« 【ぶらり近くの東海道】三島編Ⅶ | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦2】 »

2008年4月13日 (日)

【ぶらり香貫(かぬき)・静浦1】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

ぶらり香貫(かぬき)・静浦街道】国道414号編Ⅰ

Getmap「ぶらり近くの東海道三島・沼津・原」を終わりました。東海道近辺には種々色々な歴史が有りました、そんな中、自分のお膝元の地区にはどんな歴史が潜んでいるのだろうか気に成り始めて来ています。今回は最も身近な「ぶらり地元香貫・静浦街道編」シリーズで行ってみます。ローカルな地域ですから事前の下調べにはかなり時間がかかりそうです。図書館、資料館、聞き込み、等しながら~ゆっくり~ぼちぼちやっていきます~ スタートは三園橋から~414号に沿って香貫~島郷~志下~獅子浜~江の浦~多比~長岡のコースです。

Photo 1【三園橋】昭和33年竣工の橋、狩野川河口から2,6KM、5番目の橋が三園橋です。 国道414号が通っています沼津インターから伊豆を結ぶ観光道路でも有りこの付近はよく混雑する所でもあります。橋の北側が三枚橋という地名でかつての沼津宿に近いところです。今回のスタートはこちらからです。

Photo_2 2【沼津市役所】三園橋を南下交差点右にあります。沼津市は、首都100km圏に位置する静岡県東部にあって恵まれた自然環境と優位な地理的条件のもとで、東駿河湾地域、伊豆方面への交通拠点あるいは広域的な商業・文化拠点として、古くからこの地域の政治、経済、文化の中心的役割を担ってきました。人口209,961人、世帯数85,643、市制施行1923(大正12)年、特例市移行2000年 (08年2月の沼津市データです)。市役所の414号をはさんだ東側には市民文化センターがあります。

G2_map沼津市の誕生」は大正12年(1923)7月1日、沼津町は楊原村と対等合併し沼津市が誕生した。全国で89番目の市であり、静岡県では静岡・浜松に次ぐ3番目、清水市の市制施行に先立つこと1年であった。人口34,482、世帯数5,596だった。初代市長は、県会議長をつとめた「和田伝太郎(鷹峰)の子、伝太郎」(同名)である。12年9月、第1回の市会議員選挙が行われ、一級議員15名、二級議員15名、合計30名が選ばれた。初代の議長は「森田泰次郎」だった。市役所庁舎は大手町にあった旧沼津町役場を改称して使用した。大正15年(1926)の大火でそれが焼失すると、八幡町の女子尋常高等小学校の構内に仮庁舎を建てて執務、昭和3年(1928)に至り御幸町に新庁舎を建築した。

Photo_3 3【八幡神社】沼津市市場町3-11。市役所を左に見ながら御成橋方向に向かうと右手にあります。狩野川対岸の川廓通り・中央公園からあゆみ橋を渡ってくれば神社に出ます。300年の昔からこの地に鎮座し市場町/御幸町の総鎮守です。社殿は流れ造りで1950年に作られたものです。祭典にはライブなども行われているそうです。

Photo_4 4【ロールケーキ冨久屋】沼津市役所西側の通りにあります。イタリアンロールケーキで有名ですね。生ものなので予約が必要、沼津のお土産に喜ばれる商品です。保冷箱付きで1430円ですよ。

Photo_5 5【霊山寺と内膳掘】市民文化センター南側道路を東に行った突き当りに「内膳掘り/霊山寺」が有ります。香貫一帯の用水は寛永年間(1630年)頃まで香貫山からの水しかなかった。「植田内膳」は農業者を救う為、近くの狩野川からの農業灌漑用水路を拓いた人物です。彼が作った灌漑用水路はその恩恵を受けた人々によって内膳掘りと呼ばれ今も残っています。内膳掘りの横、香貫山の山裾に古刹「霊山寺」があPhoto_8ります(植田内膳の墓があります)昔は真言宗の寺院でしたが、延享5年(1748)の火災で 寺記をことごとく焼失したため、創建の年代などは不詳。伝説によれば、昔この辺が伊豆国であった時、天平の詔によって創立されたものという。曹洞宗に改宗したのは弘治3年(1557)、伊豆国北条村の真珠院の住職機外永宜和尚によるとの事です。境内には県下で4番目に古い(有形文化財)梵鐘が有る。墓地には変形宝筺印塔が4基、五輪塔が3基あり、市指定史跡に 指定されている。宝筺印塔は本来「宝筺印陀羅尼経」を納めるものであるが、日本では供養塔また墓塔として作られている。4基あるうちの2基には嘉元2年(1304)、 正和3年(1314)の年号が刻まれ、紀年銘Photo_6を有する石塔としては、県下有数の古いものである。また、五輪塔は空、風、火、水、地の五大を、団、半月、三角、円、方の五輪にあて、順次積み重ねて 塔としたもので、もとは舎利(仏骨)奉安のためのものであったが、後に転じて墓標となっている。藤原末期から作られ、鎌倉時代に盛んになった。中央の大きな五輪塔の下からは、青銅製の蔵骨器が出土しその銘によって、元享3年Photo_7(1323)に亡くなった成真大徳という僧侶の墓であることが判明した。静岡県の場合、中世の蔵骨器は陶製のものが主であるので、青銅製のものは 珍しい。県指定有形文化財に指定されています。

霊園に隣接する香貫山は「沼津アルプス」の北のスタート地点です。中腹の香稜台には若山牧水碑、慰霊五重の塔、植田内膳の碑等があります。沼津アルプスは、横山⇔徳倉山(通称象山)⇔鷲頭山⇔多比峠⇔大平山、と414号と並行する絶景の登山コースです。

Photo

「沼津アルプス」

« 【ぶらり近くの東海道】三島編Ⅶ | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦2】 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦1】:

« 【ぶらり近くの東海道】三島編Ⅶ | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦2】 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「昼の司寿司」沼津
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ