« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦10】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 »

2008年4月25日 (金)

【ぶらり香貫(かぬき)・静浦11】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

15【我入道Photo

我入道の地名の由来は、日蓮上人がこの地を過ぎる際「我れ道に入る」といったことからと伝承されています。なんだか不思議な物語がありそうですね。Photo_2

芹沢光治良」はここ我入道で生まれた。網元の次男だったが、5歳の時父母が天理教伝道のために家を捨て、祖父母とともに叔父の家に寄寓、学費援助を他人に仰ぎながら、学業を続けたという。木立ちの中のしゃれた洋館だった。1970年の創立。鉄筋コンクリート2階建ての4隅の小展Img_1223 Photo 示室には、全著作、遺品などが展示されている。芹澤光治良は毎年ここを訪れ文芸講演会を開いたという。孤絶の碑  我入道海岸に芹澤光治良文学碑が二つ建っている。この碑には「ふるさとや 孤絶のわれを いだきあぐ 八十五翁 光治良」と刻まれている。風に鳴る碑正面  「幼かりし日 われ 父母にわかれ 貧しく この浜辺に立ちて 海の音 風の声をききて はるかなる とつくにを想えり 一九六三年 光治良」と彫られている。幼少時の貧窮、青壮年期の病苦を乗り越えて、光治良は96歳の天寿を全うした。

Kanogawa_mao Img_1526我入道の渡し」全国的に姿を消しつつある、渡し舟。庶民の足として身近な交通機関であった渡し舟は、かつて、市内を流れる狩野川でも利用されていました。河口付近で運行されていた我入道の渡し舟は、昭和46年まで続き、港大橋の完成でその役目を終え廃止となりましたが、平成9年4月に復活いたしました。千本浜から志下海岸までの、水辺を歩く文学探訪の道「潮の音プロムナード」。そこに彩りを添える我入道の渡し舟。情緒たっぷりのこの渡し舟に乗ってみませんか。「航 路」 蓼原町地先~我入道東町地先~あゆみ橋「料 金」小学生50円、中学生以上100 円

Photo_3八幡神社」由緒、創立は詳かでない。狩野川の河口に御鎮座しているため、海上安全・大漁満足の御利益を御祈願し、海の守り神として祀られている。我入道の総鎮守・氏神さまとして地域の安泰と発展の為また氏子住民の家内安全・生業繁盛の為に厚い崇敬を集めている。九月一日例祭日 場所 沼津市浜町

« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦10】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦11】:

« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦10】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「双葉寿司」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ