプチャーチン提督の宿所」となった寺。記録によれば安政元年12月7日から同2年3月22日までの105日間滞在とあります。プチャーチン提督及び皇族アレキサンドル・スリゲート殿下や上官の宿舎にあてられ、本堂及び庫裡を全面的に使用した。プチャーチンは本堂の左側の奥の間を居室に、殿下は本堂 右側の奥の間に滞Photo_2在したという。プチャーチンはここで日露の交渉や造船の指揮を執り下田へも出張した。境内には「ロシア水兵の墓碑」がある。露人の墓は、過去帳から、造船のため滞在していた一行のうち、水兵一名が病死したので墓地に埋葬されたものとわかります。また宝泉寺は境内の「しだれ桜」も有名。見事な枝ぶりと美しさで、春Photo_3の風物詩のひとつ に数えられています。

大行寺日露交渉跡地)】浄土宗。

代船建造のため当地に滞在していたプチャーチンのもとへ幕府は勘定奉Photo_4行・「川路聖謨」を出向かせています。先に締結した和親条約改訂のためでした。川路は、大行寺を応接所に当て改訂交 渉を行いました。その後、大行寺は2度の大火で類焼、当時の記録は現存していません。現在の建物は旧水野領の名主、斉藤本家を移築したもので宝泉寺本堂につぐ村内最古の建造物と推定されます。建坪63坪余、書院造りの面影が窺える。境内の蘇鉄は根回り3,5m旧村指定文化財。

Photo_11本善寺

日蓮宗。安政大地震によるロシア使節一行の代船建造中当寺に滞在した。

Photo_5松城邸

松城家住宅は、戸田港近くに位置する江戸時代から回船業を営んだ邸宅です。敷地内の建物は、主屋・ミセ・文庫蔵・東土蔵・北土蔵で構成され、伊豆石の塀で囲まれています。また、主屋の建物の内外には、漆喰Photo_6鏝絵(しっくいこてえ)で有名な伊豆の名工・入江長八の手がけた装飾が随所に施されています。伝統的な建築技術に洋風のデザインを取 り入れた明治初期の擬洋風住宅として高い価値があり、当時の高度な左官技術を示すものとしても重要であることが評価され、7月に国の重要文化財に指定されました。

Photo_7稲城家の蘇鉄」根回り3,8m高さ5m樹齢500年位である。周囲の古 い石垣は、鎌倉時代の積み方を用いている。旧村指定文化財。

部田神社こぶ付き大楠」境内にある8本のクスのうち2本の幹に数個の大きいこぶが出来ている。樹齢400年といわれる。旧村指定文化財。

Photo_8

魚見の松」明治以前から、村人はこの松に登り海を見て、魚群が港に入ってくるのを見張り漁獲量の増大を図ったといわれている。当時は幹の中間に見張り小屋が作られていた。旧村指定文化財。

« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田3】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田・土肥5】県道17号編 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田4】県道17号編:

« 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田3】県道17号編 | トップページ | 【ぶらり沼津内浦・西浦・戸田・土肥5】県道17号編 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ