« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦13】 »

2008年4月27日 (日)

【ぶらり香貫(かぬき)・静浦13‐0】

にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

19【旧414号沼津土肥線のトンネル

今から40年ほど前の大学生だった時の夏休み、母親の実家の牛乳やのアルバイトを毎年やっていた。静浦の学習院遊泳場に牛乳を配達し、獅子浜と三津の販売店に毎日トラックを運転して牛乳を数十ケ ース届けていた。当時は木の箱に牛乳瓶が50本くらい入って1ケースだった。出発前に氷を箱と牛乳瓶の間にびっしり詰め込みクーラーも無い車で真夏の静浦街道を運転していた。当時の道路は今に比べたら半分くらいの道幅渋滞渋滞で三津に着く頃は氷も殆ど解けていた。海水浴シーズンは半日掛りの行程だった。特に混んだのがトンネルの付近何せ片方が通ればもう一方は手前で止まっていなければならないし、トンネルが数多くあったので走らない時間が殆ど、汗びっしょり、強烈な記憶が残っていたので、今回昔のトンネルはどうしなったか気になり旧道探索してみた訳です。

Photo_5

トンネルとして残っている沼津から最初にある「江の浦隧道」このトンネルの向こう側正面は静浦ドックでした。トンネルを抜けると急な左カーブだった記憶です。現在414号はトンネル左に有ります。見事に山を削ったものですね。

Photo_6 トンネルの名前は残念ながらわかりません。40年前このトンネルは対向車がチョット大きいと中では車すれ違いが出来ず~のトンネルでした。中を走ってみましたが狭い、路面は使っていないせいかボコボコでした。この道路は当時は「沼津土肥線」といっていたと思います。

Photo_7

3番目のトンネル「旧多比隧道」は石造りのいかにも古い顔を残し、当時の雰囲気そのままの感じです。近くの方がトンネルを歩いておられましたが今も生活道路の一部になっているのでしょう。道路路面もトンネル内部も綺麗に維持されているようです。この先414号に出た次のトンネルが現在の多比隧道です。旧多比第2隧道は歩行者用になっていてトンネル東   出口で一緒になっています。

Photo_8 昭和35年の竣工と結構古い隧道である。口野トンネルの県道が一般国道414号へと昇格したのは、昭和56年のことである。このトンネルを出ると二又になっていて「三津」に行くには右方向に進みます。左に行くと江戸時 代の絵図にも描かれている「長塚の切り通し」を通り伊豆長岡・韮山に続いています。この切り通しは三島・田方の年貢米を大八車で口野(塩久津)Photo_9まで運び船で運んだ重要な街道だったようです。

414号ではありませんが三津まで向かう街道には古いトンネルがいくつか有りますので載せておきます。

Photo_10 Photo_11重寺隧道」大正初期の隧道といわれている。

「三津坂隧道」竣工は天城トンネルより8年早く明治29年という。近くのNPOの方々が保存活動に取り組んでおられるようですね。

« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦13】 »

【414号沼津~西浦・戸田・伊豆の国】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦13‐0】:

« 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦12】 | トップページ | 【ぶらり香貫(かぬき)・静浦13】 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者カウンター

「美味い店」

  • 「ロールケーキ#バトン」沼津
    沼津近郊には美味しい店がいっぱいあります

「美味イタリアン」

  • S20190406_152648
    沼津近郊ピッザやパスタが美味しいイタリアンの店

「美味い寿司店」

  • 「海鮮丼専門店 伊助」沼津港
    沼津に来たら美味いお寿司をどうぞ

最近のトラックバック

フォト

静岡プログ村

ウェブページ

無料ブログはココログ