« 【ぶらり近くの東海道】原編Ⅵ | トップページ | 【さるく長崎】 »

2008年4月 5日 (土)

【ぶらり近くの東海道】三島編Ⅰ

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

ぶらり近くの東海道】三島編Ⅰ

三島のスタートは何処からにしようか以前から考えてたんですが初音ヶ原からに決めました。箱根路は別の機会にとっておくことにします。沼津と原を「ぶらり近くの~」はじめてから半月、郷土の歴史に興味も一層深くなってきました。但し頭の中は大混乱なんです。比較的データが多い近くの東海道の事を選んではみたものの、文章を考える前に計画を練ったり、溜まっている写真の整理とかもしなければ~何処を選ぶかは本を読んだり、市の文化財の方に会ったり、ネットで捜したり、知人に聞いたり~このところ午前様で大変です(苦笑い)でもカメラ片手出かけると何故か多くの人が声を掛けてくれます。日常の話やお年よりの方は色々昔の話を聞かせてくれます。小さなデジカメでは声も掛かりませんがチョト大きい一眼レフだとカメラマンの雰囲気が出るのでしょうかね~照れ笑い~こんな楽しみや訪れたところの新発見は結構新鮮な刺激になります。最近はお地蔵さんを10cmくらい近くに寄って見るようになりました。石に刻まれた文字、これだけでも興味深いですね。さあ三島に出かけま~す。

82【初音ヶ原松並木

Photo_8 箱根の松並木も国道の拡張でこの辺りが三島で唯一の松並木ですね。今迄は車で通過するばかりでしたが、じっくり松を眺めて見るのは初めてです。箱根旧街道は徳川家康によって慶長九年(1604)に整備され道の両側に松や杉の並木が植えられたんですね。又街道一里ごとに塚が作られたのもこの時代です。この初音ヶ原付近では現在の国道1号線上り線に旧東海道はあったといいます。松並木の北側には初音ヶ原石畳遊歩道が整備されています。ここからは下りだし松並木と景色や桜を眺め旧東海道を味わえますね。ちなみに初音ヶ原とは頼朝がここを通過した時鶯の初音を聞いた伝説にちなんで名づけられた地名だそうです。国道の近くには遺跡もあったり静岡県街並み50選にも成っているようです。

83【錦田1里塚

Photo_9 松並木を少し下ると国道左右の囲いの中に【錦田1里塚】があります。明治22年に谷田村と川原ヶ谷村が合併し出来たのが錦田村とのことで、北の1里塚は初音ヶ原1里塚とも呼ばれる。左右とも榎が植えられています東海道に4つしかない国指定史跡の1里塚で貴重ですね。4つの1里塚の中で一番早く指定された(大正11年)参考までに他は愛知の太平1里塚、阿野1里塚、三重の野村1里塚、だそうです。ここからは北には雄大な富士山が眺められ、街道を進む方向には三島・沼津・駿河湾が一望できる絶景の場所です。

84【田福寺

Photo_10 時宗 松並木を暫く下ると左に寺の屋根が見えてきます。街道を左折すると左にあります。冠木門(かぶきもん)といわれる二本の柱の上部に冠木を貫き渡し、上に屋根をかけた門である。屋根のないものが多いとの事である。鎌倉時代に武家の館に用いられ、室町時代以降は将軍御所や諸大名の邸の外門に多くみられる。江戸時代の大名表門に良く使われ各宗の寺でも用いたが、今日では時宗総本山遊行寺の門が有名である。この門は時宗Photo で七ヶ寺目のもので昭和59年3月の建設である。

« 【ぶらり近くの東海道】原編Ⅵ | トップページ | 【さるく長崎】 »

【東海道ぶらり歩き】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり近くの東海道】三島編Ⅰ:

« 【ぶらり近くの東海道】原編Ⅵ | トップページ | 【さるく長崎】 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ